話題

話題

PR

現代世界で最も先進的なハイテク都市15選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、15 Most Advanced High Tech Cities in the Modern World
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

1,489 views

読了時間 : 約5分45秒

「ハイテク都市」と聞くと、何が一番に頭に浮かびますか?最先端の技術、あるいは超高速で何かをダウンロードするといった一般的なものを想像しますか?その通りです。数行で説明するのが難しく、本当に広い概念です。何よりも、

 

すべての新しいデジタル的トレンドにアクセスできる場所に住みたいと思っていることは間違いありませんが、すべての場所が同じレベルのテクノロジーを共有しているわけではありません。それらのすべてではないにしても、少なくともいくつかを順番に並べることはほとんど不可能ですが、以下にガジェット愛好家が住みたいと思う世界中のハイテク都市を厳選しました。

 

15.バンガロール(インド)

バンガロールは、インドの「シリコンバレー」としても知られています。市内には多くの成功した国内外のIT企業が存在しています。2006~2007年の地区純収入は78億ドルを超え、インドの主要な経済・技術の中心地の1つです。

 

インドのIT輸出の総収入の33%以上が、この都市によって生み出されています。市内のほとんどは無料のWi-Fiネットワークでカバーされており、交通面では、ケンペゴウダ国際空港はデリーとムンバイに次ぐ3番目に大きな交通量を提供しています。この都市は、いくつかの社会問題があり技術とインフラの面でトップ都市のリストにまだ遅れをとっています。

 

14.ドバイ(アラブ首長国連邦)

ドバイは、中東のグローバルかつ主要なビジネスハブとして台頭してきました。DIC(ドバイ・インターネット・シティ)は、政府がFEZとして開発した情報技術パークであり、地域市場の急速な発展を目指す企業の戦略的拠点です。

 

DICにより、企業は主要な課税やカスタム関連の問題から解放されます。TECOM(ドバイテクノロジー、電子商取引、メディア・フリーゾーン・オーソリティ)の一部として、ドバイ・メディア・シティと合併したドバイ・インターネット・シティは、ヒューレットパッカード、EMCコーポレーション、オラクルコーポレーション、MBC、CNN、BBC、ロイターなどのメディア組織の本拠地です。

 

13.ベルリン(ドイツ)

ベルリンは、主要な近代産業における指導的役割により、主要な世界の首都として知られています。その経済は、研究施設、メディア企業などを含むハイテク企業とサービス部門に大きく依存しています。アドラースホーフ・ベルリンは、ドイツで最大かつ最高のテクノロジー拠点です。1000以上の企業があり、2013年の総売上高は6億7,900万ユーロで、テクノロジー愛好家にとって理想的な場所であることがわかりました。

 

12.ストックホルム(スウェーデン)

ストックホルムは最近、ヨーロッパ大陸で最も急速に成長しているテクノロジーハブの1つにランクしてます。ストックホルム市には、トンネル鉄道を意味するストックホルムのトンネルバナ駅や世界クラスの空港など、広範な公共交通機関があります。2004年、ストックホルムは約120万キロメートルの範囲で最長の光ファイバーネットワークを利用できるようになりました。2006年、この都市は欧州イノベーション・スコアボードによってヨーロッパで最も革新的な都市としてランク付けされました。

 

11.シアトル(アメリカ)

1980年代、シアトルは主要なテクノロジーセンターとして発展しました。市の経済は、アマゾンやスターバックスなど、そこに本社を置く多くの世界クラスの企業によって推進されています。2010年、シアトルの大都市圏の総生産額は2,310億ドルに達し、米国で11番目に大きな大都市圏経済になりました。

 

シアトル・タコマ国際空港は、より良い貿易機会を得るためのアジアへのアクセスの主要な玄関口です。多国籍企業の存在は、世界中から街に技術の魔法使いを誘惑しています。政府の政策とグリーン経済に基づいて、国の第1位の「スマートシティ」にランク付けされました。

 

10.パリ(フランス)

パリは、辞書から古くて時代遅れの要素を覆すことで知られています。今、私たちはパリの街をファッションの中心地として知っていますが、最近の傾向によれば、テクノロジーの中心地としても知られるようになる時期はそう遠くはありません。パリは絶対的な世界クラスのハイテクのロジー技術が狂乱する都市の1つです。

 

いくつかの報告によると、人々はパリでインターネットの83%を使用していますが、ヨーロッパの平均は75%です。観光客にとって、この街は天国にほかなりません。すでに多数の無料WiI-Fiスポットがあり、さらに成長し続けています。現地の人や観光客は、インターネットと呼ばれるより大きな世界に接続するのが非常に快適だと感じています。

 

9.サンフランシスコ(アメリカ)

サンフランシスコは、世界の先進的な大都市の1つです。90年代からイノベーションと開発の中心地となっています。90年代後半、この都市はインターネット業界の大規模な拡大を目の当たりにしました。最初はドットコム企業、次にさまざまなスタートアップ企業の蓄積が都市の経済を加速させました。その結果として約20年後、これらの企業は北カリフォルニア市の社会政治的および経済的景観を変えました。人々は玄関先ですべての最新テクノロジーにアクセスできます。

 

8.香港(中国)

香港は中国の南海岸にある自治領です。その経済的および技術的進歩は、1839年の英国の植民地化と1898年からの99年間の新領土のリースに大きく貢献しています。大手IT企業である香港ブロードバンドネットワーク(HKBN)は、手頃な価格で住宅地に非常に高速なサービスを提供しています。香港は、ロボットが運営するレストランや、学校やオフィスが生体認証システムを備える数少ない都市の1つです。全体として、多くの技術オタクが住みたい場所です。

 

7.ニューヨーク(アメリカ)

ニューヨークは高層ビルの街です。交通機関から高度なワイヤレス技術まで、この都市はあらゆる分野で世界クラスのサービスを提供しています。シリコンアレーとして知られる市の大都市圏は、インターネット、メディア、電気通信、ソフトウェア開発、バイオテクノロジー、金融技術など、さまざまな技術分野のさまざまな産業のために繁栄しています。 2014年の時点で、ニューヨーク市だけでもテクノロジー部門で30万人の従業員を受け入れています。

 

6.台北(台湾)

台北は急速な経済産業発展の中心であり、今では世界最大のハイテク都市の1つになっています。台北市は台湾の奇跡の一部であり、「アジア四小龍」の1つに選ばれています。 ほぼすべての意味で最も先進的な都市の1つにランクされています。台北は今や世界初の真の「サイバーシティ」になりつつあります。毎日何百万人もの人々が何千ものWi-Fiスポットから無料のインターネットにアクセスし、その数は増え続けています。

 

5.ロンドン(イギリス)

ロンドンは間違いなくヨーロッパで最も古く歴史的な都市の1つです。街はロンドン地下鉄との接続が良好です。市内すべての主要なセンターは無料のWi-Fiサービスでカバーされていて、他の場所では有料です。

 

多くのテクノロジー企業が、以前は「シリコン・ラウンドアバウト」として知られていたイーストロンドンのテック・シティに拠点を置いています。ロンドンはまた、非営利団体であり世界最大のインターネットエクスチェンジポイント(IXP)であるLINX(London INternet eXchange)をホストしており、2012年7月の時点で846 Gビット/秒以上のインターネットトラフィックを伝送しています。

 

4.シンガポール(シンガポール)

シンガポールは、商業、金融、輸送の世界的中心地であり、アジア大陸で最も人気のある観光地です。世界経済フォーラム(WEF)によると、シンガポールは2015年に最も「テクノロジーに対応した」国として位置付けられました。

 

この都市は、マイクロソフト、IBM、HP、テマセックホールディングスなどの多くの国際企業の研究センターです。ほとんどの公共の場で無料のインターネットサービスを利用することは、ケーキを食べるようなものです。シンガポールはまた、事前道路税制度を採用していて、都市道路を混雑させず、より安全にしています。

 

3.ソウル(大韓民国)

今日、韓国の首都ソウルは漢江の奇跡として知られる1950年代初頭の大規模な経済ブームの結果として、大国かつ主要なグローバル都市であると考えられています。国全体、特にソウルを発展途上国の穏健な都市から、東京、ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ2014年のGDPが8,459億米ドルの世界第4位の大都市経済へと変貌させました。

 

ソウルは非常に技術的に高度なインフラを持っています。世界で最も高い光ファイバーブロードバンドの普及率を持ち、驚くべき95%の世帯がブロードバンド接続を使用しています。ソウルでは屋外スペースで無料Wi-Fiを利用できます。2015年には、4,400万ドル相当の新しいプロジェクトにより、住民と訪問者は10,000の公園、道路、その他の公共の場所でインターネットアクセスを改善しました。

 

2.シリコンバレー(アメリカ)

長年にわたり、シリコンバレーはハイテクの同義語として発展してきました。この地域には、米国で最も多くのハイテク製造会社があります。すでに何千人もの人々がこれらの企業で働いているため、シリコンバレーは2006年に(American Electronics Association)AeAの調査で3番目に大きなハイテクセンターに選ばれました。Google、Apple、Facebook、Adobeなどの世界で最も人気のあるハイテク企業がここに本社を置いています。

 

1.東京(日本)

東京は日本の商業的バックボーンです。この都市は、インフラ、交通、通信の分野で最先端の技術を備えています。東京は、いくつかの世界最大の投資銀行や保険会社の本部で構成される主要な国際金融センターのホストであり、さまざまな電子および放送業界の主要なハブです。この都市は、ニューヨーク市やロンドンと並んで、世界経済の3つの「コマンドセンター」の1つとよく言われます。ブロードバンド接続の利用者総数では東京がトップです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ