デザイン

デザイン

グラフィックデザインにおける新ミニマリズムとは?トレンドを理解する

LINE25

Line25 was built in March 2009 as a place to share web design ideas and inspiration through articles, tutorials and examples of stunning site designs.

本記事は、Understanding Neo Minimalism in Graphic Design
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

662 views

読了時間 : 約6分48秒

ミニマリズムは時代を超えて使われるデザインである。なるべくシンプルなデザインと、より多くを伝えられるような配置が特徴である。

 

ミニマリズムはマキシマリストのデザインよりも簡単だと思われがちだ。マキシマリズムの方がずっと複雑に見えるからである。しかし、実際のところ、ブランドのメッセージを最小限の要素で表現することはかなり難しい。

 

ミニマリズムは最近流行っており、ムーブメントが起きたり、デザインに取り入れられたりするようになってきている。新ミニマリズムは伝統的なミニマリズムから発展し、次のステージへと進んだものである。より要素を減らし、空白を有効活用しながらも、そのデザインの魅力は残し、見る人の心を惹きつけるフォントや色を使っている。

 

新ミニマリズムが人気となった理由は、シンプルな方がより哲学的であるという考えが広まったからである。つまり、全てを伝えるよりもより効果的に伝えるということ、量よりも質である。コツは最小限の要素でいかに創造性を発揮するかである。

 

マキシマリズムの限界

 

複雑なデザインやマキシマリズムのデザインは息苦しくなりうる。要素が所狭しと並んでいると息をつくスペースがなくなってしまうのだ。見るものは圧倒され疲れてしまうことがある。注視するポイントが多く、全体像を見失ってしまうかもしれない。デザインは良くても、要素要素に気を取られると真のメッセージを伝えることが難しくなってしまう恐れがある。

 

ミニマリストのデザインの方が覚えられやすい。宗教のシンボルは信者がいつでもどこにいても思い出せるように、大体1つの文字かイラストでできている。

比べて複雑なデザインは憶えるのが難しい。ブランドイメージも同じで、出来る限り最小限の要素と、空白でできている方が思い出されやすい。

 

ミニマリズムの方法論を理解し、マキシマリズムの限界を議論したところで、新ミニマリズムをデザインにどう取り入れていくか考えてみよう。

 

1.クリエイティブなフォントの使用と注意点

 

 

新ミニマリズムはなるべく要素を少なくするというコンセプトであるため、要素が凝縮された魅力的なものである必要がある。ただその際に読みにくくなることは避けなければならない。

 

デザイナーが新ミニマリズムをデザインに取り入れることはよくあるが、時に創造性を追い求めるあまり読みにくくなってしまうことがある。こうなるとデザインが分かりづらくなってしまうため、クリエイティビティと読みやすさのバランスをとる必要がある。

 

3種類以上のフォントを1つのデザインに使うことは避けた方が良い。

 

2.メッセージ性の強いイメージの使用

 

 

強いイメージは新ミニマリズムを有効的に使うために重要である。そこに見る人の注意が集中するからだ。

 

バランス、対称性、コントラスト、空白に注意しながら使いたいイメージを選べば良い。注視するポイントを中心に置いても、タイトルや製品の名前などを横に添えることでバランスがとれる。こうすることでデザインは押しつけがましくならない。見る人は、最初に何をするのかを想像し、次に実際にどうしたら良いのかを横に添えられた文章で理解しようとする。

 

こうした流れにより、製品やサービスとブランドが紐付けられていく。

 

3.シンプルな色の使用

 

 

デザインの技術として最小限の要素に留める必要があるが、デザインのスタイルに関しても同様である。

 

グラデーションを使おうとすると、トゥーマッチなデザインになったり、煩雑になったりしてしまうため、シンプルな色を使うことをお勧めする。一般的には2~3色に限った方が良いと言われている。2色の方が興味をひきやすく、ポップなイメージになりやすい。

 

色は見る人の直感や感情に訴え、製品イメージに直結しやすい。限られた色を使うことで、デザイン全体のインパクトを強調できる。こうすることにより、何かをしなければならないという気持ちにさせることができる。色によって異なるが、寄付しなければいけない、すぐに取り掛からねば、買わないと、申し込まないと、などの行動へと駆り出させる力があるのだ。

 

4.バランス

 

 

バランスの取れた配置は重要だ。大きさや重要性が異なる各要素を出来るだけ少ない数使う。使える要素は限られているため、各要素がお互いを打ち消さないよう気を配る必要がある。空白をうまく使って、全体がバランスよく見えるよう整えよう。

 

5.フラットなデザイン

 

 

デザインは様々な流行を経てきた。多くのデザイナーはよりリアルに見せるために複雑でリアルな写真のような要素を使ってきた。3Dの手法がそのようなデザインに使われてきた。しかし最近はフラットでよりシンプルなデザインに回帰する流れがあり、特にミニマリズムや新ミニマリズムにはそのような傾向が見られる。2Dのビジュアルをうまく使うことでデザインはよりシンプルに、より多くの人々を惹きつけることができる。

 

新ミニマリズムの応用

 

1.ロゴとデザイン

 

 

デザインがシンプルであればあるほど記憶に残りやすくなる。新ミニマリズムは人々の目を引き、記憶に残すのためにベストな手法だ。新ミニマリズムによるロゴデザインのためにデザイナーはよく幾何学的な形を使う。我々はこの形に子供の頃から慣れ親しんでいるために分かりやすく記憶に残りやすい。四角、円、長方形、三角等の形はバランスがとりやすく、デザインのポイント作りに役立つ。

 

幾何学的な形に加えて、平面的なモノラインレタリングを使っても良い。有名なブランドの多くがミニマリズムをベースとしたデザインをロゴに使っている。例えばマクドナルドの「M」という文字はロゴをブランドと結びつけやすい。黄色という色もこのブランドの象徴だ。大企業だけでなく規模が小さい企業においても新ミニマリズムのデザインはコスパが良く効率的でもある。

 

2.ウェブサイト

 

どんなウェブサイトのデザインでも最も優先すべきはビジターに価値を提供することだ。時間の無駄だったと思わせたり困惑させたりすることなくナビゲートしなければならない。誠実なビジネスと無駄を省くという概念がミニマリズムの重要な特徴だ。シンプルで効果的なUIにするために、知っておくべきミニマリズムのデザインの原則がある。

 

まず、余白を活用しよう。余白は二つの要素の間に存在するが、UXの向上につながり、ビジターをウェブサイトの内容と製品に集中させることができる。

 

明るい色を新ミニマリズムのデザインに採用するには少しコツがいる。カラフルにし過ぎて背景がうるさくならないように気を付けながら、鮮やかな色の魅力を十分に引き出せるようにする必要がある。ロートーンで暗い色合いのものと一緒に鮮やかな色を使用するというのがコツだ。

 

次に、大胆で美しいフォントを使おう。分かりやすく読みやすいフォントであったらどんなものでも良い。ユーザーの注意を引くものであるべきだ。新ミニマリズムにおけるウェブサイトのデザインでは、画像やアニメーションがなくてもフォントがそれを補う役割を持つ。

 

フォントには重要な内容とあまり重要ではないものを見る人に示す役割もある。新ミニマリズムにおいては「Sans-serif」のフォントが一番取り入れやすいかもしれない。

 

3.パッケージのデザイン

 

 

新ミニマリズムは、見る人が注目すべきポイントを見失わないようなデザインにすることを目的としている。そのため新ミニマリズムによるパッケージデザインは、棚に並ぶ他の製品よりも目立たせることができる。

 

消費者は製品をすぐに見つけることができ、すぐに購入の意思決定ができる。時間とエネルギーを使わずに済むのだ。新ミニマリズムによって比べたり迷ったりする意思決定までの時間を減らすことができ、次のステップに進めることができる。

 

新たな顧客を惹きつけることができるということに加えて、環境にも良い影響がある。環境に良いかどうかを気にする消費者にとっても、製品とパッケージが魅力的に映る。

 

新ミニマリズムのデザインはかなりコストを抑えられるため、コストの面でもメリットがある。新ミニマリズムを採用することでブランドは経費を抑えられ、消費者にも良い影響がある。つまり、より安い価格で製品を購入することができる。Win-Winな状況が作れるというわけだ。

 

4.アイコン

 

 

スマホアプリにしろ、パソコンのアプリにしろ、アイコンはそのアプリの象徴だ。消費者がアプリをダウンロードするかしないかを最初に決めるのはアイコンと言っても良い。どれだけ魅力的なアイコンにできるかは、かなり重要である。そのため、新ミニマリズムをアイコンに取り入れようとするデザイナーはかなり多い。取り入れることにより、アイコンを見てすぐにコンセプトが分かるようになる。最小限の要素でフラットなデザインにしようとするため、自然と2Dのデザインとなる。

 

目的が比較的分かりやすい場合、デザイナーはシルエットやアウトラインしか使用しない場合が多くある。多くの人はミニマリズムをシンプルとイコールに考えているが、そうではない。ミニマリズムは意外と複雑で、細部にもこだわりがある。ミニマリズムによるアイコンはシャープで正確である必要がある。そうでなければ伝えたいメッセージが伝えられない。

 

どのように新ミニマリズムによるデザインのトレンドを使っていくかを理解したところで、今度はいつ使うか考えてみよう。

 

1.教養のある人に伝えたい時

 

新ミニマリズムはある程度は見る人を選ばない。見る人が好きなように解釈できるが、見る人を選ぶ場合もある。全ての人が好むデザインというわけではない。イメージが多ければ多いほど興味が引き立てられる人もいる。そのため万人受けするわけではない。そのため、ターゲットとする人は、ある程度ミニマリズムのコンセプトを理解している人である必要がある。

 

2.効率性を重視する人に伝えたい時

 

新ミニマリズムは時間を無駄にしたくないと思っている人にはうってつけのデザインだ。伝統的な広告の手法としてバナーや中吊り広告などがあるが、このような広告は移動している時に一瞬目をやるくらいである。ふと動作を止め、広告に何秒か注意を向けるため、多くの人々にとってはうっとうしくもなりうる。もしそのような広告がごちゃごちゃしていたら、メッセージは伝わらないだろう。新ミニマリズムはその点で取り入れる価値がある。

 

3.汎用的にデザインを使用したい時

 

スピーディで使いやすく、汎用性があるというのが新ミニマリズムの特長だ。新ミニマリズムは要素を最小限に抑えているため、別のフォーマットにも応用しやすい。ウェブサイトのデザインやグラフィックデザインでも同じだ。ロゴデザインをアパレルや店舗、アクセサリー他様々なものに転用できる。

 

4.空間に広がりを持たせたい時

 

新ミニマリズムは余白に広がりを持たせたい時に使える。デザイナーとして、どのデザインが他の要素とどう関係するか理解する必要がある。「Lightscape」の名刺が良い例だ。見る人に、黄色の線がどこまでも続いていくようなイメージを持たせる。

 

新ミニマリズムを使う際には、要素を出来る限り少なくするだけでなく、いつどこで使うかに気を配り、創造性を駆使する必要がある。新ミニマリズムによってデザインの選択肢が狭まることはない。むしろ創造性を発揮するにはうってつけのデザインだ。ミニマリズムの原則を取り入れるには、最初は少しコツがいるかもしれないが、経験していけば誰でもうまく活用していくことができるようになる。

おすすめ新着記事

おすすめタグ