話題

話題

太陽の本当の色についてほとんどの人が知らない事実

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、What Color Is The Sun? A Simple Explanation
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

460 views

読了時間 : 約2分36秒

・太陽は、黄色やオレンジ色に見えますが、実際は鮮やかな白色です。

 

・太陽は、地球の大気の影響で黄色に見え、日の出と日没の際に色が変わります。

 

・太陽の色に影響を与える大気がないため、宇宙から本当の太陽の色を見ることができます。

 

 

太陽は、太陽系の中心に位置するほぼ完ぺきな高温プラズマ球であり、太陽系質量の99.8%以上を占めるG型主系列星です。地球上の生命の主要なエネルギー源ですが、ほとんどの人は太陽の基本的な特性を知りません。

 

太陽は何色ですか?

 

たくさんの人に太陽の色を訪ねると、当たり前のように「黄色」であると答えるでしょう。

 

しかし、それは本当にでしょうか。あなたは太陽が赤でもオレンジでも黄色でもないことを知ったら驚くでしょう。実際、太陽はすべての色が融合して白く見えます。

 

レインボーライト(色とりどりの円弧の形)は太陽から発され7色に分かれます。すべての色に固有の波長があり、 青は最も短く、赤は最も長い波長を持っています。

 

 

太陽が黄色やオレンジに見えるのはなぜ

私たちには日の出直後と日没前の太陽は、黄色やオレンジに見えます。これは地球の大気により引き起こされます。

 

太陽は広範囲に光を放出します。大気の上部を通る太陽光は、ほぼ50%が赤外光、40%が可視光、10%が紫外光で構成されています。大気は、最短波長で紫外線の70%以上を除去します。

 

スペクトルの下(黄色、オレンジ、赤)の光子は散乱されにくく、スペクトルの上(紫、藍、青)は散乱されやすくなります。また、太陽はスペクトルの緑で他よりも多くの光子を放出することが観察されています。

 

正午に、より短い波(青色光)が上層大気の空気分子に当たり、何度も散乱します。この散乱効果は、空を青く見せているものでもあります。

 

 

日の出と日没では、太陽は地平線に近づきます。つまり、より多くの光が大気の分子を通過します。大気が増えると、青い光子がさらに散乱し、低エネルギーの黄色、赤、オレンジの光だけが残ります。

 

空気中にほこりや煙があると、散乱効果が高まり、太陽により赤みがかかります。

 

 

実際、太陽は何色

月や国際宇宙ステーション(ISS)から太陽を見ると、太陽の本当の色が見えます。宇宙空間には大気がないので、何も光に作用しません。したがって、宇宙から太陽は鮮やかな白色に見え、CIE色空間インデックスは(0.3、0.3)です。

 

 

色は星の温度もあらわします。たとえば、太陽の表面温度は約5,505°C、平均輝度は1平方メートルあたり約1.88ギガカンデラです。

 

冷たい星は他の星よりも赤く見えます。夜空で最も明るい星の1つであるベテルギウスは、膨張して冷却され、赤い巨星になりました。その温度範囲は3,000°Cから3,400°Cです。

 

熱い星は青く見えます。たとえば、リグルは肉眼では青白の単一の星のように見え、11,000°Cを超えることがあります。

 

 

太陽の画像イメージと実際の太陽の色が違う理由

太陽が実際に白色であり、目に見える出力ピークが緑になっている場合、なぜ太陽画像は青、緑、オレンジ、赤でしょうか。

 

実際、人間の目には電磁スペクトルの小さなセグメントしか検出できません。このセグメントは可視光と呼ばれます。紫外線と可視光線は、それぞれ可視光線よりも短い波長と長い波長を持っています。

 

 

太陽や太陽圏天文台などの天文機器は、太陽のデータを紫外線と赤外線でキャプチャします。そのようなデータから得られた画像は、私たちがそれを見ることができるように着色されています。

 

したがって、科学者は独特の色(ネオングリーンや明るい赤など)を使用して、見えない太陽の光を表します。

 

人々が望むような写真を作成するため、ときどき科学者は可視白色光で撮影された実際の太陽の画像に色を付けています。

 

 

太陽の色は、文化によって違う場合が多いです。たとえば、アメリカの幼稚園児は、太陽を黄色にすることがよくあり、日本の幼稚園児はオレンジ色にします。

 

このような違いがあるにもかかわらず、実際、太陽は明るい白色です。

おすすめ新着記事

おすすめタグ