ワークスタイル

ワークスタイル

転職・副業でアプリ開発をするならリモートワークがおすすめ!リモートワークについて徹底解説!

373 views

読了時間 : 約4分59秒

リモートワークとは?転職や副業に役立つ知識を徹底解説!

まずはリモートワークの意味を把握しておきましょう。
リモートワークという言葉の意味は遠隔で働くという事になります。
海外ではリモートワーキング(Remort Working)とも言います。
より明確に定義すると、従業員が自宅から会社のために働くということです。
要するに在宅勤務の事ですね。在宅勤務とは言っても、クラウドソーシングなどに代表される在宅ワークとは少し意味合いが違います。
リモートワークはあくまでも従業員として会社のオフィス以外の場所で仕事をするという事を指します。

 

リモートワークのメリット

 

それでは実際にリモートワークをするメリットにはどんなものがあるのでしょうか。
企業側、従業員側双方のメリットを考えてみましょう。
まず企業側のメリットとしては、第一にコストをカットする事ができます。
社内にデスクやその他備品などを置いておく必要がないので必要最低限の物のみを置くことでコスト削減ができるのです。
また、天候状態または交通状況、災害によって従業員が通勤困難な状態に陥った時でも事業の継続をする事ができるというメリットもあります。
従業員側のメリットとしては、通勤をする必要がないため通勤の手間がかからない他育児をしながら仕事をすることができます。

 

リモートワークに向いている人は?

 

リモートワークに向いている人には、次のような人が挙げられます。
まず、効率の良さを求める人です。
通勤時間にかかる時間や朝の支度の時間をなくして、この時間を有意義に使いたい人にリモートワークは向いています。
次に、一人が好きな人です。
仕事場の人間関係や周囲の音などは煩わしく黙々と一人で集中して仕事をこなしたい人にとってはまさに理想の勤務形態となっています。
他にも、先程のメリットとして挙げましたが生まれたばかりの子供などの小さな子供がいるために会社勤務が難しい人にも向いています。

 

リモートワークが合う職種は?

 

リモートワークは職場から離れた場所で仕事をするため、事業を進めていく上でリモートワークが合っている職種・業界とそうでないものがあります。
リモートワークはどんな職種でもできる、というわけではないのです。
ここではそもそもリモートワークに合っている職種の条件が何であるかを最初に確認して、その次にリモートワークに合っている職種をそれぞれ見ていきましょう。

 

リモートワークが合う職種の条件

 

リモートワークが合う職種の条件ですが、まず、場所の制約のない仕事である事です。
当たり前の事ではありますが、リモートワークでは工場での製品の組み立て作業や大工、店員といった仕事をすることができません。
その場所にいなければできない仕事を行うことは不可能なのです。
次に、仕事の成果物が明確になっているのも、リモートワークが合う職種の条件として挙げられます。
成果物が明確になっているとは、つまり1日の間に一体どれだけ仕事が進んだのか、達成度・進捗度が目に見えてわかる状態という事です。
リモートワークでは通常の会社勤務と同じように決められた勤務時間を守って仕事をする場合もあります。
その場合、きちんとその時間仕事をしていたかどうかがわからないといけないので、成果物が明確になっている必要があるのです。

 

リモートワークに合った職種一覧

 

以上の条件を踏まえて、リモートワークに合った職種を挙げていきます。
まずは、デザイナーです。
フリーランスの人も多く在宅でデザイン関係の仕事をしている例が多いように、デザイナーの仕事はリモートワークに適しています。
次にIT系の職種です。
システムエンジニアやプログラマーなどは仕事の成果物が明確なため、リモートワークに向いています。
他にもメールなどでレスポンスを行うユーザーサポートの仕事やライターの仕事などもリモートワークに適しています。

 

アプリ開発やウェブデザイナーなどリモートワークに合った職種一覧

 

中でもリモートワークを許可している求人はデザイナーやIT系のものが多いです。
この2つの職種はフリーランスの人も活躍している事からリモートワークとの相性がいいと言えます。
リモートワークを許可した求人は、IT系ではWebエンジニアやシステムエンジニア、プログラマーなどのものが多く、デザイナー系ではWebデザイナーやグラフィックデザイナーなどのものが多く出ています。

 

リモートワークには4つの種類に分けられる

 

リモートワークとは、従業員が会社以外の場所で仕事をするという事であると最初に説明しました。
しかし、その会社に就職して会社に出向くことが一度もないかといえばそうではない雇用形態もあります。
一口にリモートワークと言っても出社する事があるのかどうか、またどのような場合に出社するのか、などは雇用形態によって違います。
リモートワークはこの雇用形態の違いによって4つに分類されています。
ここではその4つの種類について見ていきましょう。

 

ハイブリッド・リモートワーク

 

まず1つ目はハイブリッド・リモートワーク。
これは正社員が自宅などで働き、会議や打ち合わせの時などで時折出社するものです。リモートワークは基本的に一人で仕事をするため、会社の人間とのコミュニケーション不足が危惧されます。この形態を取ることで社内のコミュニケーション不足を解消し、より円滑に仕事を進めていく事ができるようになります。

 

フルタイム・リモートワーク

 

次に2つ目はフルタイム・リモートワーク。
これは正社員が出社を一切することなく全ての業務を社外で行うものです。
会議や打ち合わせはWeb会議やチャットアプリなどを利用して行うなどして出社する必要をなくして行われます。
出社する必要がないので従業員の自宅が会社からどれだけ離れていても就業可能なため遠方の人材を雇うことができ、極端に言えば海外在住の人材まで雇うことができる形態です。

 

リモート・アウトソース

 

3つ目はリモート・アウトソース。
アウトソーシング、という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
これはいわゆる外注の事で、別の会社などに仕事を任せる方法です。
リモート・アウトソースはそのアウトソーシングに近い形態で、自社の正社員ではない人が上記で説明したフルタイム・リモートワークの方法で仕事を行います。
これにより会社側は業務ごとに必要に応じた分だけの仕事を発注する事ができます。

 

テンポラリー・リモートワーク

 

最後に4つ目はテンポラリー・リモートワークです。
テンポラリーというのは英語で一時的な、という意味です。
テンポラリー・リモートワークはその名の通り、一時的に業務をリモートワークで行うというものです。
災害時や家族の看病が必要な時など突発的な理由から、会社での業務遂行が困難になった場合に対応できる形態です。
これはあくまでも一時的なものですので出勤が可能になり次第通常の出社をして働くという雇用形態に切り替わります。

 

リモートワークは副業に向いている?

 

 

リモートワーク、特にフルタイム・リモートワークやリモート・アウトソースでは従業員が会社に行く必要がないため、勤務の開始時間や終了時間をある程度自由に調整する事ができる場合が多いです。
そのため、通常の会社に勤めながらリモートワークの形態を取る仕事を副業として同時に行うことも可能です。
本業での業務終了後や開始前、休日などを利用して仕事をする事ができるのでリモートワークは副業に向いているのです。
副業に興味のある人、これから副業をはじめてみようという人はリモートワークでの副業を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ:アプリ開発の副業はリモートワークで

 

 

以上の観点から、アプリ開発の副業を考えている人にはリモートワークを許可している求人を探してみることをおすすめします。
上記で説明した通りIT系の職種はリモートワークに適しているのでアプリ開発の仕事にも適しています。
アプリ開発の仕事は基本的に企画などを除けばいわゆるプログラマーと呼ばれる人がプログラミングを行う事がメインとなります。
このプラグラミング工程の求人は数多く出ていますでのその中からリモートワークを許可している雇用形態のものを探してみるとよいでしょう。

 

またリモートワークで行うアプリ開発の仕事は上記でも説明したリモート・アウトソースの形態を取っている事も多いです。
そのため、そのアプリを開発する会社に就職する事も出社する事もないので副業に向いています。
副業となると本業で勤めている会社とは別の会社に就職するわけにもいきませんので、リモートワークで行うアプリ開発は副業にはもってこいの形態と言えます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ