デザイン

デザイン

PR

簡単にWordPress プラグインを編集する方法まとめ

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、Simple Ways to Customize WordPress Plugins
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

1,192 views

読了時間 : 約4分25秒

WordPressは、あなたにとって必要な機能的なプラグインを提供します。しかし必ずいつも見つかるとは限りません。それに加えて、ある特定のプラグインを使い追加で機能を作成しないといけない状況だってあるでしょう。

 

既存のWordPressプラグインの編集や拡張をしなければならない時の主な例を上げましょう。CMSはカスタム性の高いウェブサイトを作れるというとても格好いい一面があります。既にウェブサイトに使われているプラグインをもっと機能的で有能的なものにし使いやすいものにすることができます。

 

プロの開発者が使っているワザのように聞こえますが、プラグインをカスタムするのに博士号は必要ありません。

 

基礎レベルのPHP、HTML、CSSの知識があれば、あなたが求める効能で特徴的なものが出来上がるでしょう。

 

それでは、誰でも使え拡張できるプラグインの選び方を見ていきましょう。

 

 

適切なプラグインを見つける

 

これが最も重要な第一ステップです。「プラグインを選ぶこと。」もちろん、有効的なプラグインは何十、何千とあり、その中から何でも1つチョイスすることができます。そして心に決めているプラグインが既にあることでしょう。しかし機能の追加に何か戸惑ってしまったなら、そのチョイスは考え直したほうがいいでしょう。

 

実際、カスタマイズしようとしているプラグインはウェブサイトで大きな役割を果たします。例えば、電子取引に使われるプラグインであるWooCommerceはオンラインストアの主要部分を占めています。たくさんのイベントを開催する組織がカレンダープラグインを大いに頼っているように。

 

そのプラグインで何ができるかを考えないでチョイスするのは長い目でみると致命的な結果をもたらします。プラグインを探す際の注意すべき点は以下の4点です。

 

・製作者によって常に正常な状態に保つことができる。

・関連する市場において十分なユーザーベースがある。

・バグ修正の実績があり、要求に的確に対応しているか。

・少なくとも必要とする機能や特徴を提供しているか。

 

よいプラグインの特徴はこれだけではないものの、この4つをおさえておけばとりあえずは問題ないでしょう。例えばその他にはhooksというプラグインの図書館では様々な機能を使わせてくれるでしょう。必要事項ではありませんが、間違いなく大いに編集プロセスの役に立つでしょう。

 

プラグインを選んだら、何を追加したいかを考える時間です。

 

 

ポテンシャルのあるアドオンを探索する

 

あなたのスキルと想像ではプラグインの編集で作れるものは限られてきます。Gravity Forms や Advanced Custom Fieldsのようなプラグインのために作れた素晴らしいアドオンを思い出してみてください。これが既にある素晴らしいアドオンがもっと便利にしてくれることの証明です。

 

下記がそのアイデアを実用可能にしてくれる方法です。

 

 

日時の表記方法を追加する

 

お気に入りプラグインには既存の機能ではウェブサイトが提供する全ての関連した日付表記がないかもしれません。しかしWordPress custom fields(前記したAdvanced Custom Fieldsのようにプラグインと一緒に作られたもの)を使えば好きな日付表記を追加できます。

 

例えばカレンダープラグイン。ウェブサイトであなたは集会情報を投稿するためにこれを使ったとしましょう。その外ではアジャンダやドキュメントをユーザーと共有するためにリンクを追加できないかもしれません。

 

イベントの内容にこれらのアイテムを手作業で追加することもできますが、メンテナンスの観点から簡単にする必要もありません。そのかわりもっと簡単なプロセスを作ればいいのです。

 

この場合、統一されたイベントは使いやすさという心遣いが莫大なインパクトをもたらします。ウェブサイトの始めにも終わりにも一貫性があります。終わり部分は維持するのは簡単で、ユーザーが重要な情報を見つけやすいスタイルにできます。

 

 

 

プラグインアウトプットを変更する

 

プラグインに日付表記方法を追加しようとすると、デフォルトアウトプットを変更しなければならないかもしれません。この場合2つの可能性があります。

 

ウェブサイトに適切ではない

 

時々、プラグインに使用された言語や用語がウェブサイトに合わないときがあります。例えばWooCommerceを使ってオンライン寄付をする場合(しかし商品は売らない。)カートの語術がユーザーには困惑するような表記になります。

 

既存設定のままでは、WooCommerceは売られているもの全てを「商品」と表記してしまいます。通常のオンラインストアでは問題ありませんが、この場合は違います。ありがたいことにこれを回避する方法があります。

 

WordPressのgettextというフィルターを使えば、「商品」という表記と似たような表記を全て「寄付」と適切な表記に変更することが可能です。

 

 

特定の場合にのみ日付表記を変更または追加する

 

ウェブサイトにはユーザーにとって必要な情報が少しだけ載っている場合があります。それでも特定された時間に関連しているのです。

またWooCommerceの話ですが、ある特定のカテゴリーの全ての商品に対して重要な情報を表示しなければいけないとしましょう。もう一度いいますが、目的は効率化を図り、全ての商品に手作業でこのメッセージを追加しないですむようにすることです。

 

簡単なプラグラムとプラグインがこれを可能にします。WooCommerceファンクションのis_product() とWordPressのファンクションhas_term()を繋げ、特定のカテゴリーの商品にだけ重要なメッセージを付け加えることができます。

 

 

 

他のプラグインと特徴を繋げ合わす

 

この場合、プラグインが出来る全てもしくは一部の機能を他のものと繋げ合わすことになります。「シンプル」という言葉の範囲からかけ離れているように聞こえますが、これがいいポイントです。何をしたいかによりますが、想像するより簡単なことなのです。いくつかアイデアを紹介しましょう。

 

・スライダープラグインを使いベストセラー商品を大々的にWooCommerceストアに表示させる。

・ユーザーがオンライン授業を終えたあとに商品を購入するページを表示させる。

・1ヶ月以上ウェブサイトのメンバーとして会員登録しているユーザーのアカウントページからデータを算出する。

 

これらのコンビネーションはプラグインの特徴またはWordPressそのものを使えば実現可能です。プラグラムコードを使えば少しの想像と意志がさえあれば実現可能でしょう。この記事を読めばヒントとノウハウを得られることでしょう。

 

 

 

その他のカスタマイズされたWordPressウェブサイト

 

良いウェブサイトを作るのはただ大きくしたり機能性を高めるという問題だけではありません。良いウェブサイトを2つに詳細を分けることもよくあるのです。

 

 

WordPressは大抵の場合、大いに役に立ちます。作成からランニングアップまでの骨組みも提供してくれます。

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ