デザイン

デザイン

【Webデザイン基礎知識】色彩心理学をマーケティングに活かそう

LINE25

Line25 was built in March 2009 as a place to share web design ideas and inspiration through articles, tutorials and examples of stunning site designs.

本記事は、Decoding The Science of Colors
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

212 views

読了時間 : 約3分38秒

色彩は人の感情を操ります。消費者をひきつけ、購買意欲を高めます。色彩心理学の理論は、ギリシャの学者アリストテレスにより展開されました。

 

当初の色彩心理学の理論によると、神が天の光を通して色彩を創造したと言われていました。これは後に、アイザック・ニュートン卿とヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテによって、科学的観点から理論的に変更されました。

 

すべての購買機会において、色彩は重要な判断要素であることから、グラフィックやWebデザインにおいて色彩は、大変重要視されます。 色はブランドの個性を際立たせ、ブランドを想起させる重要な役割を果たします。例えば赤の背景に濃い色の瓶が配置されていれば、皆それを有名な飲料ブランド・コカコーラだと思うのです。

 

特定の色がブランド構築に使われる理由を考えたことはありますか? 色彩の選択には科学的裏付けがあります。 色彩心理学を理解し、色彩科学を読み解きましょう。

 

 

色彩心理学

 

色彩心理学は、行動や判断における色彩の影響を定義する研究分野の一つです。マーケティング担当者は、色彩心理学を活用し、消費者の購買行動に影響を与えます。ブランドに特定の色を使用することは、消費者の購買判断に多大な影響を与えるのです。

 

色彩が人間の行動や感情と相関関係にあることは、様々な研究により明らかになっています。ウェルズリー大学の2人の研究者、ストウトンとベリル・コーンウェイは、色彩が私たちに特定の感情を引き起こすという研究成果を発表しています。

 

色彩は私たちの視線を誘導し、何かを理解させ、行動に導きます。私たちはそれによって、何を探すべきか、何を探すべきでないかを判断しているとも言えます。色彩には、目に映るモノに意味合いを持たせる機能があります。マーケティング担当者は色彩心理学の重要性を知る必要があるのです。

 

色彩によって人々はそれまで経験した様々な出来事・文化・人間関係・そして記憶に由来した、それぞれの行動をします。しかし、さまざまな色彩に追随する人々の行動には、多くの共通点があります。ここでは色彩の心理学を学びましょう。

 

色彩のもたらす心理的影響

 

 

黄色は幸福・陽気さ・好感を象徴する色です。 黄色からは活力とエネルギーを感じられます。 精神的に最も強い影響を与えると言えるでしょう。最も見つけやすい色であることから、幼児でさえ黄色には敏感に反応します。

 

黄色は人々の信用と活気を高めるために使われます。一方この色の使い過ぎは緊張感や恐怖感を煽ることになります。 最もバランスよく人々を刺激できる、最高の色合いやトーンを選びましょう。

 

 

オレンジからは、赤と黄色の心理的効果を組み合わせた効果を得られます。例えば品質の優位性や若々しさという両方の特徴を感じられます。また、親しみやすさや守られる感じを表します。

 

オレンジは人々を動機付け、楽観的であるように促す色です。 この色はリラックス効果や楽しそうな雰囲気を与え、自己決定を視覚的に促す力を持っています。

 

 

赤は力と活力を意味します。 それは愛情・愛着・心配や恐怖心・不安・そして生存競争といった、身体的な要求を反映するために使われます。 赤は親しみやすさと権威を示しますが、断固反対の意思を表明することに使用することもできます。

 

人々の注意を即座に得たい時、赤は最も良い選択となります。 しかし注意を払って使用しなければ、極端な否定性を表すことになるのをよく理解しましょう。

 

 

緑は論理と感情のコンビネーションを象徴します。 安定や調和、正しい行動を示し、攻撃性を落ち着かせる効果を持っています。 この色は自然・平和・そしてリラックスの色でもあります。また、植物・利益・繁栄など、進歩を象徴します。

 

緑は健康と休息を促進し、ストレス解消効果が期待されます。貪欲さや過剰所有を連想させることもありますが、それでも最もポジティブな色の一つです。

 

 

青は世界で最も好かれている色の一つです。 それは信仰、信念、信頼性、そして責任を意味します。 青は落ち着きを強調し、人々の心と体をリラックスさせるのに最適な色です。

 

青い色は人々が落ち着き、ストレスフリーになることを可能にします。 人々の心理的動作に影響を与え、平和へ導く作用があります。 特にマーケティングの面では、人間関係を強化するために最良の色です。 一方でこの色を過度に使用すると、孤独や冷徹な印象を与える可能性があります。

 

 

紫は精神性と夢を強調します。 それは赤のダイナミズムと青の落ち着きを組み合わせ、物理的にも精神的にも完璧な融合に導きます。 紫は忠実・贅沢・勇気・秘密・神秘主義を表しています。

 

紫は快適さと想像力の色で、それ故に創造的な表現に使われます。 この色の過剰利用は思考に不必要な刺激を与え、気を散らすことにつながります。

 

 

白は純粋・平和・調和そして無邪気の色です。 新しい行動の始まりを想像させ、何かを始めるための自由な空間をもたらします。 白は他のすべての色の持つ性質と同等の安定性を持っています。 また、ミニマリズム、アイデア、そして安らぎも表しています。

 

この色は離別や空虚感を表現するため、使い過ぎに注意しましょう。

 

 

黒は、優位性・重要性・統制・および個性を意味します。 また、死や秘密・絶望を指し示すこともあります。 色彩を欠くこの色は、未知や分断を示します。 対比や明快さをはっきり表現できます。

 

この色は強い力を持ちますが、過度に使われた場合、活気に欠けることになります。

 

 

あなたが購買対象としている人との最良の接点を見つけるために、色彩心理学を学びましょう。 最善の方法は、あなたが最適な色を選ぶ方法を知ることができるように、あなたのブランドで色をテストすることです。 

 

最適な色の組み合わせを選択すると、購買対象を自動的に引き付けて、より多くの見込み客を顧客に変えることができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ