話題

話題

PR

いつかは日本でも普通に利用できるのか?「WiFi Calling」について知っておこう

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、What Is WiFi Calling? How Does It Work?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

892 views

読了時間 : 約5分8秒

WiFi Calling【WiFi通話】は、既存の電話番号を利用してWiFiネットワーク上で発着信ができるサービスです。使い方はとても簡単で、別途アプリケーションやログインは必要ありません。

 

スマートフォンでWiFi通話を行うことは、珍しいことではありません。Skypeは何年も前からこの方法をとっています。しかし、通信事業者の技術もWiFi Callingも、ここ数年で飛躍的に進化しているのです。

 

Republic Wireless【アメリカのモバイル仮想ネットワーク通信事業者】やGoogle Fiのような一部の電話ネットワークは、安定したクリアな音声/ビデオ通話を提供するためにWiFi Callingを優先しています。また、VerizonやT-Mobile AT&Tなどのアメリカの大手通信事業者も、従来の携帯電話技術とともに動作するWiFi Callingを採用しています。

 

WiFi Callingとは一体何なのか、どのように機能するのか、そしてこのサービスの利点は何なのか、さらに掘り下げて考えてみましょう。

 

WiFi Calling

WiFi自体は、WiFi AllianceとIEEEによって確立された規格群に基づく一連の無線ネットワーク技術です。IEEE 802プロトコルの複数のコンポーネントを使用し、イーサネットとシームレスに動作するように設計されています。

 

WiFiのスペクトル効率と速度の両方は、時間の経過とともに大幅に改善されています。適切なハードウェア上で動作する現在のWiFiのバージョンは、1Gbit/s以上の速度を達成することができます。

 

標準的な無線ルーターは、設置場所から約45mの範囲に提供されます(物理的な障害物や他の機器からの無線干渉に依存します)。スマートフォンやノートパソコンなどの機器をインターネットに接続します。

 

WiFi Callingサービスは、このワイヤレスインターネット接続を利用して、音声通話やビデオ通話を開始します。つまり、携帯電話から誰かに電話をかけるとき、VerizonやAT&Tといった従来の通信事業者を経由することはありません。

 

WiFi Callingの仕組みは?

すべてのWiFi通話は、VoIP(Voice over Internet Protocolの略【インターネット回線を利用して音声データを送受信する技術のこと】)システムを通じて行われます。VoIPは、音声をデジタル信号に変換して、インターネット上で送信します。通常の電話番号で電話をかけると、この信号は宛先に届く前に通常の電話信号に変換されます。

 

VoIPサービスでは、ノートパソコン、専用アダプターを接続した従来の電話機、VoIP電話機から直接電話をかけることができます。

 

VoIP電話サービスと通常の電話サービスとの違い

通常の電話サービスは、公衆交換電話網(PSTN)を介して、個々の機器をループ状に接続することで動作します。各機器には固有のIDが付与されており、このIDによって電話を接続する「交換機センター」に識別されます。これらの接続は、ダイヤルされた電話番号に従ってセンターによって確立されます。

 

一方、VoIPは、アナログではなくデジタル信号を使ってインターネット上で通話を行うものです。このサービスを利用するには、IP電話(通話を開始・受信する電話機)とクラウド電話システム事業者が必要です。また、スマートフォンやパソコンにVoIPアプリをインストールするだけでも利用できます。

 

IP電話は音声をデジタル化し、データパケットに分割して、VoIPプロバイダーのサーバーに送信します。そして、そのデータは電話信号に変換され、従来の電話サービスネットワークに送信されます。

 

画像出典:Nextiva

 

Facebook MessengerやWhatsAppなど、人気のあるチャットアプリはすべてVoIP技術を使用しているため、これらのアプリで通話をするためにSIMカードや携帯電話接続は必要ありません。

 

実際、最新のiOSやAndroid端末には、VoIP通話のためのユニバーサル規格(API)が搭載されており、ユーザーエクスペリエンスとバッテリーの寿命を向上させています。さらに、カフェや公園、空港などのエリアにあるワイヤレスの「ホットスポット」を利用すれば、ワイヤレスでインターネットに接続し、VoIPサービスを利用することができます。

 

それはSkypeの仕組みと同じでは?

そうです、まさにSkypeで通話する方法です。しかし、キャリアブランドのWiFi callingは全く異なり、スマートフォンのダイヤラーに直接組み込まれているため、ユーザーはSkypeのようなサードパーティのサービスを利用する必要がありません。

 

WiFi callingは内蔵されているため、Skypeのように連絡先をサービスに追加する必要がありません。また、この機能をデフォルトの通話方法として設定することも可能です。携帯電話の接続が悪い場合は、WiFi callingに自動的に切り替わります。

 

要するに、WiFi callingでは、サードパーティのアプリをダウンロードする手間が省けるのです。

 

WiFi Callingのメリット

追加料金なし

WiFi Callingは通常、追加料金なしで既存の月額音声プランに含まれています。すべての通話(411【アメリカの電話番号案内】およびその他のプレミアム通話を除く)は、利用者の所在地に関係なく、アメリカの番号への通話は無料です。ただし、国際電話番号の場合は国際料金が適用されます。

 

LTEデータの節約

WiFi Callingでの通話はLTEデータ【スマートフォンや携帯電話用の無線を利用した通信規格のひとつ。通信容量に制限がある】を消費しません。また、LTE接続がなくても、WiFiでビデオ通話を開始することができます。

 

屋内を広くカバーする

この機能により、ネットワークの受信可能範囲が広がり、WiFiでクリアな音声やビデオ通話が可能になります。携帯電話の中継塔の近くにいる必要はなく、インターネット接続さえあれば利用できます。通話が途切れるなど電波状況が悪いときや、携帯電話サービスが一時的に利用できないときにも、接続をサポートします。

 

バッテリー寿命が延びる

WiFi Callingでは、端末のバッテリー寿命が延びる可能性があります。通常、スマートフォンは接続する携帯電話ネットワークを探し続け、ごくわずかなバッテリーを消費します。しかし、WiFi Callingを使用すると、特定のネットワークに参加するだけで、ペアリングを解除するまで接続されたままになります。

 

よくある質問

WiFi Callingに対応している端末と通信事業者は?

現在、ほぼすべてのiOSとAndroidの携帯電話がWiFi Callingをサポートしています。AT&T、Verizon、Sprint、T-Mobileなど、多くのサービスプロバイダがWiFi Callingを可能にしています。

 

WiFi Callingのデータ消費量はどの程度?

ビデオ通話は1分間に約6~8MB、音声通話は1分間に約1MBのデータ使用量となります。ただし、実際のデータ使用量は、ビデオや音声の品質によって異なる場合があります。

 

WiFiで通話が行われているかどうかを知るには?

Android端末で電話をかけると、ステータスバーのWiFiアイコンの横に「WiFi call」のマークが表示されます。iPhoneでは、ステータスバーのWiFiアイコンの横に「AT&T WiFi」などの通信事業者名が表示されます。

 

緊急電話をかけることはできる?

WiFi Callingで911コール【アメリカの警察への緊急電話】をかけることができますが、携帯電話サービスがオフの場合や機内モードが有効な場合でも、常に地域の携帯電話サービスを優先的に使用します。携帯電話ネットワークが利用できない場合は、WiFi callingのセットアップ時に登録されたアドレスを使用して通話が行われます。

 

ほとんどの自治体では、E-911(拡張911【緊急通報用電話番号である911にダイヤルしたときに、発信者の位置を自動的に通知する、緊急通報位置通知システム】)サービスが有効になっています。このサービスは、GPSなどの追跡技術を利用して発信者の位置を特定します。電話をかけることができない場合は、SMSで地元の911オペレータに送信することもできます。

 

安全性は?

WiFiアクセスポイントがパスワードで保護されていなくても、WiFi経由で行われるすべての通話は完全に安全です。電話をかけると、契約している携帯電話会社が音声を暗号化し、セキュリティのレイヤーを追加します。

 

概して、WiFi callingは、安定したクリアな通話を行う/受信するための素晴らしい機能です。一度使ったら、もう後戻りはできません。

おすすめ新着記事

おすすめタグ