ガジェット

ガジェット

未来の車に使われるかもしれない技術13

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、13 New Car Technologies You Will See Soon
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

70 views

読了時間 : 約5分8秒

テクノロジーのレベルは日に日にアップグレードしています。洗練されていると同時に、使い勝手も良くなっています。しかし、未来はどうでしょうか?私たちの未来は、テクノロジー、特に自動車産業の周りでどのように見えるのでしょうか?それを自分で確かめてみませんか。ここでは、もうすぐ目にすることになる13の新しい自動車技術をご紹介します。

 

13.自己修復ペイント

 

車に自己修復機能付きの塗料があったら、どんなにいいでしょうか。自己修復塗料は以前から存在していましたが、商業的にはまだ実現していません。自己修復塗料の主成分はキトサンで、キチン(ロブスターやカニに多く含まれる)から得られます。自動車以外にも、様々な電子機器や航空機などで実用化されています。

 

12.ロングタームエボリューション(LTE)

 

 

最近では、ほとんどの車がGPSに対応しており、インターネットがアクティブでなくても動作するようになっています。しかし、インターネットに接続していないと得られない交通情報やその他の機能を、車の中で得られたら素晴らしいと思いませんか?すでにいくつかの自動車メーカーがこの取り組みを始めています。

 

ドイツの大手自動車メーカーであるアウディは、将来の自動車モデルにLTE(Long Term Evolution)を搭載する可能性を検討しています。

 

LTEを利用することで、より質の高いインターネットラジオへのアクセスが可能になるほか、位置情報の検索やライブマップの迅速なロードが可能になります。車内にLTEのライブ接続があれば、動くWI-Fiホットスポットとなります。

 

11.リモートシャットダウン

 

 

この技術は存在するだけでなく、OnStarをはじめとするいくつかのIT企業で広く利用されています。近年、これらの企業は何百台もの盗難車を停止させ、警察などの負担を減らしています。

 

2009年には、OnStarの親会社であるGeneral Motorsがこの技術を新車に搭載することを計画しましたが、失敗しました。今後、この技術が大胆に変化していくことを期待したいものです。

 

10.次世代スマートフォンの統合

 

 

今のクルマにスマートフォンを接続して、運転中に好きな曲を聴いたり、誰かに電話をかけたりすることはできますが、もっと何かを求めていませんか?そうでない人はいませんよね。この次世代の機能を使えば、スマートフォンの機能を音声コマンドやステアリングホイールのボタンで完全にコントロールできるようになります。

 

ホンダはすでに、アップル社のSiri Eyesを新型車に搭載することで、この技術に向けた大きな一歩を踏み出しています。これにより、車のダッシュボードからiOSを使うことができ、内蔵アプリを使って音楽へのアクセス、メッセージの送受信、電話、音声案内などを簡単かつ安全に行うことができるようになります。

 

9.スマート省燃費表示とヒント

 

 

正直なところ、クルマに搭載されているスマートディスプレイは、十分に賢くないことがほとんどです。燃料やエンジンオイルなど、誤った数値を表示することが多いのです。本当は、スマートな燃料表示や効率化のヒント、通知などがあればいいのですが。例えば、車のタンクの状態に応じて、近くのガソリン価格が安いガソリンスタンドを通知してくれるようなものです。

 

8.リコンフィギュラブル・ボディパネル

 

 

経済的な観点からも、トラックとSUVを1台の車にすることはとても素晴らしいことだと思います。つまり、SUVに軽量で頑丈なボディパネルを装着し、ルーフやサイドウィンドウを格納すれば、即席のピックアップトラックになるというわけです。

 

7.車両間のスマートコミュニケーション

 

 

ここでいうスマートコミュニケーションとは、目の前に駐車している車に「邪魔だからどけ」と言うのではなく、機械と機械とのコミュニケーションを指します。

 

この技術は、より安全な明日を築くための革命的な一歩となるでしょう。車同士がデータを交換することで、交通がスムーズになり、道路の混雑が緩和されるだけでなく、交通事故をより効率的に防止するためにも重要な役割を果たすでしょう。

 

ここで唯一の懸念は、プライバシーです。この技術の利点をすべて享受するためには、正しく実装する必要があります。

 

6.革新的なバッテリー

 

 

今日、テスラやルーシッド・モーターズのような革新的なモーター企業が、バッテリーベースの自動車を新たな高みへと押し上げています。

 

バッテリーカーを製造するメーカーは、大きくて重いエンジンを扱わなければなりません。また、車のバランスを崩さないように、バッテリーを置く適切な場所を見つけなければなりません。もし、電池を一箇所に置かなくてもいいとしたらどうでしょう?

 

想像してみてください。それが車の内外装のパネルに設置されていたらどうでしょう。スリムで耐久性があり、曲げることができるので、メーカーは車のスタイルに妥協する必要がありません。今は現実的ではないかもしれませんが、待ってみる価値はあると思います。

 

5.バイオメトリック・ビークル・アクセス

 

 

車やエンジンと同様に、車のキーも時代とともに進化してきました。従来のカーキーから、今では大手自動車会社がセキュリティを犠牲にすることなく、より柔軟性のあるリモートキーをターゲットにしています。

 

セキュリティといえば、自動車業界では遅かれ早かれ、自動車に生体認証機能が導入されると予想されています。おそらく5年後には、指紋や網膜スキャンで車のロックを解除しなければならなくなるでしょう。今日のスマートフォンのセキュリティに似ていますが、そう、同じコンセプトなのです。

 

4.高度なオーバーライドシステム

 

 

最近のクルマは、万が一、ブレーキをかけなかった場合でも、緊急時に強制的に停止する機能を備えています。命の恩人です。しかし、人工知能を搭載した車が、自分で動くだけでなく、運転に関する最終決定権を持つようになっても驚かないでください。2020年には、車が全権限を持ち、適切または必要と判断した場合には人間の行動を無効にできるようになると言われています。怖いですか?

 

3.内蔵アプリとファームウェアアップデート

 

 

もし、あなたがスマートフォンで実現していることをクルマでも実現できたらどうでしょう。スマートフォンとほぼ同じような強力なアプリを実行できる車のことです。これには膨大な可能性がありますが、まず、特定の国に特化したアプリがあり、地元のレストランやモール、病院などの詳細な情報を提供することができます。

 

アプリと同様に、自動車のファームウェアもアップデートすることで、ラジオや音楽プレーヤー、Wi-Fi接続、その他の電気機器など、自動車に搭載されている機能の一部を改善することができます。現在、OTA(Over The Air)によるファームウェア・アップグレードが可能な自動車は、テスラのモデルSのみです。

 

2.ジェスチャーコントロールの強化

 

 

ジェスチャーコントロールとは、人間の身体のさまざまな動き、特に手の動きを認識・解釈して、身体に直接触れることなくコンピューターシステムと対話することができる先進の機械のことです。最近の自動車にはノブや音声コマンド機能が搭載されていることを踏まえ、メルセデスをはじめとする大手自動車メーカーは、すでに次期モデルへのジェスチャーコントロールの搭載を計画しています。

 

そのためにメルセデスは、スマートフォンのように、ジェスチャーと文字の手入力を組み合わせて操作できる新世代の多機能タッチパッドを計画しました。現実的に考えれば、この技術を享受できるのはもう少し先になるかもしれませんが、2025年にはほとんどのベーシックカーがジェスチャーコントロールに対応していると考えられます。

 

BMWは、すでにダッシュボードの画面にジェスチャーコントロールの提供を開始しています。これは、3Dセンサーが動きによって要求されたアクションを登録し、完了させるものです。今のところ、音量の上げ下げ、チャンネルの変更、着信拒否、マルチカメラビューのカメラアングルの変更などが可能です。今後、このようなことができるようになるでしょう。

 

1.オーグメンテッド・リアリティ・ヘッドアップ・ディスプレイ

 

 

車のフロントガラスにAR(拡張現実)ディスプレイが搭載され、ドライブがもっと楽しくなる日がもうすぐやってきます。間違いなく、このディスプレイは車に多くの機能を追加します。速度やナビゲーションの詳細など、重要な情報を見ることができるようになります。

 

ヘッドアップディスプレイは、間違いなく私たちが楽しみにしている未来のものです。道路に集中することができると同時に、フロントガラスに表示されるすべての関連情報を常に把握することができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ