デザイン

デザイン

【画像で分かりやすい】ARを使用したアプリの例をご紹介

163 views

読了時間 : 約3分29秒

拡張現実(AR)は、現実の世界を文章やグラフィックのオブジェクトで補うものです。この記事では、ARの革命やインスピレーションをご紹介します。下記でご紹介するコンセプトはすべて同じものがあります。ユーザーに本当の価値を届けています。ルーティンワークを簡潔にしたり、新しいエクスペリエンスを作成したりします。

 

ノート:ARと同時にMAR(モバイルAR)やARコンセプトについても追求していきたいと思います。

 

1、空港や機内で

フライト前に

「手荷物制限はどれくらい?」と考えることはとても一般的でしょう。下記のARアプリのコンセプトは手荷物を簡単に測ることができます。

 

飛行中に

AR飛行中エクスペリエンスのコンセプトは、簡単に場所がわかることです。今どこを飛んでいるか簡単にわかることもできます。

注意:今回の記事のほかのコンセプトと違い、こちらは本当のアプリでこちらからダウンロードし使うことができます。

 

飛行後

新しい国に飛行機がつきました。飛行機を出て、どこへ行くか知りたくないですか?こちらのコンセプトは、ARマップを提供し、この問題を解決しています。そのアプリは、タクシーやバススポットを探すことを助けてくれます。そして歩いている間にも有益な情報を教えてくださいます。

 

2、ARを使ってショッピング

オンラインeコマースは大きなマーケットとなっています。2018年には、世界中で推定17億9000万人が商品をオンラインで購入し、2018年のホリデーシーズンでは全購入のほぼ40%がスマホで行われました。そのため、モバイルユーザーのためにすぐれたショッピングサイトを作成することは重要です。

 

アイテムを検索するShazamのようなもの

音楽を聞いてアーティストを知りたい時は、Shazamを使います。しかし、好きな商品を見た時も、誰が作ったのか気になります。製造元がわかっていても、商品を検索する必要があります。

 

古い検索ボックスで検索する代わりに、デバイスのカメラでショッピングをより簡単にします。下記のARアプリは、カメラからの画像をリアルタイムでスキャンし、オンラインでアイテムを見つけることができます。

 

 

バーチャル試着

気に入った商品を見つける時に人々がよくすることは何でしょうか?それは試着です。試着は、アパレルやファッション商品(グラサンなど)に特に重要です。なぜなら、人々はどの商品が自分に合うのか知りたいからです。

試着は、オンラインユーザーだけでなく、実際の店舗にも使えます。この解決策は2つの利点があります。

  • ユーザーはアプリをインストールする必要がなく、商品を試せる
  • ARを使用すると、実際の試着時間を大幅に削減できる。ミラーに立って、いろんな種類を試すだけで大丈夫です。

バーチャル試着はすべての美容品に平等に作用します。MACの化粧品は最近、ARミラーを導入しました。すべてのユーザーは、ミラーの前に立ち、MACのコスメを試すことができます。

 

3、より良い教育システム

教育の機会は無数にあります。学習のプロセスを改善できるいくつかのサンプルをご紹介します。

 

人体を学ぶ

人間の体を本で学ぶことは少し退屈ですね。写真を見て、現実ではどのようなのかイメージすることができません。ARを使うとよりよくできます。下記は、Anatomicというコンセプトです。こちらを使用すると、人体の詳細を見ることができます。

 

紙のマニュアルはいらなくなる

商品使用前の説明書を読むことが好きな人はいませんよね。商品の説明を学ぶために商品を購入したのではありません。ARは、現実世界に効果的なガイドを提供します。ARは、最初からどのように作用するかガイドしてくれます。

 

4、ARレンズを使用して写真を撮る

写真を撮ることは、モバイルユーザーにとって最も普遍的な行動の一つです。ユーザーがモバイルデバイスからARグラスに変更すると、写真を撮るプロセスは進化します。ARアプリは目の錯覚とジェスチャーを使います。

 

5、顔認証

顔認証は、様々な目的で多くの業界で使用されています。セキュリティ、ヘルスケア。エンターテインメントなど多数あります。私たちの多くは、日常的に顔認証を使用しています。(例えばスマホのロック解除)

 

しかしながら、ARと顔認証を一緒に使用すると、まったく異なるレベルのモバイルアプリを作成できます。例えば、ARやAIを一緒に使用することができ、カメラからの人間の顔の画像と実際の人物に関する情報を一致させることができます。

 

このテクノロジーがユーザーにどのようにメリットを与えるのかのアイディアをご紹介します。

 

  • 正しい人物を簡単に認識できます。大きなスポーツイベントに参加するときをイメージしてみてください。主催者に会いたいですが、何百人もいる中からどうやって判断しますか?特に普段とは異なる場合。ARが助けになるでしょう。モバイルカメラを人に向けると名前がわかります。

 

 

  • あなたの顔はプロフィールです。あなたの顔がプロフィールになると全く新しいレベルのSNSが作成できます。ユーザーは顔をスキャンして個人情報を追加します。

 

注意:顔認証はプライバシーの問題があります。「顔認証はプライバシー保護法に違反するのか」という質問に対する回答はまだ出ていません。

 

6、顔追跡を使用し高度なパーソナライゼーション

過去の行動だけでなく、現在の気分に基づいてユーザーに提供するコンテンツを調整できるとしたらどうでしょう?感情的に知的なアプリを作成することです。例えば、ニュースアプリでは、記事を読みながら自分の好きなこと嫌いなことを理解し、ユーザーの表情を追跡し、よりパーソナライズされたコンテンツを配信できます。

 

ARデザイナーや開発者に役立つソース

ARに関するソースを作成し集めてきました。このコレクションは毎日更新されています。

 

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ