デザイン

デザイン

Webデザイナーの中で話題に上がりやすいトピックとは?デザイン業界で議論が尽きない話題

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、The Biggest Designer Debates
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

261 views

読了時間 : 約4分54秒

どの業界でも、それぞれ独自の激しく議論されるトピックがあるようです。日々激しい議論が交わされ、とても楽しいものです。(見方によっては刺激になるかもしれません)。ウェブデザイナーはオンライン上で過度の時間を費やしているため、議論には参加意欲と情熱の両方がかき立てているようにみえます。

 

ここでは、仕事に対する熱い議論をいくつかご紹介していきます。業界に対して非常に有益なものもあれば、社会全体に適応できるものもあります。とにかく、壮大な議論なのです。

 

それでは、アフターワーク集会では議論したくないかもしれないトピックですが、見ていきましょう!

 

ページビルダー対オールドスクールデザイン

 

ページビルダーを使用しているなら、それはプロ並みの手腕ではないということでしょうか?必要はないことだけど簡単な方法でやっているということでしょうか?

 

これらは、人気のあるドラッグアンドドロップツールの使用についてのクラスで提起された質問の1つです。利用できるプラグインが多いWordPressに加え、SquarespaceやWixのようなDIYプロバイダと関連していることが最も多いです。-

 

ページビルダーの魅力の一部は、理論的には、非デザイナーがハイテクグッズでいっぱいの複雑なレイアウトを作ることができるということです。実際には、これは必ずしも当てはまりません。高度なツールでも、危なっかしい判断を下す初心者ユーザーを完全にはサポートできませんから。

 

ウェブデザイナーは、冷凍ピザを作るのと同じようにこのタイプのツールを使うことがあります。もちろん、簡単ですが、最終製品が際立つものがないものに仕上がる可能性があります。ある意味では、DreamweaverのようなWYSIWYGツールが最初に市場に登場したときと同じような議論で、これは伝統と進歩の戦いです。

 

著者の見解:これはまだ良く議論されています。私は様々な時期に両方の立場に立っていたと言えることを誇りに思います。私は以前、ページビルダーを気にしていました。その目的がプロのデザイナーにとって代わるものだと思っていましたから。(しかし、そこまでではありませんでした)。しかし最近、向こうも少し良くなってきました。ほとんどの関係と同様に、これも少し複雑です。

 

React対Vue

 

ウェブの未来は、JavaScriptに基づいていると言われています。少なくとも、グーテンベルクや他のJSベースのインターフェースを取り巻く誇大宣伝ではそう見えます。そしてその理由は簡単です。ウェブサイトを超高速で完全にインタラクティブなアプリケーションとして考えることは、確かにエキサイティングなことに思えます。

 

しかし、JavaScriptを使って未来のUIを構築するつもりはありません。その代わりに、Vue.jsやReactなどのトップフロントエンドフレームワークを活用して、できるようにします。それがこの議論が起こるところです。これらのパッケージは両方とも非常に有能ですが、開発の世界を2つに分割する大きな違いがあります。

 

Vueは使い方を簡単に習得できると広く考えられており、伝統的なコミュニティベースのオープンソースプロジェクトです。ある意味、それはReactの影に隠れている卑劣な弱者のように思う人もいるかもしれませんが、この魅力を過小評価しないでください。

 

一方Reactは、JavaScriptシンタックスを使用しており、非常に複雑なアプリケーション(前述のGutenbergなど)に最適です。Facebookで構築され維持されています。

 

著者の見解:フレームワークは、言語に関係なく、常に激しく議論されています。どちらのプロジェクト(またAngularのような競合他社)も近いうちになくなるわけではないようです。

 

個人的には、私は平和主義です。なので、みなが快適なものを使うべきだと思います。お気に入りのフレームワークを使って必要なものを構築できたら、そうしてください。そうでなければ、私たちはこのリンゴとオレンジについて議論を続けていくことになるでしょう。

 

Mac対PCとiOS対Android

 

さて、この議論は単にデザイナー業界の枠を超えています。ウェブが主流のメディアになる前から、それは何十年も続いています。しかし、この議論は私たちの業界にはかなり関係があるものです。

 

当時、多くのクリエイティブプロフェッショナルが、Windows PCでは利用できなかった多くのツールを提供していたため、Macに変えていきました。たとえば、Photoshopは、Macintosh専用のバージョンがバージョン2.5まで続きました。言うまでもありませんが、当初から、Appleは信心深い信者を大事にしていたようです。Bill GatesとMicrosoftは、冷静で同じリーグには入ってきませんでした。

 

最近では、Appleに忠実な人たちがまた別の大御所Googleと戦っています。それがこの10年間のモバイルデバイスの戦争になると、マイクロソフトは(少なくとも、OS市場では)見当たらなくなり、グーグルとそのAndroid OSが引き継いでいます。

 

どちらの分野でも、Appleの市場シェアははるかに小さく(ただし、それほど重要ではない)。伝統的なコンピュータに関して言えば、Windowsは市場の87%を占めていますが、Mac OSでは10%弱です。モバイルはもう少しシェア率が近いですが、Androidはまだ70%から28%で支配しています。

 

著者の見解:これらのプラットフォームにおけるハードウェアの違いはごくわずかに見えます。コンピュータでは、Appleは滑らかなインダストリアルデザインを重視していますが、Windows PCは安い上に構築でき、見た目も十分です(少なくとも私の好みでは)。

 

それでも、私がWordCampのようなイベントに参加するときなどには、至るところで非常に高価なMacBook Proを目にします。それは非常にきれいです。しかし、私は、まだ予算に見合うだけの価値を提供してくれるPCを取り入れています。

 

モバイル競争はもう接戦のようです。一方では、予算重視で利用可能な安価なAndroidデバイスが多くあります。それでも、Google PixelやSamsung Galaxyを買う人もいます。iPhoneを使うのと同じように。違いは、Androidが(いろいろなハードウェア品質と共に)幅広いオプションを提供していることにあります。

 

どちらを選択しても、高品質のオペレーティングシステムが使えます。主なことは、持っていてクールに見えるということのためにいくら払うつもりがあるかという問題です。

 

ある方法対別の方法

 

最後に、決して形を崩さないゆるぎない1つのカテゴリーの議論です。デザインと開発において、確かなことは、目標を達成する方法が複数あるということです。サイトをレスポンシブにしたいのか、ショッピングカートを追加したいのかにかかわらず、オプションやアプローチは沢山あります。

 

これらの議論はいたるところにあるだけでなく(サポートフォーラムに質問を投稿し、あなたが受け取る回答を確認するだけではありません)、おそらく最も面白くて役に立つものです。人々はお互いを気にしないことがよくあり、他のものよりも自分の解決策を自慢することがあります。

 

しかし本当に魅力的なのは、私たちが大きく異なるアプローチを取っても同じ結論に達することができるということです。あるものは他のものより効率的ですが、それでもやはり議論する価値があります。

 

著者の見解:通常、これはすべて楽しめるものです。コミュニティの本質と問題解決への情熱を表しているからです。そして、これらのソリューションは、私たちが助けを必要とするときはいつでもアーカイブとしてあり、役に立ちます。

 

思いやりを持って

 

ご紹介してきたよくある議論は、時に疲れて、友好的とはいえない状況になることもあるでしょう。それでも、こういうことはデザイナーコミュニティがどれほど情熱的であるかを表しているのです。確かに、顔を突き合わせるのが好きな人もいます(私がしてきたように)しかし、ほとんどの場合、これらの議論は思いやりから来ています。また開かれた社会であり、健全な部分です。

 

ですから、議論には自由に参加してください。時には振り回されることがあるかもしれませんが、物事を進めるのにも役立つことの方が多いでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ