デザイン

デザイン

PR

UXリサーチへの旅

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、A Journey to UX Research
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

529 views

読了時間 : 約7分19秒

2018年に、私の役職が正式にUX Researcherに変わりました。 そして、私は過去5年間に多くのことを反映してきました。新年を迎えたとき、私の旅を分かち合うことができ、他の人と同じくらい良い時間だったと思いました。

 

母が最もよく知っています

私が13歳の時、私の母は私に言ったあなたが人々に対して皮肉であることをやめなければ、あなたは友達を持つことはできないでしょう。これは彼女が言うところの言い方で、私が人に対して親切にさえしていれば、友達は遠くには行かないでしょう。 私は皮肉さをなくすことはできなかったが、私は彼女の言葉をいつも心に留めた。

 

親切さは共感と共に、私の人生で最も重要なことの一つです。 私がどのように私が葛藤するか、どのように私の愛する人と対話するか、そして最終的に私が私のキャリアをどのように選んだかを形作ります。 私はこれを共有しているので、あなたは私が世界を見るレンズを理解することができます。

 

初めに:私は開発者でしょうか?

「インターンシップ」

私は高校でコンピュータサイエンスを学び、それを崇拝しました。 そして、大学での最初の数年間を通して、私は夏休みに、仕事をする方法を見つけました(私は彼らをインターンシップと呼ぶのが好きでした)そこで私はコーディングを探り続け、そして私自身にウェブ開発を教えることができました。 主にITの仕事で、HTML、JavaScript、およびCSSを使用してプレイするのに、多くの時間がありました。

 

工学部が吸う

私は産業およびシステム工学の学士号を持っています(私の母、Sueに感謝します)。 私は自分の学位を非常に誇りに思っていますが、私は工学部が私を吸い取っていると感じた最初の一人です。 私は大好きなクラスをたくさん取り、嫌いなクラスをたくさん取りました。 そして私の後年に、私はパニックになりました。

 

私は、彼らが私たちに教えていることを愛するつもりはないことを恐れていました。 鋼つま先のブーツのビジョンが私の頭の中で踊っていました。

 

 

.NET DeveloperからUX Designerまで

パニックの最中に、私はソフトウェア工学のインターンシップを申請しました。資格がないと言っても過言ではありません。しかし、私はコーディングがどれだけ好きか、学ぶことがどれほど好きか、そして人々のために機能するものを作りたいと思ったことについて、際限なく話しました。チャンスを得ることができ、私は夏の間中.NETを学び、Webベースの年金システムに貢献しました。

 

私は、フロントエンドにデザインパターンとスタイルガイドを紹介するために、UXデザイナーAndreaと密接に協力しました。彼女はUXに非常に熱心で、私たちが構築していたものには単なるクリーンなコード以上のものがあることを私に教えてくれました。それは、ユーザーを理解し、それらを念頭に置いて設計することでした。大学を卒業してから数年間、.NET開発者として過ごしました。私はしっかりした開発者でしたが、自分の情熱が本当にあるものを見つけるのにも苦労しました。私はそれがバックエンド開発ではないことを知っていました。

 

私はUXデザインについてもっと学ぶ機会を探りました。総会のUXデザインコースを受講し、そのプロセスに夢中になりました。ユーザーのニーズを理解し、それらに共感し、彼らの生活を変える可能性のあるソフトウェアを作成するのです。私はもっ​​とフロントエンドやデザイン重視のプロジェクトに移行するように依頼しました。

 

中間地点:私はUXデザイナーでしょうか?

他のプロジェクトへの移行は、必ずしも迅速なプロセスではありませんでした。 私は、デザインが未熟で十分ではない、経験やポートフォリオなどが足りないと、何度も言われました。どれも私が経験していた詐欺症候群には役立ちませんでした。これが私が追求したいと思っていたキャリアであることを私は知っていましたが、私の経験はこれまで十分ではありませんでした。

 

練習、練習、練習

この新しい道への献身を証明しようとして、私はデザインの役割にこだわらず、もっと経験を積むために何でも試みました。私は会議や会議に出席し、できるだけ多くのことを読み、そしてほとんどを練習しました。

 

私は開発者であることから撤退し、私のUXスキルの向上のために、複数の内部およびサイドプロジェクトに取り組み始めました。

 

これらのサイドプロジェクトに取り組むことで、私はUXデザインのあらゆる分野を探索し、どれが最も共鳴しているかを見ることができました。最後に、私はヒューマンファクターとHCIの大学で私が愛したコースを思い出しました。

 

4つのプロジェクトの過程で、私はいくつかのことを学びました。

・私のビジュアルデザインのスキルは平凡であること
・それらが何を意味するのか誰にも言われない
・ユーザーリサーチは、時間(そしてお金)を節約する最も簡単な方法であること

 

最終的に、私はフルスタック開発者 – 慰め賞として – 、強力な設計チームとプロジェクトを行いましたが、。私はそれを止めさせませんでした。私はデザインを含むあらゆるものと接触しました。使いやすさを探索し、デザインの批評に注目し、できるだけ多くのデザイナーの頭脳を選びました。ユーザー、デザイン、そして開発の間のフィードバックループを閉じることに最も興味を持って成長しました。私はすべての背後にある理由を理解したいと思いました。

 

 

新しい機会

最終的に、私がキャリアを始めた会社によって与えられた機会を追い越しました。

 

私は2017年9月にUXエンジニアとしてMariana Tekに入社し、膨大なアプリケーションのスタイリングを担当する2人のチームに所属しました。 これは私がデザイナーでもフロントエンド開発者でもなかったことを意味します。 しかし、インタビューの間に、彼らがユーザーリサーチ活動に対してどの程度オープンであるかについて長々と尋ねました。彼らがユーザーの利益になる可能性があるUXのあらゆる分野を探求することに興味を持っていることを願っていました。

 

翼にする

私はUXの研究を業界にもたらす機会を得たので、それを切実に実行に移したいと思っていました。そして幸いなことに、私は信頼してくれたマネージャーがいました。数ヶ月以内に、プラットフォーム全体のユーザビリティテストを作成し始めました。

 

たくさんの人に、私たちと一緒にテストできるのか、そして連絡先をもらうことができるかどうかを尋ねました。私はユーザーを連れて来ましたし、またカナダで潜在的ユーザーとビデオチャットもし、私が扱うことができなかった製品への質問に答えてもらい、多くのプッシュバックを得ました。

 

私の会社は、私が見込み客に間違ったことを言っていなかったことをどのように知っていたのでしょうか?私が会社に従っていた基準は何でしょう?だれかが私を見張っていたのでしょうか?

 

答えは次のとおりです。それを翼にしていました。私は前回の仕事で観察したことから学んだことを取り入れ、行動に移しました。私は百万の間違いを犯しました。たくさんの変な会話をしました。ユーザーリサーチに多くの時間を費やしました。ドキュメントとテンプレート、そしてハウツーガイドを書きました。

 

同僚から私たちの製品、ビジネス、デザインについて学びました。しかし、ほとんどの場合、私は練習しました。そして私達全員はたくさん学びました。やがて、私の同僚は働き始めました。彼らは研究セッションについて尋ね、システムの特定の部分について「研究はどこにあるのか」と疑問を挙げました。

 

実際のユーザーからのフィードバックを得ることで、私たちがしていたことはより現実的になりました。私たちの決断とクライアントへの敬意は、ビジネスと顧客に影響を与えました。私たちが彼らのために正しいことをしているということを知っていること(私たちが実際に尋ねたので)は素晴らしいと感じました。

 

 

そして今:UXリサーチ、チームオブワン

誰が私にこのフルタイムをさせたのでしょうか?

振り返ってみると、それはUXリサーチを組織に紹介するための最も効果的で効率的な方法ではありませんでした。 しかし結果的にはうまくいきました。 私の会社はセールスからカスタマーサポートまで総合的でした。 私は2018年3月から、フルタイムでユーザーリサーチに取り組み始めました。

 

そして私達は改善しました。

 

私は自分の研究セッションを整理するのに役立つツールを見つけました、それから、非常にたくさん、より良いものを見つけました。あまりにたくさんだったので、同じ日に方法をなくしたり見つけたりしていました。  しかし、100%すべてをやっていなかったとしても、少なくともユーザーと話をしていることを私は知っていました。 私は新しい研究方法を紹介し、ガイドラインを作成し、そして私たちの製品チームをユーザー優先として固めました。

 

私たちが今いるところ

今日、私の名刺タイトルはUX Researcherであり、物事がずっとスムーズに進むようになりました。 会社のすべての分野、採用計画、参加者の増え続けるデータベースによって供給された研究リポジトリを持っていますし、そして成長し変化する研究ガイドに従っています。 私は2つのチームをサポートしていますし、やることが不足することはありません。 そして学び続けています。 それが私のお気に入りです。

 

私たちが1年前にどこにいたのかを覚えていて、どれだけ遠くまで来たのかを見るのは、とても有望だと思います。 それは無秩序ではありません。

 

私は、SaaS企業におけるUXリサーチの意味と最も効果的な方法について、多くの時間を費やしてきました。 これらはすべて価値があります。 教室ではなく現場でこれらの経験を持つことで、ユーザーリサーチの直接的な影響を見ることができました。 今後は、私たちのために働くものを改善し、それ自身を実行するシステムを作ることに集中したいと思います。

 

UXリサーチへの道を探していますか?

ここに私の旅の途中で役に立ったことをいくつか挙げます。

 

自分が愛した開発ライフサイクルの一部を見つける

・私はバックエンドから先に向かって仕事をしました、そしてそのことが私を熟練した研究者にしたのだと思います。 私は自分が気に入った製品開発の部分を掘り下げ、すべてのボックスを細かくチェックしました。

 

クライアントサイトでどのような機会が与えられたかにかかわらず、自分の情熱を実践する

・私がクライアントのために仕事をする機会を与えられていなかったとしても、サイドプロジェクトでオーキングすることが、私のUXスキルを磨くのを助けました。 それは自身の向上にも繋がりましたし、私が実際にできるスキルを担当者に証明することができました。

 

できるだけ多くを学ぶ

・UXの設計と研究に関するあらゆる本を読むことは、私にとって非常に役に立ちました。 それは私が学校で学んだいくつかの概念を新しくし、そして私に新しいことを教えました。

 

やっているだけ。 何かを始めるためのイニシアチブをとる

・マリアナで私がしたサポートと信頼を受けることができてラッキーでした、しかし私が尋ねたことに対し、「はい」としか言われませんでした。 組織内でUXリサーチの必要性があると思われる場合は、イニシアチブを取ってください。 参加者がどのように関わっているのか、そして参加者がどのように製品を改善しているのかをチームに示しましょう。

 

研究の利益を他の人と共有する

・同僚を研究に関与させ続けることが最も重要でした。 UXリサーチはチームの努力です。 チームが研究について学び、それに参加し、そしてそれから得られる利益を見ることで、あなたが自身の努力を投資していると感じるようになります。

 

全社に研究を埋め込む

・研究がチームの努力と表現されるとき、製品開発チームを意味するだけではありません。 セールス、カスタマーサポート、ステークホルダー、みんな。 研究の文化を創造することは、すべての従業員に共感を与え、私たちは常にユーザーの心を念頭に置いて製品を創造することを確実にします。 みんなが関わっているとき、それが普通になるので、あなたへの反論は減ることでしょう。

 

これはUXリサーチにおける私の旅の始まりに過ぎません。 私は学ぶべきことがもっとたくさんあり、練習するべきことがもっとたくさんあります。

 

2018年は私が自分のスキルを磨いたUXリサーチを、私の会社に紹介した年でした。 2019年に、私はMariana Tekに研究努力を集中させたいと思っています。そうすれば、私はより少ない時間をドキュメントの作成と整理に費やし、より多くの時間をユーザーと話すことに費やすことができます。 私たちは成功のために準備を進めているのだと信じています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ