話題

話題

若き天才たち! ノーベル賞の最年少受賞者12名

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、12 Youngest Nobel Prize Winners In The World
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

100 views

読了時間 : 約10分34秒

ノーベル賞は、いくつかの分野において、知的業績に与えられる最も権威のある賞として広く知られています。

 

この賞は、ダイナマイトなど数々の火薬類を発明し、355もの特許を保有したスウェーデンの化学者アルフレッド・ベルンハルド・ノーベルにちなんで名づけられました。また、彼の名を冠した合成元素(ノーベリウム)もあります。

 

1895年、アルフレッド・ノーベルは遺言に署名し、その財産 -2018年現在で2億1500万ドル- を、化学、物理学、医学、文学、平和の分野で(人類のために)何か特別なことを成し遂げた人々へ授与する賞として与えました。

 

1968年には、スウェーデンの中央銀行スウェーデン・リクスバンクが「アルフレッド・ノーベル記念スウェーデン・リクスバンク経済科学賞」を創設しました。

 

1901年から2018年までの間に、908人の受賞者と27の団体に合計590のノーベル賞が授与されました。その中には複数回受賞している科学者や団体もあります。

 

受賞者には、金メダル、証書、ノーベル財団が決定した賞金が授与されます。ノーベル賞受賞者の年齢をすべての分野で平均すると59歳です。この記事では、授賞式で受賞した最年少のノーベル賞受賞者を紹介します。

12. ジョシュア・レダーバーグ

年齢:33歳
共同受賞:1/2
分野/受賞年:医学賞/1958年

 

受賞理由:バクテリアが交尾して遺伝子を交換することの発見

 

ジョシュア・レダーバーグは、バクテリアの遺伝子組み換えのメカニズムを発見したアメリカの分子生物学者です。彼は1940年代前半に細胞生物学の実験を始めました。

 

長い間、バクテリアは自分自身を2つに分けることでしか繁殖できないと考えられていました。しかし、1946年、レダーバーグは同僚とともに、複雑な生物で観察される有性生殖と同じような方法で、バクテリアの遺伝子も変化することを明らかにしました。

 

2つのバクテリアは、橋のような接続部にDNAのいくつかのセグメントを渡すことで、遺伝物質を交換することができるのです。また、バクテリオファージというウイルスを介して、あるバクテリアから別のバクテリアに遺伝子を伝達することができるという、形質導入と呼ばれる現象についても証明しました。

 

その他、人工知能や、火星での生命探査など、アメリカの宇宙開発に関する研究でも知られています。

 

1957年に、宇宙船スプートニクに付着して大気圏に侵入する可能性のある地球外の微生物について警告したのもレダーバーグでした。宇宙船と宇宙飛行士の両方を帰還後に隔離し、そのような微生物を検査することを提案しました。

11. ブライアン・ジョセフソン

1973年、ノーベル賞受賞を伝えられたブライアン・ジョセフソンを捉えた写真
画像提供:Getty Images

 

年齢:33歳
共同受賞:1/2
分野/年:物理学賞/1973年

 

受賞理由:トンネル障壁を通る超電流の特性の予測

 

ブライアン・ジョセフソンは、量子トンネル現象と超伝導に関する先駆的な研究でよく知られています。ノーベル賞を受賞した量子力学的現象の研究を行ったのは、彼が22歳の時でした。

 

量子物理学では、物質は粒子と波の両方として記述されます。量子トンネル現象は、素粒子が電位障壁を通過する現象で、古典力学の法則では予測できません。

 

1962年、ジョセフソンは超伝導体による予想外の結果を予測し、超伝導という新しい現象を考え出しました。超伝導体とは、低温で電気抵抗がなくなる物質のことです。

 

彼は、電圧印加がなければ、薄い絶縁体で隔てられた2つの超伝導体を電流が通過することを発見しました。整流された電圧が加えられると、交流電流が生じることがあるのです。

10. タワックル・カルマン

年齢:32歳
共同受賞:1/3
分野/年:平和賞/2011年

 

受賞理由:平和構築活動への参加と女性の権利のための非暴力的な闘い

 

2011年、タワックル・カルマンは、イエメン人、そしてアラブ人女性として初めてノーベル賞を受賞した、イエメンの政治家、ジャーナリスト、人権活動家です。

 

彼女は、イエメン政権に批判的なデモや行動に参加したため、何度も殺害の脅迫を受けました。(民主的権利が制限されている)イエメンの人権と民主化のための闘いを国際的なレベルで推進しました。

 

2005年に、基本的人権と表現の自由を推進するグループ「Women Journalists Without Chains【束縛のない女性ジャーナリスト】」を共同設立し、2007年には、様々な民主的改革を求め、イエメンの首都サヌア市内で毎週座り込み運動を開始しました。この活動は3年近く続けられ、その間、活動のために何度も逮捕されたのです。

 

2011年には、アラブ諸国で行われた政権への抗議デモに多数参加しました。イエメンの人々からは「革命の母」「鉄の女」と呼ばれていたということです。

 

「強くなければなりません、新しい国を作ることができるのだと、自分を信じなければならないのです。自分には夢を実現する力があることを知らなければなりません」 – タワックル・カルマン

9. マイレッド・コリガン

ベティ・ウイリアムズとマイレッド・コリガン(右)の昔の写真
画像提供:Getty Images

 

年齢:32歳
共同受賞:1/2
分野/年:平和賞/1976年

 

受賞理由:「コミュニティ・オブ・ピース・ピープル」の共同創設者としての活動

 

マイレッド・コリガン・マグワイアは、「ウィメン・オブ・ピース」(後にコミュニティ・オブ・ピース・ピープルとなる)の共同創設者であり、これは北アイルランドの紛争の平和的解決を促す組織です。

 

彼女は北アイルランド、ベルファストの貧しい家庭で育ちました。事務職をこなしながら、若い頃はカトリックの組織である「レジオ・マリエ」で慈善活動に多くの時間を割いていました。

 

1976年に起きた残虐な銃乱射事件で、彼女の姉は3人の子どもを失いました。目撃者がマイレッドに連絡し、彼らは北アイルランドのプロテスタントとカトリックの厄介な対立に終止符を打つために平和団体を作ることに同意しました。

 

彼女は抗議行進で何千人もの人々を集め、1970年代後半に地域の人々がすべての支援を失ったときでも、希望を捨てませんでした。どんな困難な状況下でも、地元での平和活動を続けたのです。

8. フレデリック・バンティング

画像提供:トロント大学

年齢:32歳
共同受賞:1/2
分野/年:医学賞/1923年

 

受賞理由:インスリンの発見

 

カナダの医学者フレデリック・バンティングは、インスリンの発見とその治療法の可能性で、生理学・医学の分野において最年少でノーベル賞を受賞しました。受賞した1923年に、カナダ政府から研究を継続するための生涯年金を授与されました。

 

インスリンは膵臓で作られるホルモンです。これにより食事から得たブドウ糖を細胞内に取り込むことができます。それでも、人間の体内では、インスリンが十分に分泌されなかったり、うまく使えなかったりして、ブドウ糖が細胞に届かず、血液中にとどまってしまうことがあります。その結果、血液中のブドウ糖が過剰になるのです。

 

1920年には、糖尿病がインスリンの不足によって引き起こされることに科学者たちはすでに気づいていたものの、それを証明することはできませんでした。バンティングは、膵臓でできる別の物質(トリプシン)がインスリンを分解することを予想したのです。

 

1921年、バンティングは同僚とともに、犬を治療してトリプシンを生成させないようにしました。そして、インスリンを抽出し、糖尿病の管理に用いることができるようになったのです。

7. ルドルフ・メスバウアー

ルドルフ・メスバウアー/1961年当時の資料写真

 

年齢:32歳
共同受賞:1/2
分野/年:物理学賞/1961年

 

受賞理由:無反応核共鳴蛍光の発見

 

ルドルフ・メスバウアーは、1955年から1957年までドイツ、ハイデルベルクのマックス・プランク医学研究所で一連の調査を行っていました。ここで彼は、無反応核共鳴吸収という現象の最初の実験的観察を行ったのです。

 

量子物理学では、原子の原子核と電子は決まったエネルギー準位しか持つことができません。遷移が起きると、ガンマ線が吸収されたり放出されたりします。ガス中では、原子が光子を放出するたびに反跳効果が発生します。

 

メスバウアーは、原子を結晶構造の中に埋め込むことで、この反動をなくすことができることを発見しました。これにより、原子核のエネルギー準位の研究や、原子核が周囲の環境や様々な現象から受ける影響を分析するための新しい道が開かれたのです。

 

この分野の研究において、リサーチ・コーポレーション・ニューヨーク賞(1960年)、エリオット・クレッソン・メダル(1961年)などを受賞しています。晩年の10年間は、固体物理学と原子核物理学の問題に取り組みました。

6. 李政道

1957年ノーベル物理学賞受賞時の楊振寧と李政道(右)
画像提供:Science Photo Library

 

年齢:31歳
共同受賞:1/2
分野/年:物理学賞/1957年

 

李政道は、パリティ対称性の破れ、相対論的重イオン物理学、李モデルに関する研究で知られる、アメリカ人【中国系】としては史上最年少のノーベル賞受賞者です。

 

科学者たちは長い間、すべての物理系は、左右が逆になり、物質が反物質に置き換わった波動関数の対称性に関係していると考えていました。パリティ変換後の鏡像が元の系と同一であれば、その系は偶数パリティ、そうでなければ奇数パリティと言われます。

 

1956年、李は弱い相互作用によって左右対称の法則が破られることを示す理論を考え出しました。この理論を確かめるために、彼は同僚と一緒に、コバルトの同位体が崩壊するときの電子の動きを測定する実験を行いました。

 

李は300以上の研究論文を発表し、著書も多数あります。また、アルバート・アインシュタイン賞(1957年)、マッテウッチ・メダル【イタリア科学アカデミーが基礎分野の科学の業績に授与する賞】(1995年)を受賞しています。

5. カール・アンダーソン

年齢:31歳
共同受賞:1/2
分野/年:物理学賞/1936年

 

受賞理由:電子の反物質である陽電子の発見

 

カール・アンダーソンは、X線を使って様々な気体から放出される光電子の空間分布を研究し、博士号を取得しました。

 

1930年、アンダーソンは宇宙線の研究を始め、その過程で、電子と同じ質量を持ちながら反対の電荷を持つ不思議な粒子に出会いました。1932年には、この粒子は陽電子であることが確認されました。

 

彼は、宇宙線粒子のエネルギー分布や、高速電子が物質を通過する際のエネルギー損失を分析しまし、その後、天然放射性核種ThCから発生するガンマ線を他の物質に照射し、陽電子-電子対を形成させることで、陽電子の存在をより決定的なものにしたのです。

 

その後、放射線と基本粒子の研究を続けました。彼の発見や研究のほとんどは、The Physical Review and Science誌に掲載されています。

4. ポール・ディラック

年齢:31歳
共同受賞:1/2
分野/年:物理学賞/1933年

 

受賞理由:原子論の新たな生産的形態の発見

 

ポール・ディラックは、量子力学の数学的、理論的側面を中心に研究しました。

 

量子電磁力学の初期の発展に基本的に貢献するとともに、ディラック方程式として知られる相対論的波動方程式を導き出し、フェルミ粒子の性質を記述し、反物質の存在を示唆しました。

 

ディラック方程式は、シュレディンガー方程式に特殊相対性理論を導入したものです。彼の研究は、量子力学とアインシュタインの一般相対性理論との間に実りある和解をもたらしたと考えられています。

 

ノーベル賞のほか、ロイヤルメダル(1939年)、コプリメダル(1952年)、マックス・プランク・メダル(1952年)、ロバート・オッペンハイマー記念賞(1969年)を受賞しています。

3. ヴェルナー・ハイゼンベルク

年齢:31歳
共同受賞:1/1
分野/年:物理学賞/1932年

 

受賞理由:量子力学の確立

 

ヴェルナー・ハイゼンベルクは、量子力学の重要な先駆者の一人です。物体の正確な位置と速度は理論上でも同時に測定できない、というハイゼンベルクの不確定性原理で知られています。

 

ニールス・ボーア【デンマークの理論物理学者】の原子のモデルによると、電子は原子核の周りをある軌道から別の軌道へと飛び回るときに、特定の波長の放射線を放出したり吸収したりします。このモデルは、水素原子を説明するものですが、複雑な原子や分子にはあまりうまく当てはまりません。

 

ハイゼンベルクは、原子や素粒子のエネルギー準位を記述するために、量子力学という新しいタイプのモデルを考え出したのです。彼は、粒子の位置と速度をどれだけ正確に同時測定できるかという限界(不確定性関係)を設定しました。

2. ローレンス・ブラッグ

年齢:25歳
共同受賞:1/2
分野/年:物理学賞/1915年

 

受賞理由:X線による結晶構造の解析

 

ローレンス・ブラッグは、23歳でノーベル賞受賞に至る仕事を成し遂げました。2年後の1915年に最年少でノーベル賞を受賞し、その最年少記録は99年間破られることはありませんでした。ブラッグは、現在までのノーベル「物理学賞」において最年少の受賞者でもあります。

 

ドイツの物理学者マックス・フォン・ラウエが、X線が結晶を通過するときに回折【波が障害物に遮られたとき、その物陰の部分にも波がまわりこんで伝播する現象】が起こることを発見しました。ローレンス・ブラッグと彼の父親(物理学の教授)は、この問題をさらに調査することにしました。

 

彼らは、X線の波長とその入射角、そして結晶内部の原子層間の距離の関係を確立しました。この関係を利用すれば、結晶の構造を調べることができます。この研究により、結晶構造中の原子の位置が測定できるようになったのです。

1. マララ・ユスフザイ

年齢:17歳
共同受賞:1/2
分野/年:平和賞/2014年

 

受賞理由:人権擁護活動、特に女子の教育を受ける権利の擁護活動

 

2014年、17歳という最年少でノーベル賞を受賞したマララ・ユスフザイは、パキスタンで生まれました。一家はパキスタン北部のカイバル・パクトゥンクワ州でいくつかの学校を経営していました。

 

彼女は幼い頃から、地元のタリバンが女子の就学を禁止していた故郷の子どもたちや若者への弾圧と戦ってきました。

 

2009年、彼女はBBCのウルドゥー語のブログに、タリバンがこの地区で勢力を伸ばしている間の自分の経験を書きました。その数年後、彼女は学校から帰宅するバスの中で銃撃されました。

 

一命を取り留めたものの、現在住んでいる英国で何度も手術を受けました。その後、少女たちの教育を受ける権利のための著名な活動家となりました。

 

ノーベル平和賞のほか、パキスタン初の国家青年平和賞(2012年)、サハロフ賞(2013年)を受賞しています。タイム誌では、3年連続(2013年~2015年)で「世界で最も影響力のある人々」の一人として取り上げられました。

よくある質問

初めてノーベル賞を受賞した女性は誰ですか?

マリー・キュリーが1903年に女性で初めてノーベル賞を受賞しました。さらに、彼女はノーベル賞を2度受賞した唯一の女性であり、2つの異なる分野でノーベル賞を受賞した唯一の人物です。

 

1903年、マリー・キュリーと夫のピエール・キュリーは、物理学者アンリ・ベクレルが発見した自然放射に関する先駆的な業績によりノーベル物理学賞の半分を受賞し、残りの半分はアンリ・ベクレルが受賞しました。

 

1911年、マリー・キュリーは放射能の研究により、2度目のノーベル賞となるノーベル化学賞を受賞しました。彼女は、放射性同位元素を分離するために開発した方法を用いて、ラジウムとポロニウムという元素を発見したのです。

オバマ元米大統領は、なぜノーベル平和賞を受賞したのですか?

オバマ元米大統領は、国際外交と人々の協力関係を強化した功績により、2009年にノーベル平和賞を受賞しました。ノルウェーのノーベル委員会は、オバマ氏の核不拡散の推進を特に重要視しています。核兵器のない世界という彼のビジョンは、軍縮や軍備管理交渉を活性化させたのです。

アルベルト・アインシュタインはノーベル賞を受賞しましたか?

アルベルト・アインシュタインは、光電効果の法則の発見と理論物理学での素晴らしい業績により、ノーベル物理学賞を受賞しました。1905年に発表した光電効果に関する論文は、量子論の発展における極めて重要な一歩とみなされています。

ノーベル文学賞の最年少の受賞者は誰ですか?

ラドヤード・キップリングが、ノーベル文学賞の最年少の受賞者です。観察力、想像力の独創性、発想のたくましさ、そして並外れた語りの才能が評価され、41歳(1907年)でノーベル賞を受賞しました。

 

『ジャングル・ブック』(1894年)、『王になろうとした男』(1888年)などの有名な小説や、『ガンガディン』(1890年)、『マンダレー』(1890年)などの詩で知られています。

ノーベル賞を拒否した人はいますか?

2人の受賞者がノーベル賞を辞退しています。

 

1964年、ジャン=ポール・サルトルはノーベル文学賞に選出されたものの、常に公式な栄誉を拒否してきたため、受賞を拒否しました。彼は「作家は自分自身を制度化することを許してはならない」と考えていたのです。

 

また、1973年、レ・ドゥク・トは、ベトナム和平協定交渉の功績により、ヘンリー・キッシンジャー米国務長官(当時)と共同でノーベル平和賞に選出されたのですが、まだ平和が確立されていなかったため、受賞を辞退しました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ