ガジェット

ガジェット

B450マザーボードを買うならコレ! 2021年のお勧め9選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、9 Best B450 Motherboards To Buy In 2021
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

93 views

読了時間 : 約10分17秒

AMD B450チップセットは、ミドルレンジのマザーボード向けに設計されています。オーバークロックの制御と柔軟性を重視しながらも、マルチGPU構成に必要な最大のPCIe帯域幅を必要としない、パワーユーザーやゲーマーに最適な製品です。

 

B450シリーズは、Precision Boost Overdrive、XFR2 Enhancedに加え、複数のストレージソースをより大きな仮想ドライブに統合することができるAMDのマイクロティアリング「StoreMI」技術をサポートしています。また、初めての方から経験豊富なビルダーの方まで、幅広い構成オプションを提供します。

 

B450マザーボードがあれば、最もパワフルなRyzen CPUで動作する格安ゲーミングPCを便利に構築することができます。この記事では、メインストリームのゲーマーやビデオ編集者がボトルネックなくアプリケーションを実行するために、さらなるパワーを必要とする場合に最適なB450マザーボード9機種をご紹介します。

 

注:これは完全に公平な記事です。読者が購入しても、私たちが手数料を得ることはありません。意味のない高価格でB450マザーボードを購入するのは避けましょう(高価格なら、むしろB550ボードの購入をお勧めします)。

9. ASUS TUF B450M-Plus Gaming

長所
✔包括的な冷却とファンの制御
✔複数の温度ソース
✔AIノイズキャンセリングマイク・ソフトウェア
✔Aura Sync RGBライティング

 

短所
✖シャットダウン後もUSBデバイスがマザーボードから電力を供給される

 

価格:95ドル
フォームファクター:Micro ATX

 

TUF B450M Plus IIは、最新のAMD Ryzen CPUを効率的に動作させるためにアップグレードされた電力供給と包括的な冷却システムを備えており、次のハイコア数のバトルリグを構築するのに最適なマザーボードです。

 

AIノイズキャンセリングマイク・ソフトウェアを搭載し、USB、3.5mm、Bluetoothヘッドセットに対応しています。このマザーボードは、広範なディープラーニング・データベースを利用して、気になるマウスクリックやキーボードの音などの外部ノイズを最小限に抑えながら、音声品質を維持します。

 

高性能なゲーミングパッケージには、FPSゲームのための位置情報を含む原音のオーディオ、スムーズなオンラインゲームプレイのための超高速ネットワーク、接続されたアクセサリーと同期するカスタマイズ可能なRGBライティングなど、ゲーム体験を向上させるための様々な機能が搭載されており、パーソナライズされたゲーム環境を実現します。

 

すべてのTUFゲーミングマザーボードは、セットアップや設定が簡単です。一つのダッシュボードですべてのシステム設定を制御できます。全体的に、複雑さを加えることなく、カスタムでパワフルなPCを構築するために必要なものがすべて揃っています。

8. Gigabyte B450M S2H V2

長所
✔2つのDDR4 DIMMソケットを搭載し、最大64GBまで対応可能
✔帯域自動割り当て機能付き高速ギガビットLAN
✔高音質オンボードオーディオデザイン
✔耐湿性に優れたガラス製ファブリック基板

 

短所
✖統合型Wi-Fiを搭載していない
✖ECC RAMに対応していない

 

価格:74ドル
フォームファクター:Micro ATX

 

B450M S2H V2は、4+2フェーズのデジタルPWM+Low RDS(on) MOSFET設計を採用し、第3世代のAMD Ryzenに対応しています。そのM.2ソリューションは、大幅に高速なストレージ性能を提供し、M.2 SSDデバイスのSATAおよびPCIeの両インターフェースをサポートしています。

 

このマザーボードには、高性能ネットワークチップであるRealtek 8118 LANが搭載されており、アプリケーションやゲームのネットワーク優先度が最も高くなるように、自動的に帯域を割り当てます。

 

ファン制御のための直感的なUIにより、ユーザーは冷却設定を完全に制御できます。オールハイブリッドのファンヘッダーは、異なる電圧やPWMモードを持つポンプやファンなど、冷却デバイスのタイプを識別することができます。プロのゲーマーのために、このボードは高分解音質と音の拡張性を提供し、最もリアルな音響効果を生み出します。

 

Gigabyte System Information Viewerでは、主要コンポーネント(プロセッサやクロックなど)の監視、カスタムファン速度プロファイルの設定、システムの動作の記録、温度がしきい値を超えた場合のアラートの作成などが可能です。

 

また、Windows環境でシステム、メモリクロック、電圧を設定するためのオプションも豊富に用意されています。これらの設定はすべて、シンプルで使いやすいインターフェースで行うことができます。

7. ASUS Prime B450M-A II

長所
✔広範囲な表面を持つVRMとPCHのヒートシンク
✔本格的な微調整に対応する高度なチューニング
✔システムを全面的に保護するための複数のハードウェア保護機能

 

短所
✖製造品質は平均的
✖AMD CrossFireに対応していない

 

価格:80ドル
フォームファクター:Micro ATX

 

Prime B450M-A IIは、Ryzen 5000、第3/第2/第1世代のRyzenプロセッサに対応しています。M.2サポート、1Gbイーサネット、USB 3.2 Gen2 Type-Aを搭載し、超高速な接続性を実現しています。

 

このボードには、複数のヒートシンクとハイブリッドファンヘッダーが搭載されており、激しい作業負荷の下でもマシンの冷却と安定性を維持することができます。各ヘッダーは、献身的な熱センサーを監視し、それに反応することができます。

 

Asus Digi+ VRMを用いて、電圧降下をリアルタイムに制御できます。周波数や電力効率の設定は自動的に調整されますが、都合に合わせてプロセッサを手動で調整し、究極のパフォーマンスを得ることができます。

 

また、高温や漏電から部品を保護する専用の集積回路もあります。全体的に見て、このボードは長持ちするように作られており、1000以上の互換性のあるデバイスと8000時間以上の検証時間があります。

6. ASRock B450 Steel Legend

長所
✔特大のアルミニウム合金製ヒートシンク
✔高密度のガラス繊維基板設計
✔すべてのUSB、オーディオ、LANポートの完全なスパイク保護

 

短所
✖オーバークロックのオプションがない
✖内蔵Wi-Fiを搭載していない

 

価格:120ドル
フォームファクター:ATX

 

ASRock B450 Steel Legendは AMD AM4 Socket Ryzen 2000、3000、および 5000シリーズのデスクトッププロセッサとDDR4 3533+ RAMに対応しています。2つのM.2スロットを搭載しており、1つは最大PCIe Gen3 x2 & SATA3 6Gb/sの転送速度を実現し、もう1つはPCIe Gen3 x4 32Gb/sモードに対応しています。

 

ASRockは、SSDが特定の低温で効率的に動作できるように、適切なM.2 SSD保護 (安定性と寿命のため) とM.2アーマーソリューションを提供します。また、CPUファン速度、内蔵RGB LED、および外部接続LEDストリップを調整できる非常に包括的な制御を提供します。

 

この基板は、2オンスの銅製インナーレイヤーと厳選された銅素材をPCBレイヤーに使用することで、内部温度を低く保ち、高いエネルギー効率を実現しています。60Aのパワーチョークは、飽和電流を最大3倍に向上させ、マザーボードに強化されたVcore電圧を提供します。

 

B450 Steel Legendには、グラフィックスカードとの信号の干渉を防ぐための強固なカバーが詰め込まれた先進的なPCIe Steelスロットが搭載されています。また、重量のあるグラフィックカードがPCIeスロットに正しく装着されるようになっています。

5. ASUS ROG Strix B450-F Gaming II

長所
✔DDR4 4400 MHz対応
✔ASUS独自のAura Sync RGBライティング
✔VRヘッドセットのバーチャルサラウンドに対応
✔ファン、水ポンプ、オールインワン(AIO)クーラーの包括的な制御が可能

 

短所
✖他のMSI製ボードに比べて非常に高価
✖UEFI BIOSのオプションが多すぎて、初心者にはハードルが高い

 

価格:140ドル
フォームファクター:ATX

 

Asus ROG Strix B450-F Gaming IIは、第3世代のAMD Ryzenプロセッサを動作させるために設計されており、最適化された電力供給、効率的な熱設計、より安定したDRR4メモリを備えています。

 

TurboVプロセッシングユニットは、電圧の調整、オーバークロック設定の微調整、システム統計の監視を自動的に行います。また、5ウェイ最適化システムにより、プロセッサのオーバークロックとファンの回転数を調整し、冷却と静音性の最適なバランスを実現しています。

 

このボードには、より良い効率を実現するための新しい合金チョークと、VRMアレイから強力なCPUのための十分な表面積を持つシンクに熱を伝える高品質のサーマルパッドが装備されています。このヒートシンクは、M.2 SSDを最適な温度に保ち、安定したパフォーマンスと信頼性を実現します。

 

全体として、ROG Strix B450-Fはバランスのとれた構築に必要なすべての必要な機能を提供します。また、256MBのBIOSフラッシュROMを搭載し、将来の互換性を確保しています。

4. MSI B450 Tomahawk Max II

長所
✔ヒートシンクが大きく、VRMの冷却効果が高い
✔最大4133MHzのDDR4メモリに対応
✔強化・シールドされたコネクタ
✔フラッシュBIOSボタンによる簡単なBIOSリカバリー

 

短所
✖セカンダリM.2を搭載していない
✖RGBヘッダーは独立して制御できない

 

価格:115ドル
フォームファクター:ATX

 

長年の経験から、MSIは高性能なマザーボードを製造することで知られています。B450 Tomahawk Max IIと名付けられた同社の人気マザーボードの一つは、最新のテクノロジーといくつかの高度な機能を搭載しており、PC愛好家、プロシューマー、ゲーマーを問わず、目の前の課題を克服します。

 

Radeon VegaグラフィックスとDDR4メモリ(最大4133 MHz)を搭載したAMD Ryzenの3世代すべてに対応しています。内蔵されたPCIeスチールアーマーは、VGAカードを曲げや電磁干渉から保護し、パフォーマンスと安定性を向上させます。

 

B450 Tomahawk Max IIは、オーディオプロセッサ、専用アンプ、高品質のオーディオコンデンサなどを、他のコンポーネントから物理的に分離して搭載しています。

 

ヒートシンクの大型化と回路設計の改善により、ハイエンドプロセッサでもフルスピードで動作します。4つのファンヘッダーは、PWMまたはDCモードで動作するファンを自動的に検出し、ファンの速度と静音性を最適に調整します。また、水冷ポンプの速度を制御し、流量と静音性を最適化します。

3.Gigabyte B450 AORUS Elite V2

長所
✔HDMI、DVI-D端子でマルチディスプレイに対応
✔AMD Quad-GPU CrossFireおよび2-Way CrossFireテクノロジーに対応
✔耐久性に優れたI/Oシールドを内蔵
✔高品質のオーディオコンデンサとオーディオノイズガード、LEDトレースパスライティング

 

短所
✖統合型Wi-Fiを搭載していない
✖取扱説明書が分かりづらい

 

価格:120ドル
フォームファクター:ATX

 

B450 AORUS Elite V2は、第3世代のAMD Ryzenプロセッサをサポートするために、低RDS(on)MOSFETを使用した8+2フェーズのDigital Twin Power Designを採用し、マザーボード上の繊細なコンポーネントに正確な電力を供給します。

 

M.2ドライブ用のサーマルソリューションを提供しています。これは、熱が深刻な問題になる前に、熱を最小限に抑え、効果的に放散させるものです。これにより、M.2デバイスのスロットルやボトルネックを防ぐことができます。

 

Smart Fan 5ソフトウェアを使用すると、ファンヘッダーを交換して、マザーボード上の異なる位置にある異なる温度センサーを反映させることができます。また、各ファンをカスタマイズして、定義された温度ソースの入力に応じて異なる速度で動作させることもできます。

 

また、このマザーボードにはRGB Fusion 2.0が搭載されており、オンボードのRGBだけでなく、PCに接続された外部のデジタルLEDも制御することができます。12Vまたは5VのデジタルLED照光ストリップをサポートしており、最大300個のLEDを使用することができます。9つのパターンと様々なスピード設定により、ユーザーはマザーボードを囲むLEDを完全に制御できます。

2.MSI B450M Bazooka MAX WiFi

長所
✔Wifi MU-MIMOとBluetooth
✔DIYフレンドリー
✔重厚感のあるゲーミングヒートシンク
✔充実したオーディオと高度なLANネットワーク機能

 

短所
✖ECC(Error-correcting code)RAMに対応していない

 

価格:89ドル
フォームファクター:Micro ATX

 

B450M Bazooka MAX WiFiは、便利なセットアップと使用のために、数々のスマートな機能を備えています。たとえば、SATAとUSBの位置の調整、ピンヘッダーの排除、複数の冷却ソリューションなど、DIYユーザーが望むゲーミングリグを選択できるようになっています。

 

また、重要なコンポーネントにはLEDが搭載されており、問題があればその原因を示すため、ユーザーはどこを見れば再起動できるのかを正確に把握することができます。また、静電気による損傷を防ぐために、MSIは静電気保護機能を搭載しており、取り付け穴の周囲に2重のアース層を設けています。

 

このマザーボードには、容量ストレージを混合して仮想SSDを作成し、フラッシュをプライマリストレージとして扱い、継続的に監視することでデータアクセスを最適化するStoreMI技術が搭載されています。これにより、アクティブなデータの読み書き速度が向上し、起動時間やアプリのセットアップの高速化を実現します。

 

MSIは、異なる負荷の下でプロセッサの電圧を安定させるLLCオプションを提供します。Game Boostオプションは、1秒間のオーバークロックを可能にし、重いタスクの際にパフォーマンスを向上させます。これらのオプションはすべて、1つのダッシュボードから有効/無効を切り替えることができます。

1.ASUS TUF Gaming B450M Pro S

長所
✔ステンレス製バックI/Oパネル
✔DRAMの過電圧保護
✔UEFIで簡単にファンの調節と制御が可能
✔QLED診断LED

 

短所
✖電源/リセットスイッチが搭載されていない

 

価格:130ドル
フォームファクター:Micro ATX

 

TUF Gaming B450M Pro Sは、FPSゲームのための位置情報を含むクリーンなオーディオ、ラグのないオンラインゲームのための高速ネットワーク、様々な機能プリセットを備えたフルRGBライティング制御など、ユーザーの体験を向上させる機能を豊富に備えた、完全な高性能ゲーミングパッケージです。

 

オンボードVRMは、ローサイドおよびハイサイドのMOSFETとドライバーを1つのパッケージに統合した8+2 DrMOSパワーステージを活用し、第3世代のAMD Ryzenプロセッサを動作させるのに十分なパワーと効率を提供します。

 

このマザーボードは、複数の温度ソースを持ち、全体的なアンペア処理とピン間の内部温度を向上させるProCoolパワーデザインを採用しています。これは、高負荷がかかるコア数の多いプロセッサに非常に有効です。

 

さらに、ASUS UEFI BIOS Flashbackでは、プロセッサ、グラフィックスカード、DRAMを装着していない状態でもBIOSのアップデートが可能です。PSUを接続し、サポートファイルの入ったフラッシュドライブを介してアップデートするだけです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ