デザイン

デザイン

【2019年の傾向予測】グラフィックデザインからウェブデザインへ

envato BLOG

Read the most recent articles on creativity & design. A blog about where design is, and where it's going.

本記事は、Trend Predictions 2019: From Graphic Design to Web Design
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

279 views

読了時間 : 約6分45秒

今回は、Webデザイン、オーディオ、ビデオ、グラフィックデザインなどで予想される2019年のトップトレンドを紹介します。

 

 

古いものと一緒に、新しいものと一緒に。

花火が見れるまでにはまだ1〜2週間ありますが、2月の夜になる前にローマのキャンドルのように明るく輝く楽観的な解決策を我々は考え始めています。 2018年を振り返り、2019年の先を見越して、これからの傾向を見極めるのに良い機会です。我々は、会社の専門家たちに、来年度の傾向予測について聞きました。

 

2019年に注目すべきポイントは次のとおりです。

 

デザイン&イラスト

Pantoneは最近、2019年のPantoneカラーとしてLiving Coralを選択し、新しいデザイントレンドを発表しました。しかし、もちろんデザインは単なるカラー以上のものです。 Envato Tuts +上で、デザイナーのGrace Fussellは、2019年に注目されるトレンドについて、海の縞模様から彫りのあるserif書体まで説明してくれました。 ここに、来年のトレンドを集めました。

 

#1:ブランドのカスタマイズ

「来年絶対来るトレンドは、ブランドのカスタマイズとパーソナライズです。カスタムカットのフォントとイラストのスタイルをすべて自分で考えて、ブランドを差別化し、普通以上のものを作ってください。」

 

たとえば、ユニークなフォントを1つ使用したり、独自のフォントを作ってデザインのヒントにしましょう。

Old Emma font

 

Ginusto font

Holiday font

 

#2:抽象的なカラフルな模様

「おそらく80年代スタイル復活の影響を受けて、抽象的でカラフルな模様がデザインの人気となるでしょう。Memphis Groupの模様と配色を取り入れてみてください。」

 

Memphisスタイルについて学び、デザインで抽象的な色を使う方法についてもっと学びましょう:

Memphisスタイルとは?
Adobe InDesignでMemphisスタイルのテキスト効果を使用する方法
Adobe Photoshopで抽象的なパステルカラーの3Dテキスト効果を使用する方法

 

Memphis 名刺のテンプレート

 

#3:深さと層

「寸法と層で、最近またデザインの人気が出始めています。しばらく前のスーパーフラットスタイルとは異なります。」

ペーパーカットイラストレーション

中国の新年のカード

 

ウェブデザイン

WordPressは、Gutenbergの立ち上げでWebデザインの世界を席巻しました。これは、WordPressのサイトで投稿やページを作成するためのまったく新しい方法です。 この変化の結果として、専門家が予想するより大きな変化と、今人気の出てきている刺激的な新しいトレンドと技術があります。

 

#4:ページビルダーの台頭

「Gutenbergを活用した、よりシンプルでクリーンなSVGタイプとパフォーマンス重視のテーマです。WPRigやMythicのような、現代の開発手法は間違いなく、ますます複雑になるテーマの開発に役立ちます」

 

カイローン氏はテーマが、ヘッダー/フッターのカスタマイズを含む、グーテンベルクに基づいた本格的なページビルダーを提供できるようになると考えています。 彼は、コンテンツ作成ツールは1年でできるようになるだろうと言います。

 

ユーザーは、あらかじめ設計されたテンプレート、要素、アドオンなどを提供するElementorやWP Page Builderのようなプラグインに集中するでしょう。

 

Zoa – ミニマリストlist Elementor WooCommerceテーマ

 

 

#5:新機能、新しいレイアウトの境界線

「デザインアプリケーションの分野での競争はこれまで以上に激しくなっています。Sketch、Adobe XD、Figma、Invision StudioなどがUIとUXのデザインをより良くするためにゲームを開発し、機能をアップグレードしています。」

 

2019年から始まった、新しく改良されたアプリケーションを試してみませんか。

 

スケッチとAdobe XD:どちらを使うべきか
フィグマチュートリアルとコース

 

実際のWebデザインに関しては、レイアウトの境界線がさらに広がることを期待しましょう。 古い習慣を取り除くのには時間がかかりますが、CSS GridとFlexboxは、今やデザイナーが安心して使用するために十分なブラウザサポートを持っています。

 

CSSグリッドを使用して、ブロークングリッドレイアウトを作成する
Flexboxの配置に関するガイド

 

 

#6:ボイスアシスタント

「音声アシスタントの使用は2019年も増え続けるでしょう。主に非視覚的な媒体であることには変わりないので、視覚的合図の間に正しいバランスを見いだし、ユーザーインターフェースの中でコンテンツと文脈を取り入れることが重要です。」

Speak2Me – ボイスアシスタント

Wp Speech – WordPressのためのヴォーカルコマンド

 

ビデオ

ビデオの世界でも、2018年に大企業が大きな動きを見せました。今回はAdobeでした。AdobeRushという新しい編集用アプリが発売されました。 専門家の2019年の予測をご覧ください。

 

#7:ラッシュ、パーティクルアニメーションなど

「Adobeには、Premiereテンプレートと連携する新しいNLEが用意されています。本格的なプロダクションスイートを必要としないビデオ制作者にとっては朗報です。

 

これまで以上に強力なグラフィックカードで実現されるパーティクルアニメーションは、より細かくなります。 Instagram風のプリセットや、すばやく変化するピクチャスタイルの人気も続くでしょう。」

 

Envato Elementsでの夜のイルミネーションビデオ

 

#8:豊富な新しいテンプレート

「AdobeのEssential GraphicsパネルとMotion Graphics Templateのフォーマットの開発は、ビデオ業界に大きな変化をもたらしました。かつて、グラフィックス機能に欠けていたPremiere Proのユーザーには、新しいアーセナルが与えられました。 数回クリックするだけでプロジェクトが完了するのです。」

 

After Effectsのテンプレート作成者は、コンテンツを作成するまったく新しいオーディエンスを抱えるようになり、Premiereのエディターには、選択可能な素晴らしいグラフィックのエコシステムが急速に広がります。

 

ますます多くのビデオ編集者がグラフィックステンプレート市場に集まり、2019年はPremiereテンプレートの今までにない成長の年となるでしょう。

 

いくつのテンプレートを処理できますか?
これはVideoHive上にある50,000以上のAfter Effectsテンプレートのほんの一例です。

新しいPremiere Proのカテゴリには、1,500を超えるアイテムがあり、さらに多くのアイテムが追加されています。

 

オーディオ

2019年に人々は何を聞いているのでしょうか? 来年のチャートトップアルバム、突発的な人気、セレブのゴシップは予測できませんが、ストックオーディオについては1つか2つ分かっていることがあります。

 

#9:明るく元気なオーディオ

「2019年は、刺激的で活気に満ちた雰囲気がストックオーディオの需要を支配することになりそうです。エピックからインスピレーションまで、スタイルに関係なく、自信と健康的なエネルギーを伝えるトラックは常に人気が出るでしょう。 特に繊細で思い出に残るリード、素晴らしいストーリーや物語が起こる可能性を持っています。」

 

2018年中に人気になった優れた例をいくつか紹介します。

Uplifting Future Bass
Summer Fun
Energetic Indie Rock
Emotional Cinematic Trailer
Hip-Hop This

 

Code

WordPress Gutenbergの発売は、単なるWebデザイン以外にも影響を与えるでしょう。 WordPressの新機能を利用できるようになったプラグインと拡張機能のエコシステムがあります。 2019年にそれはどのように展開されるのでしょうか?

 

 

#10:ブロックプラグインの爆発

「2019年には、新しいWordPress Editor (Gutenberg)のためのBlock Pluginsが爆発的に増加すると予測しています。 また、Elementorのようなページビルダーは驚くべきペースで機能を向上し続け、それらを取り巻くエコシステム(テンプレート、アドオンなど)も成長し続けると予測しています。」

 

写真

2019年には、写真に新しい美意識が生まれます。 最も人気のあるトレンドはすでに始まっており、写真が私たちの周りの現実の世界をより正確に映するような1年になるかもしれません。

 

#11:特殊効果を捨てる

「2019年については、オーセンティシティに対する現在の需要はつづくと予想されています。ヘビービグネッティング、レトロフィルタリング、彩度低下、および追加のレンズフレア/効果は、古くなります。これは、信頼できる画像を作成しながら、多様性と包括性を受け入れる良い機会です。

 

クラスで学ぶ生徒

竹を織る男性

プールにダイブする

 

注目すべきもう1つの写真のトレンドは、ドローン写真です。テクノロジーは進化し続け、年々アクセスしやすくなっています。 ドローンショットは現在、映画や広告、さらにはYouTubeやソーシャルメディアで広く使用されています。 この新しい見方は、今後何年にもわたって、強い存在感を残すでしょう。

曲がった道

結婚式

まっすぐな道を走るバス

 

2018年を振り返って

2018年に、EnvatoはPlaceitの新規追加を発表しました。 まだ試していない方は、実際に試してみてください。 このサイトでは、インターネットブラウザからロゴモックアップチラシTシャツデザインなど、さまざまなものの作成できるサイトです。

 

今年は広い分野をカバーしました。

ブログなどからのいくつかのハイライト:

Envato Elementsにビデオが届きました。サイトのアセットを使ってローンチビデオを作成する方法について説明しました。

 

年末に、Envato Elements何千もの音楽トラックと効果音へのアクセスを可能にしました。

プロジェクトをスピードアップするためのElementorの使い方、何千年にもわたるUXの設計規則、なぜ音声UIが大事なのか、そしてもっと多くを紹介しながら、ウェブデザイナーのためにいくつかのガイドを提供しました。

 

あなたがグラフィックデザイナーであれば、私たちはあなたの役にも立ったはずです。 Elementsは、その巨大なライブラリを広げ続け、ユビキタスがブランドにとって重要になるのか、ミレニアルピンクについて知っておくべきこと、そしてComic Sansがどのようにして世界で最も重要なフォントになったかなどについて議論しました。

 

そして、あなたに懐かしい思いをさせ、シドニーのガレージで昔のことについて思い出し、あなたの核となる価値を失うことなく、成長とどのように歩むのかを考えるのです。

もちろん、もっともっとクールなことも起こっています。

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめ新着記事

おすすめタグ