話題

話題

テレビを発明したのは誰?テレビの進化と歴史について 生活に根付いたエンターテイメントのパイオニアに迫る

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Who Invented The Television? The Complete Truth
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

947 views

読了時間 : 約4分38秒

・テレビを発明した人物を、1人に特定することはできません。

 

 

TVのパイオニアはたくさんいます。しかし、20世紀初めに、 John Logie BairdCharles Francis JenkinsPhilo Taylor FarnsworthVladimir Zworykinが大きく貢献しています。

 

 

いくつもの発明が、人々の暮らしを変えてきました。革命的な発明のうちのひとつは、エンターテイメント、ニュース、広告などのマスメディアであるテレビです。

 

 

1940年より前のアメリカでは、テレビのある家庭は1000世帯程でした。しかし1990年の終わりには、98%の家庭が、少なくとも1台テレビを持っていました。

 

 

今日のアメリカでは、大人が1日平均5時間以上テレビを見ています。他の高消費の方法のように、テレビを見ることによって、逃避や喜び、陶酔をすぐ感じることができます。

 

 

しかし、誰がいつテレビを発明したのでしょう?それを判明させるのに、一筋縄ではいきません。なぜなら、20世紀のはじめに「テレビジョン」または「長距離サイト」テクノロジーの異なるパーツを、数人で開発していたのです。

 

 

しかし、初めてのテレビが開発される前に、動画を送信するというコンセプトは存在しています。世界中の個人や企業が、これまでのものに代わるデバイスを世に出すために、競争していました。

 

 

メカニカルテレビジョン

 

 

早期の実験的なテレビシステム(1920年頭と1930年)は、回転ミラーや穴のある回転ディスクのような、メカニカルスキャニングデバイスに依存していました。

 

 

スコットランドのエンジニアJohn Logie Baird1925年に、初めての実験的なメカニカルテレビジョンを実証しました。彼は1928年に、Bairdテレビジョン開発会社を作り、大西洋横断テレビ伝送を初めて設立しました。(ニューヨークとロンドン間)

 

 

ニューヨークでJohn Logie Bairdが、メカニカルテレビジョンシステムを実証しています。 | 1931 | Wikimedia

 

 

Bairdによる、家庭エンターテイメントのためのブロードキャストテレビジョンの実用的な導入と、早期のテクノロジカルな成功は、テレビジョンヒストリーにおいて彼を重要な位置にづけました。2015年には、彼はスコットランドエンジニアリング栄誉殿堂のリストに追加されました。

 

 

スキャンテレビジョンのメカニカル発明において、重要な役割を持っている発明家はCharles Francis Jenkinsです。彼は、早期シネマのアメリカンパイオニアです。

 

 

Charles Francis Jenkins

 

 

アメリカでの初めての商業TVライセンスは、 Charles Jenkinsの研究室に与えられました。Jenkinsは、テレビジョンや動画に関連する彼の研究に対し、400以上の特許を取っています。

 

 

しかし、メカニカルテレビジョンが高いクオリティの画像を生産できなかった1930年の終わり頃から、エレクトロニックスキャンテクノロジーに置き換えました。

 

 

エレクトロニックテレビジョン

 

 

Philo Taylor Farnsworth10代だった頃から、イメージングエレクトロニックテクノロジーは、他のメカニカル計器よりも細かく、そして、高速に画像をスキャンできると確認しました。そして彼が21歳の頃、完全に機能するオールエレクトロニックテレビジョンシステムを発明しました。

 

 

Philo Taylor Farnsworthと、彼が開発したテレビジョンレシーバーです。

 

 

1927年の97日、彼はサンフランシスコで、初めてのエレクトロニックテレビジョンの実証に成功しました。装置は、エレクトロンビームで画像作り、表示するためにスキャンしました。Farnsworthが送信した初めてのイメージは、まっすぐでシンプルなライン上にあります。これが、現代のテレビジョンの、直接的な祖先です。

 

 

1929年にはモータージェネレーターを排除することによって、更に装置を改善しました。そのため、現在TVには、メカニカルパーツはありません。また彼は、同年にこのテレビジョンで、生きた人間である彼の妻の3.5インチ画像を送信することに、初めて成功しました。

 

 

その間、ロシアのエンジニアである Vladimir Zworykinが、いくつかのテレビジョンシステムのモデル特許を提出しました。彼はブラウン管を使用することによって、テレビジョンの送信と受信システムを構築したのです。

 

 

Vladimir Zworykinが、エレクトロニックテレビジョンを実証しています。 | Wikimedia

 

 

1930年はじめに、アメリカのラジオコーポレーション(RCA)と仕事をしている間、Zworykinは、テレビジョンの開発を加速させる、いくつかのコンポーネントを発明しました。

 

 

電荷蓄積型チューブと、アイコンスコープと呼ばれる新しいカメラチューブを含む、彼の注目すべき発明は、以前のメカニカルテレビジョンよりも強いシグナルを作りました。

 

 

カラーテレビジョン

 

 

カラー画像を生産するアイディア(3つのモノクローム画像を使用)は、1880年はじめにテストされました。1928年には、John Logie Bairdが世界で初めてのカラーテレビジョンシステムを実証しました。

 

 

彼は、開口部の3つのスパイラルの送信側と受信側両方に、スキャニングディスクを使用しました。それぞれのスパイラルには、異なる原色のフィルターがあります。受信側には、3つの光源と、交互に照明するための整流子(回転式電気スイッチ)もありました。

 

 

193924日にBairdは、彼のクリスタルパレススタジオから、ロンドンのDominion劇場のプロジェクションスクリーンへ、世界で初めてとなるカラー画像を放送しました。

 

 

また、Bairdは「テレクローム」という名前の、完全電子シングルチューブテレビジョンに取り組み始めていました。1944年には同じシステムで、モノクロームシグナルを使った3Dイメージを扱いました。しかし、1946年の彼の突然の死で、このプロジェクト開発は終わりを迎えたのです。

 

 

Bairdにとって初めての完全電子カラーテレビで、生きた人間の画像を映しています。 | Wikimedia

 

 

1904年から1950年を通して、多くのエンジニアと会社が似たコンセプトに取り組んでいました。彼らのメカニズムは、方法が異なっています。彼らは3つの銃に生成された色を、再配置しました。

 

 

1950年と1960年にカラーテレビジョンは、光の条件と画像クオリティによって大きく改善されました。1970年のヨーロッパでは、PALフォーマットによって、カラー放送が標準化されました。

 

 

デジタルとスマートTVの時代

 

 

1990年のはじめにデジタルテレビジョンが開発され、1990年終わりには、デジタル放送が一般的になりました。デジタルテレビジョンは、アナログシグナルを使用してビデオと音声を送信する、今までのデバイスとは異なっています。デジタル処理された乗算信号によって送信された、ビデオと音声に依存しています。

 

 

デジタルテレビジョンのルーツは、高性能の可能性と、高価ではないコンピューターに関係しています。今日デジタルテレビジョンは、高解像で、アナログTVと比べて広いスクリーンで映像を送信しています。

 

2010年のはじめに、これらのデバイスが大量に受け入れられたことで、大手メーカーは、インターネットとインタラクティブなWeb 2.0機能が統合された、スマートTVを生産するようになりました。

 

スマートTVは、ここ数年で更に人気になるでしょう。なぜなら、2018年に世界中で販売されたテレビジョンのうち、70%はスマートTVだからです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ