デザイン

デザイン

WordPressを自由にカスタマイズするためのテーマジェネレーター20選 無料版も多数あり

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、20 Best WordPress Theme Generators | Free and Paid
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

613 views

読了時間 : 約7分6秒

WordPressはカスタマイズ性の高いプラットフォームのひとつで、テーマやプラグインを自分のニーズに合わせてカスタマイズすることができます。そのためには、プログラミングの知識が必要になります。しかし誰もがコーダーではありません。そのため、インターネット上には何百ものテーマジェネレーターやフレームワークが存在しています。

 

初心者だけでなく、プロのデベロッパーもテーマジェネレーターやフレームワークを使ったアプローチに移行しています。それは将来的な作業量を減らすだけではなく、わずかな修正を加えて定期的に新しいテーマを作るための強力な基盤となるからです。

 

全てのテーマジェネレーターを試してみる必要はありません。実際のところ、世の中にあるフレームワークのほとんどは、ゴミパック以外の何物でもありません。そのようなテーマジェネレーターは、あなたの時間を無駄にするだけで何か新しい発見に導いてはくれません。

 

価値のあるツールを選択すれば、デザインをより魅力的に見せるだけでなくブランド価値も高めることができます。そこで今回は美しいWordPressテーマをデザインするのに役立つ、最適なWordPressテーマジェネレーターとフレームワークをいくつかご紹介します。

 

WPTheme Generator

料金:$29~ 無料版もあり

WPTheme GeneratorはHTML/CSSとWordPressのテーマジェネレーターで、アートからコーポレート、ミニマリストからマキシマリストなど、さまざまなテーマを構築することができます。はじめに、300以上のデザイン済みレスポンシブテーマと1000以上のデザイン済みエレメントにアクセスすることができます。

 

編集したり、組み合わせたり、レイアウトの位置を変えたりと、自由自在です。作業が終わったら、テーマを保存してください。フル機能を備えたフレームワークを、常に最新のWordPressバージョンに合わせて更新してくれます。

 

Wonderflux

料金:無料

Wonderfluxは洗練されたカスタムWordPressテーマを作成するために開発された、オープンソースのレスポンシブテーマフレームワークです。柔軟なレイアウトオプションとシンプルな管理オプションが統合されており、思い通りにサイトを再構成することができます。また、ほぼすべての種類のコンポーネントやコードをテーマに埋め込むことができる100以上のフックが用意されています。

 

Unyson

料金:無料

Unysonは最高のWordPressテンプレートフレームワークの機能とコンポーネントをすべて備えた無料のプラグインです。ドラッグドロップ式のページビルダーを搭載しており、WordPressのページ/ポストエディタの制約から解放され、ユニークなレイアウトを構築することができます。

 

インタラクティブな写真や動画を簡単に統合できる多数のデザイン済みスライダーとともに、スライドショーツールが用意されています。また、ウェブサイトのナビゲーションエリアをアップグレードするメガメニューツールや、コンテンツを表示するポートフォリオツールなども用意されています。

 

Themosis Framework

料金:無料

Themosisはオブジェクト開発構造を提供するカスタムWordPressスタックで、SymfonyやIlluminateのような広く使われているPHPパッケージの上に構築されたヘルパークラスがバンドルされています。このフレームワークを利用するには、ある程度のコーディングの知識が必要となります。これはデメリットかもしれませんが、このフレームワークでは、TwigエンジンやBladeエンジンといった純粋なPHPを使ってテンプレートを構築するオプションが用意されています。

 

Hybrid Core

料金:無料

Hybrid CoreはWordPressテーマフレームワークの中ではダークホース的存在です。複雑な機能を持つテーマをあまりコーディングせずに作成することができます。しかし、自分でコードを書きたくない場合は、あらかじめコード化された機能をテーマに追加することができます。

構造化データ、ページパフォーマンス、ユーザーエクスペリエンスは、ウェブサイトを定義する3つの主要な要素ですが、Hybrid Coreはそのすべてをカバーしています。

 

Theme.works

料金:$79~

Theme.worksにはデザインツールが付属しており、ヘッダー、スライドショー、ポートフォリオ、フォーム、フッターなど、さまざまなデザインを選ぶことができます。要素をドラッグ&ドロップするだけで、何百種類ものデザインの組み合わせを作ることができます(それぞれ1分以内に完成)。また、色、フォント、背景、ヘッダー画像、メニュー、タイポグラフィーなどのカスタマイズも可能です。

 

Runaway

料金:無料

RunawayはWordPressテーマの開発を容易にするための独立したフレームワーク、また子テーマジェネレータです。グループテーマオプション、ドラッグ&ドロップ、クリック&ピックコントロールを備えています。特定の機能のためのカスタム入力タイプを生成したり、ワンクリックでモジュール構造に新しい機能(エクステンション)を追加することもできます。

 

iThemes Builder

料金:$80~

iThemes Builderでは独自のレイアウトを作成することで、迅速かつ簡単にWordPressサイトを作成することができます。コンテンツ、ヘッダー、画像、ナビゲーション、サイドバー、フッターなどの要素を挿入することで、あらかじめデザインされたウェブサイトのビルディングブロックから選択することができます。またタイポグラフィ、構造、適切なカラーパレットについてのアイデアとして大量のテーマが用意されています。さらにブロックは特定のコンテンツのための特別な機能のアドオンです。

 

Cherry Framework

料金:無料

Bootstrapを採用したCherry Frameworkは、複数のWebサイトカテゴリに対応する柔軟なモジュールシステムです。他のフレームワークとは異なり不要なオプションをすべてオフにすることができるので、注意をそらすものは何もありません。オープンソースのツールで、複数のショートコードのバリエーション、静的エリアビルダー、レスポンシブデザイン、様々なサードパーティのプラグインをサポートしています。

 

Themify Flow

料金:無料

Themify Flowは、レイアウトモジュールをドロップしてオプションを設定するだけでレスポンシブテーマを作成できるフレームワークです。デザインのライブプレビューを並べて表示するスタイリングパネルを使って、サイト上のすべての要素のスタイリングを完全にコントロールすることができます。各テンプレートには、ヘッダー、サイドバー、フッターのバージョンを設定できます。

 

Gantry

料金:無料

Gantryにはパワフルでありながら使いやすいレイアウトマネージャーが搭載されており、レイアウトをコントロールすることで高い視覚効果を発揮します。レスポンシブグリッドシステムをベースにしたこの軽量フレームワークは、LESSとSCSSをサポートしています。YAMLベースの設定、オフキャンバスパネル、強力な継承機能、メガメニューのサポート、アイコンや画像、フォントの内蔵ピッカーなどの機能は特に優れています。

 

Ultimatum

料金:$55~

Ultimatumはあらゆるウィジェットをレイアウトの好きな場所にドラッグ&ドロップするだけで使用できる、柔軟なWordPressテーマビルダーです。CSSエディターではフォームに入力して設定を調整するだけで、簡単にスタイリングを定義することができます。またBootstrapにも対応しているので、テーマやモバイルウェブアプリの作成にも便利です。

 

Roots

料金:無料

RootsはWordPressの開発に関わるすべてをカバーするエンド・ツー・エンドの製品ラインナップを提供しています。3つの異なる、しかし相互に関連する製品を提供しています。そのうちのひとつ、Sageはスターターテーマで、強化された開発ツールを使ってより良いテーマをより早く作ることができます。このツールは何行かコードを書く必要があるため、デベロッパーの方のみにお勧めします。

 

Headway

料金:$89~

Headwayはシンプルなドラッグドロップ式のWordPressレイアウトビルダーで、レイアウト、カラー、フォント、タイポグラフィなど、テーマのデザインのほぼすべての要素をコントロールすることができます。このジェネレーターは初心者のためだけに作られているわけではなく、デベロッパーはライブCSSエディタを利用して子テーマやカスタムブロックタイプを作成することができます。またカスタムブロックをHeadway Marketplaceで販売することもできます。

 

Template Toaster

料金:$49~ 無料トライアルあり

TemplateToasterはカスタムウィジェットエリアのデザイン、カスタムページテンプレートのデザイン、ドラッグ&ドロップするだけで簡単にデザインをハッチすることができるキャンバスを使ったデザインなど、先進的なWordPressテーマのデザインオプションを提供しています。カラースキーム、ストックイメージ、ロック、グラフィック、メニュー、フォントは数百種類の中から選ぶことができます。こちらは無料トライアルをダウンロードしてお試しいただけます。

 

Cornerstone

料金:$39

CornerstoneはWordPressのページと投稿の両方で完璧に動作する、最も汎用性の高いページビルダーのひとつです。Cornerstoneのすべてのピクセルは、作業エリアとプレビューエリアというシンプルな二面性のあるインターフェースを作成するためにレイアウトされています。作業エリアではその場でテキストを編集したり、ほとんどすべての要素のパラメータを微調整・制御することができます。

 

PageLines

料金:$59.95~ 無料版もあり

PageLinesはWordPressサイトを最も簡単に作成・カスタマイズできるツールです。WordPressのプラグインとして提供され、コードを壊すことなくシームレスに統合することができます。レスポンシブデザインに対応し、背景、画像、フォント、サードパーティスクリプトの統合など膨大なライブラリを備えています。プレミアムバージョンでは、プロ仕様のすべての拡張機能やサポートフォーラムなど、プロフェッショナル向けのサービスにアクセスできます。

 

Genesis Framework

料金:$59.95~

Genesis Frameworkには無制限のサポートとテーマオプション、文書化されたサポートシステム、何百もの魅力的な子テーマ、そして検索エンジンに最適化されたコードが付属しています。パワーと手頃な価格のバランスがとれたフレームワークです。

 

このツールは新しい子テーマを作成して販売することができる、信頼できるプラットフォームを求めている中級者や上級者のデベロッパーにお勧めです。さらにデベロッパーの大規模なアクティブコミュニティを持っているので、行き詰まったときにはいつでもアドバイスを求めることができます。

 

Divi Builder

DiviはWordPressサイトを構築するための高速かつ直感的なフロントエンドエディタです。各要素のカスタマイズが可能で、グローバルアイテムを複数のページで同期できます。このツールには46種類のコンテンツ要素があり、ミックス、変更、統合など想像できるものは何でも作れます。新しい行や列のタイプは自動的にまとまります。20種類以上あるデザイン済みのレイアウトを使えば作業を素早く開始できます。

 

Themify Builder

料金:$39~

Themify Builderはパワフルで使いやすいWordPress用のページデザインです。ドラッグ&ドロップ式のインターフェースを使ってイメージ通りのレイアウトをデザインすることができ、ライブプレビューパネルで構築したものを並べて確認することができます。40種類以上のプロフェッショナルなデザインが用意されているので、すぐに使い始めることができます。また、レイアウトをインポートして各要素を好きなように変更することができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ