デザイン

デザイン

ステッカーのデザインをする為に必要な12のステップ

LINE25

Line25 was built in March 2009 as a place to share web design ideas and inspiration through articles, tutorials and examples of stunning site designs.

本記事は、12 Essential Elements for a Successful Sticker Design
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

197 views

読了時間 : 約6分31秒

どうすればステッカーのデザインが良くなるでしょうか? あなたが思っている以上に、たくさん方法があります。 良いステッカーデザインの一つは、あなたの意図を伝える事です。 しかし、それは簡単な事ではありません。ラベルは、広告やラベルや顧客向けの景品など色々な所に使われます。

 

目的やコンセプトやタイポグラフィのような技術的な面から、ステッカーのデザインを分析します。そこから、あなたがこれから何をするのかわかります。

 

 

1.    ステッカーを作る目的は何ですか?

目的がはっきりするまでは、ステッカーをデザインしてはいけません。デザインを良くしたければ、その目的を知る必要があります。その目的によって、やり方が変わってきます。

 

まず、ロゴを入れただけのステッカーを作ってください。ここを最後まで読んだとしても、ロゴは残ります。マーケティング目的であれば、あまり大きくしない方がいいです。マーケティング戦略の一つとしてステッカーを使うのであれば、どこで使うのか考えてください。何枚必要かも考えてください。

 

一度、これをはっきりしておけば、どのようにデザインすれば最も効果的かわかります。

 

 

2.    目的に合わせてサイズを決める

ステッカーと言うと、小さいものを想像します。しかし、最近のステッカーは色々な大きさがあります。壁一面を覆う大きさのステッカーもあります。

 

一度、ステッカーをどこで使うのか、どのように使うのかを決めたら、ステッカーを使う場所の大きさを測ってください。それで、あなたがデザインする時、あるいはデザイナーに頼む時、大きさを指定する事ができます。

 

下の例は、ラベル用ステッカーの一般的なものです。この例では、まずボトルの大きさと高さを測ります。それから、ラベルの大きさをどうするか決めます。

 

 

 

3.    形を決める

ステッカーには色々な形があります。一般的なステッカーは、正方形か長方形です。しかし、これはステッカーを使う目的によって変わってきます。形が合わないと、切る手間がかかります。

 

 

 

4.    コンセプトに合わせたデザイン

コンセプトを考えている段階で、自分が何をしたいのか概要を書いてください。ひらめいたアイデアを書いて、それに基づいていくつかデザインを考えてください。この段階で芸術性は必要ありません。しかし、デザインのアイデアを出しておかなければいけません。このアイデアは、後で変更する事があります。デザイナーは、最初から一番いい角度がわかっているとは限りません。

 

なので、最初にコンセプトを出しておくと、それがその後のデザイン作業に役立ちます。紙とペンという昔ながらの方法で作っている場合にも有効です。いくつかのラフスケッチとアイデアを書き留めておいてから、次の段階に進んでください。

 

 

5.    概要

これは、デザイナーに任せている事かもしれません。しかし、もし知識があるのなら、自分でやってみてください。ほとんどのアーティストは、ソフトを使ってラフスケッチを描いて、線を引き直しています。

 

デザインの知識なしで、ラベルを手早く作りたいなら、無料の Adobe Sparkを使ってみてください。Canvaも、ブラウザで使えるツールです。もっと芸術性を求めるなら、もっと機能が揃ったソフトが欲しくなるはずです。プロが作ったようなデザインにしたいのなら、これを試してみてください。

Adobe Photoshop

Adobe Illustrator

Inkscape (無料)

上記のソフトはベクター方式でファイルが保存され、どんな大きさでも実物と同じように表示する事ができます。印刷する時、通常使うフォーマットを指定する事ができます。

 

 

6.    プロのデザイン

 

 

もし、しっかりしたデザインを求めているなら、プロのデザイナーに頼むのが確実です。上で紹介した無料のツールで、プロの仕上がりにするのは難しいです。限界はありますが、プロのデザイナーはあなたの求めている通りに作業します。そのほうが経費削減になります。

 

あなたのネットワークを使って、あなたの思っている通りにデザインしてくれるデザイナーを見つけてください。 People Per Hourのようなフリーランスが登録しているマーケットプレイスで探す事もできます。

 

プロのデザイナーを雇う事で、ステッカーのデザインがうまくいきます。そして、もちろん自分で作った時の失敗がなくなります。

 

 

7.    タイポグラフィー

タイポグラフィーは、文字を芸術的に飾りつけたものです。なので、目を引きますが、時々見落とされたり誤解されたりする事があります。

 

 

魅力的で読みやすいフォントを使う

読みにくい、ごちゃごちゃした飾り付けのフォントを使わないでください。同様に、つまらないものは使わないでください。子供向けに書いているのでなければ、 Comic Sans を使わないでください。

 

魅力的で力強い書体を使って、見た人を引きつけてください。使用する目的に合わせて書体を選んでください。キャラクターに合わせて、読みやすいものにしてください。

 

 

フォントの大きさを変えてみる

フォントの比重は、線の太さによります。 全てのソフトは、調整する事ができます。 大抵のステッカーは、目立たせるために、太いボールドのフォントを使っています。しかし、文字数によっては、複数の書体を使いたいかもしれません。

 

 

文字の配置

文字の配置を見やすくしましょう。文字の配置は、文字の間隔と平行とどこに置くかで決まります。一度、見やすく効果的な配置をする事ができれば、ステッカーのデザインに必要な要素を一つ身につけたということになります。

 

 

8.    インパクトのあるメッセージを作る

 

 

もし、ステッカーに言葉を入れているのなら、全ての言葉が重要になってきます。限られたスペースの中に、わかりやすく目立つメッセージを入れなければいけません。これは、ステッカーであなたが何を伝えたいかで変わってきます。もし、製品のプロモーションで作るのであれば、言葉とタイポグラフィーを組み合わせて作ります。広告目的であれば、注目されるように、簡単で効果的なものか、挑発的な言葉を使います。

 

コピーライターに頼むのも一つの手です。何を言いたいにせよ、簡潔にハッキリと言うようにして下さい。

 

もし、伝えたい事を文字を使わないで伝えたいのなら、ロゴなどの他のものを用意しなければいけません。それ自身が文字の代わりに伝えてくれ、好奇心を刺激し、見た人が将来を想像できるようにしなければいけません。

 

 

9.   明るくて大胆な色使い 

ステッカーのデザインに、色使いは欠かせない要素です。明るくて大胆な色使いは、ステッカーが飛び出て見えるようなデザインになります。みんなセンスのいい色使いが好きです。他の販促物と色を合わせて下さい。

 

色を付け加える為のオンラインのツールがいくつかあります。この3つを見てください。

Coolors – 自動で色の構成を作ります

Canva – あなたのイメージを元に色の配置を決めます

Paletton –あなたの持っている色を微調整します

 

 

10. 正しいフォーマットと大きさを保存する

デザインしたステッカーを印刷にまわしたり、家で印刷しようとしている時、デザインした通りに印刷できるように設定する必要があります。設定が間違っていたり、ファイルがベクター方式でなければ、印刷した時に歪んだり、クオリティが低くなります。これまで紹介したツールを使って、しっかりしたクオリティの高いデザインを作ってください。

 

 

結果

大抵の印刷会社は、解像度が最小の特定のファイル形式を持っています。通常、オンラインで見れる画像は72DPIです。しかし、印刷したステッカーは基本300DPIで、解像度がかなり高くなります。作成する時は解像度を300に設定してください。しかし、他にオプションを入れたい時は、デザイン会社に依頼してください。

 

 

フォーマット

作ったステッカーを保存する時は、圧縮しないか可逆圧縮してください。可逆圧縮は、ファイルのサイズは小さくなりますが、品質は変わりません。推奨するファイル形式: EPS (vector), JPEG, TIFF, PNG, PDF.

 

 

11. 印刷する物を選ぶ

デザインを何に印刷するかで、長く印象に残る物になるかが決まります。何を伝えたいかを考えてください。特別な物を売りたいのですか?何か目立つ物を作りたいのですか?印刷できる材料は次のような物があります。

 

 

つや消し

つや消し加工のステッカーは光を反射しません。特別感や高級感を出したい時は、これを選ぶといいです。

 

 

クリア

ステッカーの一部をクリアにしたければ、透明ビニールの素材を選ぶといいです。

 

グロス

グロス入りのステッカーは、キラキラして目立つので、よく使われます。結局、みんなキラキラした物が好きなのです!

 

メタリック

光沢ある素材もしくは磨き加工のステッカーも、ツヤツヤして見えて特別感が出ます。

 

 

12.  印刷設定を正しくする

ステッカーは、専用の機械でないと印刷できません。必要なツールが揃っているステッカーの制作会社に印刷を依頼すると、クオリティの高い仕上がりになります。

 

 

ブリード、トリム、セーフエリア

ブリードは、デザインの最終段階で要らないものを除く作業です。トリムは、セーフエリアの外の余白です。これは、印刷したデザインの外側です。この2つを合わせたものがセーフエリアです。それは、仕上がりサイズより少し狭いです。最終的に不必要な余白が出ないように、セーフエリアだけでなくトリムまでデザインしてください。

 

これらは全て、デザインをあなたの思い通りにする為に必要な事です。デザイン会社に依頼する時、必要な物が違う可能性があるので、話し合う必要があります。

 

 

まとめ

これまで見てきたように、たくさんやる事があります。目的、概要、デザイン、プロセスと多すぎると思うかもしれません。しかし、あなたが思うほど複雑ではありません。このガイド通りに進めていき、少し想像力を働かせるだけです。この順番でやっていけば、0からステッカーをデザインする事ができ、あなたにとって大きな功績になります。

 

あなたは、ステッカーのデザイン会社に印刷を依頼しているかも知れません。依頼する時は、以下の点を話し合って下さい。

 

・最適なファイル形式

・ファイルを保存する時、DPIはいくつにするか

・ブリードとトリムをどうするか

 

最後に、デザインを成功させる為には、マーケティングと他業種のデザインを見て学んで下さい。

おすすめ新着記事

おすすめタグ