話題

話題

「さすが」「すごい」「そうですね」が人間関係を大きく変える?!心理学名誉教授が教える「あいづち」テクニックのすべて

922 views

新刊本『超・相槌 心理学の権威が教える 人生が劇的に変わるコミュニケーションスキル』についてご紹介します。

 

今週金曜日発売で価格は1,380円+税

 

同書ではコミュニケーションにおいて聞き手の役割が重要だということをふまえ、聞き手の<スペシャリスト>となるための次のような“あいづち”を紹介していくそう。

 

心理学で効果が実証されている相槌の「さしすせそ」と「あいうえお」

 

main

 

【相槌の「さしすせそ」】
さ:さすが(承認欲求が最も満たせる相槌)
し:実力ですね(成功者と友人になれる相槌)
す:すごい(自己重要感を満たす相槌)
せ:絶対(是認欲求を満たす相槌)
そ:そうですね(人間関係の基盤をつくる相槌)

 

【相槌の「あいうえお」】
あ:ありがたい(感謝の相槌)
い:いえ、いえ(最も使い勝手のいい相槌)
う:運が悪かったですね(相手の気持ちを救う相槌)
え:縁がありますね(強い絆を生む相槌)
お:恩を感じます(深い感謝を表す相槌)

 

長年の研究に裏打ちされたロジカルな解説、すぐに実践できるあいづちのトレーニング、人間関係に悩む人に魅力的な内容となっているようです。

 

また、心理学実証研究などを盛り込み、納得しながら読むことができるそう。

 

第1章では「あいづちとは何かを」マスター、第2章・第3章で「具体的なあいづちの種類」を、第4章では「より効果を高めるあいづち」について学びます。

 

同書は、ビジネスシーンをメインに想定。しかしながら、恋愛や友人間などあらゆる人間関係にも活用できる“あいづちの極意”がギュッと詰まった1冊だといえそうです。

 

著者紹介
齊藤 勇(さいとう いさむ)
心理学者。立正大学心理学部名誉教授。心理学の視点から人間関係を研究。
『買わせる心理学 相手に気づかれず「その気」にさせる技術』(宝島社)
『「あまり人とかかわりたくない」人のための心理学』(PHP研究所)
『図解 心理分析ができる本』(三笠書房)など著書・共著多数。
過去にはフジテレビ系列「笑っていいとも!」にも出演。

関連記事

おすすめ記事