デザイン

デザイン

動画で本格的な写真加工の操作方法を学ぶ プロ仕様の画像を作るPhotoshopチュートリアル40選!

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、40 Fantastic Photo Effect Tutorials with Photoshop
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

405 views

読了時間 : 約7分21秒

写真効果というものは廃れることがありません。写真をもっとかっこよく仕上げるには、ここにまとめられているチュートリアルがおすすめです。50種類の中から好きなものを選んで加工すれば、あなたも本物のロックスターになれるかもしれません!

 

有名なチルトシフト加工から水彩効果、Instagram映え、ポラロイドやビンテージ効果など、あらゆる方法を紹介しています。素敵な作品のために、ぜひ活用してみてください。

 

Photoshopの写真映え効果

 

1.Instagram画像

Instagramの“Nashville”フィルターは簡単なのでおすすめです。

 

チュートリアルを見る→

 

Create Double Exposure Effect

Adobe Photoshopで、この効果を再現してみましょう。

 

チュートリアルを見る→

 

2.ビンテージ風のポラロイド加工

古風なビンテージの雰囲気を出すことが可能です。カラーを追加してブラシで仕上げれば、あっという間に完成です。

 

チュートリアルを見る→

 

Make Glamour Skin in Adobe Photoshop

この動画を見れば、Photoshopの可能性が無限に広がります。素晴らしいデジタル作品が誕生するでしょう。

 

チュートリアルを見る→

 

3.かっこいい水彩効果

Bruno Fujii、Margot Mace、Raphaël of My Dead Pony、Stina Personなどの有名なデザイナー達はIllustratorで水彩効果を使い、実に素敵な作品を数多く生み出してきました。最近では、Photoshopで同じことが出来ます。

 

チュートリアルを見る→

 

Creative Photo Effects

これを見れば、効果の付け方やPhotoshopの知識をたくさん得ることが出来るでしょう。

 

チュートリアルを見る→

 

4.ちょっとしたInstagram風フィルターの作り方

最近流行りのInstagram風のフィルターの作り方が載っています。

 

チュートリアルを見る→

 

Nature Inspired Text Effects

パリパリとした芝生風の文字も、Photoshopで加工しています。

 

チュートリアルを見る→

 

5.Instagram風の簡単な加工方法

とても簡単なチュートリアルなので、たったの3ステップで魅力的なビンテージ風に仕上がります。

 

Create Cinemagraphs

シネマ調のうっとりするような写真の作り方を、Adobe Photoshopで学びましょう。

 

チュートリアルを見る→

 

6.人物写真のエフェクト

初心者から中級レベルの方が対象で、人物写真にぼかし加工を施す方法のチュートリアルです。

 

チュートリアルを見る→

 

Design a Sci-Fi Galaxy

銀河系SFのような画像も、Photoshopから作成可能です。

 

チュートリアルを見る→

 

7.映画のワンシーンのような加工効果

繰り返し使える効果は便利ですよね。かっこいい映画のような作品の作り方を教えてくれます。

 

チュートリアルを見る→

 

Photo Manipulation: Advanced

新たなテクニック探しの旅に出かけてみましょう。必要な技術がたくさん集まっていること間違いなしです。

 

チュートリアルを見る→

 

8.3ステップで出来る!トレンド感満載のレトロな加工技術

たった3ステップで出来る、レトロな加工技術を説明しています。もしくは、Photoshopをダウンロードすればクリック一つで同じことが出来ます。

 

チュートリアルを見る→

 

Photo Manipulation: Advanced

 

次の広告作りに活かせるチュートリアルです。

 

チュートリアルを見る→

 

9.素晴らしい水彩効果

イラストレーターScott Hansen監修による、マスクやブラシを使った水彩効果が10ステップで紹介されています。

 

チュートリアルを見る→

 

Fire Landscape

Photoshopの技術で、力強いイメージを完成させましょう。

 

チュートリアルを見る→

 

10.レンズボケフィルタを使用した被写界深度の作成

レンズボケフィルタの機能で、被写体の深度を調整することも出来ます。画像の1箇所を選択して効果が適用されます。続きはチュートリアルで確認してみましょう。

 

チュートリアルを見る→

 

Colour Film Effect

動画を見て、シネマ調の最高傑作となる一枚を完成させましょう。

 

チュートリアルを見る→

 

11.本物のガラスが割れているような加工

Photoshopのブラシ機能で、背景に対して本当にガラスが割れているかのような加工を施すことが出来ます。

 

チュートリアルを見る→

 

Advanced Retouching Techniques

Adobe Photoshopの広告にあるチュートリアル動画を参考にすれば、画像処理もマスター出来ますね。

 

チュートリアルを見る→

 

12.露出のブレンド

HDR写真を作成するには、このチュートリアルがおすすめです。一つの画像に複数の露出をブレンドすることで、カメラの性能をはるかに超えるハイダイナミックな作品に仕上がります。

 

チュートリアルを見る→

 

13.光漏れや色あせ効果を生み出すエフェクト

色あせ効果や光漏れの演出も写真に施すことが出来ます。短い動画で、インストール方法も説明されています。

 

チュートリアルを見る→

 

14.古新聞と水彩ブラシを使ったビンテージ風の加工

古新聞を背景にしたビンテージ風の水彩デザインのやり方が、ステップごとにまとまっているチュートリアルです。

 

チュートリアルを見る→

 

15.”嵐”の効果の付け方

チュートリアルを見る→

 

16.暗い色で加工した色あせ効果

青みがかかったくすんだ影で、かっこいい暗めの色あせ処理が施せます。

 

チュートリアルを見る→

 

17.色調トーンのレタッチ方法

このレタッチ方法を使えば、あなたの写真もすぐさまかっこよくなります。

 

チュートリアルを見る→

 

18.キュートなアナログ調の加工技術

光漏れや色あせ、ぼかしの雰囲気などは映画製作でよく使われる方法です。デジカメではこのような調子は出せないので、Photoshopのやり方をぜひとも習得しておきましょう。

 

チュートリアルを見る→

 

19.ビンテージ効果

近頃流行っているビンテージ効果が詳しく載っています。

 

チュートリアルを見る→

 

 

20.チュートリアル動画:PhotoshopとRetrographerで作る、HipstamaticやInstagramの加工方法

スクリーンショットよりも、動画の方が分かりやすい場合もあるでしょう。これを見て、Instagramの加工方法を学びましょう。

 

チュートリアルを見る→

 

21.カラーエフェクトを用いた写真効果

 

色の加工によって、写真の雰囲気はガラッと変わります。色彩調整のやり方が、このチュートリアルから学習出来ます。

 

チュートリアルを見る→

 

22.チュートリアル動画:コレクションを使った細かい部分の仕上げ

この動画には、ハイダイナミックな写真へと早変わりするテクニックが満載です。

 

チュートリアルを見る→

 

23.荒いフィルム画像の試作

荒っぽい調子のフィルム画像の作成に挑戦してみましょう。

 

チュートリアルを見る→

 

24.スケッチ風の人物画の加工

鉛筆で描いたような人物画を作ることが出来ます。普通のスケッチではモノクロですが、このチュートリアルではPhotoshopのオリジナルカラーで制作可能です。

 

チュートリアルを見る→

 

25.Instagramのナッシュビル風の効果の付け方

様々な色を使って、ナッシュビルの雑踏にいるかのような加工を施すことが出来ます。

 

チュートリアルを見る→

 

26.線状にぼかしていく加工方法

Photoshopを使って、特殊なぼかし効果を施すことが出来ます。画像に色をつけてピクセルを伸ばすことで、線状に色をぼかすことが出来ます。

 

チュートリアルを見る→

 

27.レンズフレア効果

ちょっとしたレンズ効果も、簡単に写真に追加出来ます。

 

チュートリアルを見る→

 

28.傾斜のついた色彩加工

傾斜マップから、画像に合わせて角度つきの色彩効果を施すことが出来ます。様々な明るさに応じて色を選ぶことも可能です。

 

チュートリアルを見る→

 

29.優しい色合いの加工

まるで魔法の国にいるような、優しい色の雰囲気をつけることが出来ます。ぼかし、わずかに差し込む日光、フィルター効果などで、魅力的な一枚が完成するでしょう。

 

チュートリアルを見る→

 

30.Dave Hillの写真効果

 

Dave HillファンへおすすめのPhotoshop効果です。

 

チュートリアルを見る→

 

31.チュートリアル動画:トイカメラで見たビンテージ風の加工

ビンテージスタイルの加工にはもってこいの動画です。

 

チュートリアルを見る→

 

32.チルトシフト効果

チルトシフト写真を作るには、こちらがぴったりです。

 

チュートリアルを見る→

 

33.イエローランボルギーニのペイント効果

チュートリアルを見る→

 

34.夕暮れ風の加工

夜中に写真を撮るのはなかなか難しいですよね。Photoshopなら、日中に撮影しても夜に撮影した写真かのような効果が付けられます。

 

チュートリアルを見る→

 

35.一部だけカラーにする効果

カラー写真を一旦モノクロにして、レイヤーマスクで一部分だけカラーが出るように加工することも可能です。

 

チュートリアルを見る→

 

36.Instagramで使える”トースター”風の加工方法

“トースター”風の加工が出来るやり方を説明しています。

 

チュートリアルを見る→

 

37.Photoshopの導入部分:ロモ効果のやり方

Photoshopの細かい手順が書いてあります。時間や手間の節約になるような便利なツールです。

 

チュートリアルを見る→

 

38.元々の写真を油絵風へ変える方法

油絵風の加工のやり方です。

 

チュートリアルを見る→

 

39.5ステップで出来る、Draganスタイルの効果の付け方

強いコントラストと独特の色合いが特徴的な、Andrzej Graganの写真を見たことはありますか?そのやり方を、ぜひ真似してみましょう。

 

チュートリアルを見る→

 

40.メイクアップ加工で、よりチャーミングな写真へ

メイクアップで雰囲気はガラッと変わります。もっと魅力的な写真に出来ますよ。

 

チュートリアルを見る→

 

41.チョコレートのような肌効果

チュートリアルを見る→

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ