デザイン

デザイン

フリーランスデザイナーが心がけるべき3つのこと

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、You’ll Never Be a Design Specialist by Generalizing Your Skills
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

155 views

読了時間 : 約1分51秒

今日は物議を醸し出しそうな内容について話します。長くなりますので、自分をしっかり保ってください。フリーランスのデザイナーは新しく産業に入ってきた人たちに対し、仕事の候補者として魅力的になるようにたくさんの技術を学ぶことを推奨しています。これは、信用できる場所からきたアドバイスです。

 

しかし、一般的にデザインやコード、コピーライティング、写真、SEOなど、クライアントが欲していると思うすべてのことをやろうとする「ジェネラリスト」はスペシャリストにはどのみち劣るのです。今日は、なぜそうなのか、クライアントのために何をするべきなのかについて見ていきます。

 

いたずらに全てを追わず、一つを極めろ

全てやることはできません。そして、全てできているフリをするのは時間の無駄です。自分自身の能力に正直になり、得意なことをやり遂げる必要があります。マルチタスクはパフォーマンス能力を下げます。仕事が見つかりやすくなるかもしれません。でも、もし今何をしているのかがはっきりわからないようであれば解雇されてしまいます。

 

例えば、ビジュアルデザインとコードをできる人は稀です。言うまでもなくコピーライティングやフォトグラフィーもマスターに何年もかかる技術が入ります。普通は、精度にわかりやすい差が出てきます。

 

人気の考えではありますが、マルチタスクは生産性とキャリアのどちらも傷つけるのです。もし、あなたの手がストーブの上の鍋で一杯なら、たった一つの競争相手より先に進んだ何かに集中することができなくなります。

 

しかし、一つのことでの何年もの経験にクライアントは安心することが多いです。

 

もし完璧じゃなくでも隠さなくて良い

たくさんの人は、技術がビジネスを保つだけないと思っています。しかし、これは無意味です。(例外については後で言及します。)馬鹿げているように思え、誰も見向きをしていないような製品やサービスの一つ一つは100万ドルのビジネスにつながります。

 

ある種類の豆袋の椅子、航海の曲だけ入ったアルバム、マルティーニのために特化したオリーブ。これらのアイデアはたくさんの利益を生み出し、オーナーを大金持ちにしました。

 

特定のあなたの完璧に最高の特別な何かを人々は探しています。例えば映画「コララインとボタンの魔女」では、映画のため、小さなセーターを編んでいる女性を雇いました。それだけです。それだけのために雇われ、彼女がしたことはそれだけです。

 

もし、きちんと小さなセーターを編むことができれば、デザインの世界で生きていくことができます。

あまり特別にならないこと

最後に、今まで言ったことと矛盾するようなことを言います。特化しすぎないように気をつけてください。あまりにも狭すぎるとあなたのフリーランスビジネスを成長させることができません。

 

スキルが必要でなくなるとスペシャリストは消えます。野生で突然の病気により食料が消えるように、専門スキルがいらなくなることがあります。

 

そのため、変わりやすい方法や技術ではなく、確実に消えないようなアピールをするように心がけましょう。

(例:コピーライティングを技術社会に特化したほうがFacebookの広告に特化するより良い。)

おすすめ新着記事

おすすめタグ