ワークスタイル

ワークスタイル

【転職】「本当に自分がいるべき会社は他にあるんじゃないか?」と思っていた私がプロに教えてもらった資格なしでも良い会社に転職できた方法。

399 views

読了時間 : 約3分55秒

会社に長く勤めすぎていると、「本当に自分がいるべき会社は他にあるんじゃないか?」「もっと、給与も高くて福利厚生がしっかりしている職務に就けるんじゃないか」などと考えてしまいますよね。

私も、そう思っていた一人です。

ですが、転職の相談をしに職業紹介所に行ったら担当の方にあっさりと「辞めない方がいいですね。」と言われました。

今回の記事では、そんな私の転職希望を止められた理由と、プロの方に教わった「今より良い会社に出会うための秘訣」についてお教えしたいと思います。

現在の会社に満足できていない方や、今よりいい会社に入社したいと思っている方はぜひご覧ください。

 

【まず職業紹介所に行った理由】

 

私が、職業紹介所に行った理由はひとつ。

会社の現状に不満があったから、これだけです。

具体的にどういった不満があったのかというと、以下のようなことです。

 

・ 長時間労働(ブラック企業)

 

一日13~14時間勤務。残業代なし。

休憩時間が取れないことも普通にある。

繁忙期には、その日に帰れないこともしばしば。

 

・ 給与体系

 

具体的には、時間給にすると低い。

ボーナスはでるが、仕事量を考えればもっともらってもいいのでは

 

・ 福利体制に不満

 

誰か一人でも欠けると、仕事が追いつかなくなる。

人手が足りないので、休みはそうそうもらえない。

 

・ 将来のビジョンが見えない

 

会社自体の売り上げ低迷から、将来的な不安がうまれる。

 

・ 体力的な悩み

 

実はこれが一番の悩みで、このままこの仕事を続けても40代、50代で勤まるのかという心配でした。

 

こういった事が、ひとつずつ積み重なって会社を転職したいと思うようになりました。

 

【求人の担当も驚き!!転職で私がとった行動】

 

会社を転職したいと、友人に相談していたらあることを言われたんです。

それは「自分の給与明細を持って行って、これが妥当なのか判断してもらったら?」ということです。

 

今まで、色んな会社の雇用情報や給与体制を見てきた人ならある程度の平均給与額はわかるのではないかという…。

ちょっと思い切ってますけど、確かにそうだなと思いました。

他の会社の現状を知ることで、自分の社会的価値を見てみようと思ったんですね。

 

実際、見せましたよ。担当の方に。

すると、こういったことをおっしゃられました。

 

担当「正直な話をさせて頂きますね。今の○○県はそもそも給与賃金がかなり低いです。都心と比べて、もらえる給与額が違うのは当たり前ですが、今の○○県の平均給与額は○○円程なんですね。そう考えた時に、あなたがもらえているお給与は少し高いくらいかもしれません。」

 

このことを言われるのは、目に見えてました。

最初から、自分の地元の平均給与はわかっていましたから。

しかし、私が知りたいのは「仕事量に対して、給料が安くないか」ということです。

 

そのことを担当の方に言ったところ「特別な資格を持っていれば、話は別ですが、資格を持っていない場合にあなたに紹介できるお仕事はこちらです」とパソコンを見せてくれました。

そこには、とてもじゃないけど自分が求めていないお仕事ばかり。

 

給料も下がるし、休みも少なくなる。今の暮らしよりステップアップなんて、とても言えませんでした。

現実を目の当たりにした私は、担当の方に「いい会社に就職するための方法ってあるんですかね?」と尋ねました。

すると、次のようなことを教えてくれましたよ。

 

【プロが教える今よりいい会社に入社するには?】

 

凡人の私が、何のスキルもなくいい会社に入社する方法。

それは「コネクション」「タイミング(運)」の二つの案でした。

 

・ コネで入社するには?

 

やはり、いつの時代も「コネ」の効果は絶大。

割といい会社に就職するためには、社内の人間とつながりがあることです。

具体的には、いい会社の人間に気に入ってもらって、人員が足りなくなった時に声をかけてもらう。ということ。

実際に私の知り合いにも、その方法で有名企業に就職した方がいました、給料もいい、労働時間も短い。

まさに働き手としては最高の環境を手にしたわけです。

社交性の高い人は、ネットワークも幅広いです。

自分に仕事を紹介してくれそうな人を探すのも手なんですね。

また、自分がやってみたいお仕事の方々がよく集まるような場所に、足を運ぶこともコネ作りには良いみたいです。

できるだけ、足を運んで実際に働いている人の話を聞けば、顔も覚えてもらえるし、その職業の内容を知ることができます。

 

・ 転職はタイミング

 

色んな転職サイトに登録するのもおすすめです。

ひとつの転職サイトに登録するだけでは、せっかくの良い会社を見逃してしまう恐れがあります。

求人案件も求人サイトによって、変わるため複数の転職サイトをチェックしましょう。

 

そして、これだと!!思ったときに連絡してみることも重要です。

辞めたいなと思った時に転職サイトをチェックするのではなく、常にサイトの更新情報に目を通しておきましょう。

 

日頃から求人情報をチェックしておけば「あ!これやってみたいかも!」などと思えるような仕事に出会えるかもしれません。

 

私が登録してみた転職サイト一覧

【全国】

ハタラクティブ
転職アプリのミイダス
派遣・求人・転職のJOBNET
ミドル、ハイクラスの転職ならJAC
アクシスコンサルティング

 

【関東】

【楽な転職.com】

・ウェブエンジニア、クリエイターなら

 

レバレジーズテック
レバテックエンジニア、クリエイター向きハイクラスエキスパート転職
IT業界エンジニアの転職ならTech Stars Agent
正社員でフリーランスなエンジニアに安心保証と豊富な案件紹介【Midworks】

まとめ:資格なしでも良い会社に転職できた

 

わたしが、転職を止められた理由は資格を持たないために、低収入が目に見えていたことですが、これから転職をするにあたって一つ良い学びをしました。

例え、資格を持っていないとしても自分自身で興味のある分野につながりを求め色んな出会いの場に足を運ぶこと。

そして、今すぐ転職したいからといってむやみに求人を探すのではなく、常に転職サイトの更新情報に目を通しておくこと。

以上のことを頭にいれておくことによって、今より良い条件の会社に出会える可能性がグッと高くなると思いますよ。

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ