デザイン

デザイン

2019年のサイバーセキュリティの動向と脅威

167 views

読了時間 : 約6分9秒

目覚ましいテクノロジーの発展は、サイバーセキュリティの専門家にとって、ハッカーへの対応に対してよりアクティブであることを求められる結果となっています。時に彼らの競争は「軍拡競争」とさえ呼ばれることがあります。脅威はより具体的なものとなり、その保護の手段は革命的なところまできているのです。ハッカーの攻撃への対抗の手段が現在も有効であり、将来的にどのような方法が編み出されるのかも窺い知ることができます。

 

 

 

会社の発展における情報分野

 

 

会社の発展における情報分野という観点は着実に存在感を大きくしています。その結果、企業はこの点で戦略の変更を余儀なくされています。このことは、企業の活動分野に関係なく、あらゆる業種に当てはまることです。例えば以下のような予算の支出項目としても表れています。

 

– 情報セキュリティシステムの実装

 

– 改善

 

たとえ一流企業のリーダーであったとしても、そのビジネスアイデアは外部の脅威に対して脆弱たりえることを理解しています。同時に、どんな分野の専門家がそこで働いていようとも、彼ら自身を守るのに十分な法務部門を備えることが難しいです。商業的価値の著しい漏洩が発生した場合、合法的な方法を用いてそれを規制することは現時点では困難といわざるを得ません。断罪し、損害の額を訴えることができますが、そのような状況は、少なくとも、何らかの会社の機能を停止させます。重要なデータの漏洩による損害は、客観的な規模で評価することは困難を極めます。つまり企業は常にサイバーセキュリティの脅威にさらされているのです。

 

 

Tadviserの専門家によると、情報セキュリティは現在独立事項とは見なされていません。それは、現代のビジネス戦略の一部とみなされるべきとしています。企業のリーダーは、情報セキュリティは1回限りのプロジェクトではないことを理解しています。これは独立したプロセスであるものの、企業の一般的な戦略・問題事項の1つです。現代のビジネスのサイバーセキュリティ関連事項には次のものが含まれ ます。

 

 

-リスクの誤算

 

– 投資

 

-特定の結果

 

 

サイバーセキュリティに関連するソリューションをタイムリーかつ正当に評価するためには、ビジネスリーダーは専門家とコミュニケーションをとる必要があります。彼ら専門化と同じ言葉(知識)で話す必要があります。潜在的な脅威と、それを防止するためのソリューションを知っておくことは重要です。企業はデジタルセキュリティ戦略を策定する必要があります。

 

 

 

ランサムウェアによるウイルスのリスク

 

 

こちらは過去数年間で現代のサイバーセキュリティ関連事項として最も深刻な脅威の1つでした。過去には、この類の悪質なプログラムによる攻撃の数は250%増加しました。これらのウイルスの被害者の中には、強力な企業だけでなく、国営企業、代表的な民間企業、一般ユーザー、さらには病院などが挙げられます。

 

 

Carbon Blackの情報によると、このような悪質なプログラムは約25,000もの数が現在までに世に送り出されています。昨年の総売上は600万ドルを超えるまでに至りました。したがって、問題の深刻さについて、プログラムは需要があるということが断言できます。

 

以前の標的はWindowsがインストールされている機器でしたが、現在はその範囲を拡大しています。LinuxおよびMacシステム搭載機器までもがウイルス攻撃の対象となり、ひいてはスマートフォンへの攻撃の事例も目立つようになってきています。

 

このようなウイルスの次の目標はモノのインターネット(IoT)にまで拡大するのではという憶測もあります。一方で、そのようなデバイスに関して重要情報はありません。防御は非常に脆弱です。専門家は、ネットワークを切断するというような脅威さえ伴う脅迫が起こりえるかもしれないと提唱し、CSOはその件についてレポートしています。

 

 

 

専門家達によると、来年中にランサムウェアウイルスの活動は高レベルに達するとされています。サイバーセキュリティの専門家はこの現象に対処するための対策を講じる必要があるのです。

 

 

 

ビッグデータおよびクラウドサービスに関するシステムの脆弱性

 

 

この点として、大企業が重要なビジネスデータをクラウドサービスに格納していることはもちろん機密事項ですが、、そのようなサービスはそれ自体がサイバー犯罪者にとって魅力的に映ると言えます。大規模なプロバイダにはサイバー攻撃に対抗するためのツールがいくつかあるといっても、小規模な地域サービスは非常に脆弱と言えます。

 

 

来年においても大規模なデータ漏洩が発生することはまず間違いないでしょう。過去のそのような事件の最も明確な例の1つとして、Equifaxの崩壊と呼ばれるものがあります。これはハッカーが1億4000万人以上の顧客の個人情報にハッキングした事例です。

 

 

情報セキュリティ専門機関のBitglassにより、「ダークネット」の個人データとともに盗まれた情報が驚くほど早く拡散するという事実が証明されました。その後においてあらゆる状況で危険性は現れる可能性があるとされています。したがって、侵入者はそのようなデータを使用するために多くの選択肢を有しています。 例:昨年前半には、個人情報を含む約600万件のレコードが盗まれました。主なハッキングとしては、それらのうちの2000以上が該当しましたが、これは、ハッキングのケースの一部に過ぎないのです。

 

 

専門家は一般ユーザーにおいてもダウンロード可能なアプリケーションにもっと関心をもつことを勧めています。彼らの算段では、過去1年間で最も深刻なデータ漏えいの80%は、ユーザーの個人データを有するアプリケーションの脆弱性が原因でした。

 

 

 

悪質なスパムリンク

 

 

多くの企業リーダーは、ハッキングシステムのプロセスを非常に単純に考えています。いつものように、重要な企業データを狙うのは攻撃者またはハッカーのグループです。しかし実際には、物事はまったく異なって見えます。 調査によれば、従業員自身の不注意により多くのハッキングを招いています。たとえば、インターネットを使用してバイラルスパムリンクを開いた結果、これらの悪質なプログラムは企業のコンピュータネットワークに侵入します。

 

問題は不注意と慎重さで、それは人的要因とも言えます。 そのような事態を避けるためには、従業員の情報リテラシーのレベルに注意を払う必要があります。個人および企業の情報セキュリティについて定期的にトレーニングや講演を行うことが求められます。IT部門をもたず、有能な専門家を招待しなければならない場合でも、そのようなコストは正当化されるべきです。

 

 

 

サイバーセキュリティの分野における人工知能の使用

 

 

いくつかの情報の脅威に対する戦いは、適時性の原則が適用されません。つまり、多くの専門家が過去の脅威(昨日の前日ではないにしても)に苦労しているのです。その結果は本来のあるべき状態ではありません。

 

アプローチを変更して状況をシミュレーションし始め、事前に対策していれば、仮説的にはより良い結果をもたらすことができるのです。専門家は、機械学習においてはリアルタイムでも脅威に対応することが可能になるとされています。その原理は、与えられたシステムが行動に特定の「規範」があるという事実に基づいています。

 

その結果、システムの脆弱性がリアルタイムに排除可能です。 局所的な狭い問題を解決するための人工知能の有効性に関わらず、このツールは理解されていません。同様に、そのさらなる発展に関連する可能性があるすべてのリスクは未知なるものです。「機械の暴動」をも伴うシナリオが今では遠くて非現実的に思える場合、多くの点で人工知能(AI)の機能のセグメントそれ自体に規制が必要といえます:法的、専門的および倫理的に 追加のパスワードを送信することによるもの。

 

 

 

2要素識別やサイバーセキュリティ問題の深刻さ

 

 

この点は未だに考慮していない企業もあります。サイバーセキュリティの単一レベルの識別は、会社の主要な情報システムへのアクセスに必要な標準です。 しかし、用心深くデータベースの保護を強化することは大いに有益です。たとえば、追加パスワードは従業員の個人用電話に送信するように指定します。これは、会社にとって重要な会社データを大いに保護する結果となります。原則として、暗号プラットフォームの作成時には高いレベルのセキュリティーが必要となります。

 

 

まとめ… 2019年のサイバーセキュリティ部門は様々な要因による判断が求められます。その中で重要な側面は次のとおりです。

 

– 情報セキュリティは、全体的な企業のビジネス戦略においてより重要な位置づけとなります。企業は情報をより積極的に保護する必要があります。

 

– ランサムウェアの危険性は、潜在的に新しい分野(例えばモノのインターネット)に広がります。

 

– 「ダークネット」における個人データの需要の高さと相まり、サイバー犯罪者にとってクラウドサービスの魅力は依然として高い状況です。

 

– 多くの従業員の情報に向けた悪意あるスパムリンクに対する企業のコンピュータシステムの脆弱性は、より明白な問題と言えるでしょう。企業は基本的なサイバーセキュリティ関連の知識についてその担当者を十分にトレーニングすることによって、これに対処するインセンティブを得ることとなります。

 

– 従業員の電話に追加のパスワードを送信することによる2要素認証は、不正アクセスから企業情報を保護するための優れた方法です。これはブロックチェーンプロジェクトでよく見られます。

 

サイバーセキュリティは、企業がうまく機能するためだけでなく、個人情報を保護するためにも重要なポイントです。そして、いくつかの脅威が有能な対抗方法を必要とする場合、多くの点でリスクのレベルは初歩的な情報の認識によって軽減することが可能です。残りの部分は専門家に相談しましょう。すなわち、それらに対処する方法がどれほど関連性があり倫理的かつ効果的であるかを観察し分析することは専門家の範疇と言えます。

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ