ガジェット

ガジェット

マザーボードを買うなら? Ryzen 7 3700Xに最適なおススメ9選【2022年版】

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、9 Best Motherboards For Ryzen 7 3700X | 2021 Edition
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

219 views

読了時間 : 約9分49秒

Ryzen 7 3700Xは、AMDが開発・製造する強力なチップの一つです。このプロセッサーは、8コア、16スレッド、4.4GHzのブーストクロックを備えており、本格的なPC愛好家がオールラウンドなコンピュータを構築するために必要なすべてを提供します。

 

このプロセッサーは、ビデオ編集、コンテンツ制作、ゲーム、その他の耐久性が必要な用途を含む、あらゆる用途に適しています。史上最強のチップではありませんが、実際のパフォーマンスの向上を考えると、310ドルの費用に見合うだけの価値があると言えるでしょう。

 

3700Xを購入することになったら、この強力なプロセッサーには高品質のマザーボードが必要であることを忘れてはなりません。3700Xをサポートするマザーボードは数多くありますが、すべてが良いパフォーマンスを発揮できるわけではないのです。

 

この記事では、CPUとGPUの性能を最大限に引き出すことができるRyzen 7 3700Xに最適なマザーボードをいくつか挙げました。

 

一部のマザーボードはBIOSアップデートが必要です。製品の公式サイトから最新の圧縮BIOSアップデートファイルをダウンロードできます。

9. ASUS ROG Strix B450-F Gaming II

長所
✔3700Xを問題なくオーバークロック
✔デバッグパネルLED
✔システム全体の自動チューニング
✔Aura Sync RGBライティング

 

短所
✖Wi-Fiなし
✖アイドル状態では比較的多くの電力を消費する

 

価格:155ドル
フォームファクター【規格】:ATX

 

3700Xのコアに十分な電力を供給し、さらに様々なハードウェアに対応する包括的な冷却と接続オプションを備えたこのマザーボードは、手頃な価格で高性能なPCを構築するために必要なすべてを備えています。

 

高品質の合金チョークと耐久性のあるコンデンサを備えた8+4ディスクリートMOSという堅牢な電源ソリューションを提供します。デュアルPCIe 3.0 M.2スロット、高速ストレージを実現するAMD StoreMIサポート、強化されたDDR4メモリの安定性は、ゲーム体験をさらに向上させます。

 

また、ASUSは豊富なカスタマイズオプションとガイド付きのパフォーマンス設定を提供しています。オーバークロックやファンの回転数の調整、ネットワークパフォーマンスの管理、オーディオ特性の微調整などを思いのままに行うことができます。これらの設定は、直感的なROGソフトウェアで行うことができます。

8. MSI MAG B550 TOMAHAWK Gaming

長所
✔10+2+1デュエットレール電源システム
✔改善されたM.2サーマルソリューション
✔プレインストールされたI/Oシールド
✔Mystic Light ExtensionがRGBおよびRAINBOW LEDストリップをサポート

 

短所
✖統合型Wi-Fiを搭載していない
✖オーディオ・コーデックは他のボードの方が優れている

 

価格:175ドル
フォームファクター:ATX

 

MAG B550 Tomahawkは、ゲーマーを満足させる様々なコネクタを搭載しています。複数のUSB接続オプション、高度なLANネットワーク機能、強化されたオーディオにより、どんなゲーム体験も没入感のあるものに変えることができます。

 

AMD Ryzen AM4プロセッサーを搭載したこのマザーボードのハイライトは、13フェーズ電源供給、ヒートシンク付きM.2スロット×2、大型VRMヒートシンク、高速イーサネットポート、そして様々な周辺機器やデバイスの互換性を可能にする最新のUSB 3.2 Gen Type C規格です。

 

MSI Dragon Center【ソフトウェア】は、一連のソフトウェアユーティリティを1つの集中型アプリに統合し、すべての高度な機能をコントロールして、無数の可能性を引き出すことができます。総合的に見て、MAG Tomahawkは、競争力のある価格とバランスの取れた機能セットのベストコンボを提供しています。

7. ASUS AM4 TUF Gaming X570-Plus

長所
✔包括的な冷却機能
✔UEFI BIOSのデザインと操作性
✔DTSカスタムオンボードオーディオ
✔Wi-Fi 6

 

短所
✖一部のARCTICクーラーと互換性がない

 

価格:190ドル
フォームファクター:ATX

 

TUG Gaming X570-Plusは、AMDプラットフォームの本質的な機能と、定評ある耐久性を兼ね備えています。初心者でも簡単にセットアップができるように設計されています。

 

このマザーボードは、ローサイドとハイサイドのMOSFETとドライバーを1つのパッケージに統合した12+2 Dr.MOSパワーステージを採用しており、Ryzen 7 3700Xが求める性能と効率を実現しています。

 

アクティブPCHヒートシンク、M.2ヒートシンク、ハイブリッドファンヘッダー、Fan Xpertを搭載し、包括的な冷却を実現しています。さらに、複数のPCBレイヤーを採用することで、重要なコンポーネントから熱を奪い、長時間のオーバークロックにも余裕を持たせています。

 

またASUSは、パケットの優先順位をカスタマイズできるネットワーク最適化ツールを提供しています。このツールを使えば、専門的な知識がなくても、ラグを最大で45%削減することができます。

6. Gigabyte X570 AORUS Elite

長所
✔高品質ボールベアリングファン
✔効率的なヒートシンクデザイン
✔複数の温度センサー
✔高品質のオーディオコンデンサとオーディオノイズガード

 

短所
✖デバッグ用LEDがない

 

価格:239ドル
フォームファクター:ATX

 

Gigabyte X570 AROUS Eliteは、PCIe 4.0のサポート、洗練されたオーディオ、USB Type-Cインターフェイス、高速イーサネットなどの豊富な機能を備えており、ユーザーのデータ転送ニーズを満たします。最高のAMDプラットフォームのゲーミングシステムを構築しようとしているユーザーには最適な選択肢です。

 

効率的な熱設計により、Ryzen 7 3700Xの性能をフルに発揮することができます。このマザーボードには、60,000時間の動作を保証する高品質のボールベアリングファンが搭載されています。

 

PCの外観を自分のライフスタイルに合わせて変えることができるLEDカスタマイズがたくさんあります。グラフィックカードから周辺機器まで、自分のスタイルでマシンをカスタマイズすることができます。ゲーマー向けには、照明効果をインタラクティブにする「ゲーミングモード」が用意されており、最も没入感のあるゲーム体験を提供します。

5. ASUS ROG Crosshair VIII Hero X570

長所
✔アクティブチップセットヒートシンクとM.2アルミニウムヒートシンクを搭載
✔MU-MIMO対応のWi-Fi 6(802.11ax)を搭載
✔システム全体の自動チューニング
✔多数のカスタマイズオプション

 

短所
✖価格が高い
✖いくつかのマザーボードユーティリティーに不具合がある

 

価格:370ドル
フォームファクター:ATX

 

ROG Crosshair VIII Formulaは、第3世代のAMD Ryzenプロセッサーのパワーをスロットルなしで処理できるように、最適化された電源設計レイアウトで構築されています。電圧を正確に把握できる差動検出回路を搭載しており、オーバークロックやチューニングを簡素化します。

 

デュアルイーサネットとWi-Fi 6を搭載したこのマザーボードは、オンラインゲームのあらゆるボトルネックを解消します。ラグを最小限に抑え、全体的にスムーズな操作性を実現します。M.2はAMD StoreMIテクノロジーをサポートしており、SSDの速度を向上させてロード時間を短縮します。

 

統合されたツールにより、システムの最適化が容易になります。きめ細かな制御が必要な場合、UEFI BIOSには、システムのあらゆる側面を設定できる数多くの高度なオプションが用意されています。

 

たとえば、マウスでカーブをドラッグしてファンを調整したり、SATAポートの詳細を表示してデバイスを簡単に認識したり、マウス操作で日付と時刻を変更したり、オンボードのLEDをすべて有効/無効にして美観を向上させたりすることができます。

4. MSI B550M PRO-VDH

長所
✔2オンス【0.070㎜】厚の銅製PCB
✔完全に絶縁されたDDR4回路
✔オールインワンおよびカスタマイズされた水冷ソリューションをサポート
✔フラッシュBIOSボタンによる簡単なBIOSリカバリー

 

短所
✖一部のエントリーレベルのRyzenプロセッサーに対応していない

 

価格:108ドル
フォームファクター:Micro ATX

 

B550M PRO-VDHは、DIYユーザーのためのスマートなデザインと、様々なシステムチューニングやトラブルシューティングツールを備えています。これにより、ユーザーは(初心者でも)問題なく簡単にマザーボードを取り付けることができます。

 

DIYで最も重要なことの一つは、拡張性です。このマザーボードは、プロシューマーのニーズに合わせて無数の可能性を提供します。より高速なストレージ、高い転送速度、安定したLAN、その他の拡張可能なコネクタにより、柔軟性が高まります。

 

CPUファンの速度を管理したり、主なシステムの特性をシンプルなグラフィカル・インターフェースで確認することができます。マザーボードとCPUの4つの温度目標を設定するオプションがあり、これによりファンの速度が自動的に調整されます。

 

また、このボードは、市場で販売されている多くのオールインワン型カスタマイズ水冷ソリューションをサポートしています。専用の水ポンプPINヘッダーを搭載しており、水ポンプの速度を完全に制御することができます。

3. MSI MAG B550M Mortar

長所
✔最大128GB(4400MHz)のデュアルチャネルDDR4メモリに対応
✔2.5Gbps LAN(LANマネージャー使用時)および2.4Gbps Wi-Fi 6に対応
✔7W/mKのサーマルパッド
✔背面および前面のケースパネルにUSB Type-Cを搭載

 

短所
✖背面のI/Oにアクセスする際にアンテナが邪魔になることがある

 

価格:193ドル
フォームファクター:Micro ATX

 

MSI B550M MORTARは、2.5Gbps LAN、Coreブースト、PCIe 4.0スロット、最新のPCIeデバイスに対応したM.2 Shield Frozr、プレインストールされたI/Oシールドなどを搭載しています。また、拡張ヒートシンク、厚手の銅製PCB素材、7W/mK定格のサーマルパッドにより、コンポーネントが最適な温度を維持し、優れたパフォーマンスを維持することができます。

 

超高速イーサネットLANと2.4 Gbps Wi-Fi 6は、特にゲーマーにとって印象的なネットワーク接続を提供します。優れたオンライン体験を得るために、ユーザーはMSI LAN Managerを介して遅延の影響を受けやすいプログラムに優先順位を付けることができます。

 

MSI LAN Managerは、オンラインゲーム用に特定のアプリケーションを自動的に識別して優先順位を付け、アプリケーションのトラフィック優先順位を変更したり、アプリケーションごとに帯域幅をカスタマイズすることができます。

 

2. MSI MPG B550 GAMING EDGE

長所
✔2.5GpbsのLANと2.4GpbsのWi-Fi 6
✔拡張されたヒートシンクと追加のチョークサーマルパッド
✔水冷ポンプの速度制御
✔LED照光と拡張可能なピンヘッダ

 

短所
✖他のマザーボードに比べてUSBポートの数が少ない

 

価格:179ドル
フォームファクター:ATX

 

MPG B550 Gaming Edgeは、6層のPCBを採用し、妥協することなく高いパフォーマンスと長期にわたるシステムの安定性を実現しています。その高品質なデジタルPWMは、過酷な状況下でもシステムがスムーズに動作するようにします。PCIe Steel Armorは、VGAカードを曲げや電磁干渉から保護します。

 

このボードには大型のPCIeクリップが付いているため、デバイスの取り外しや交換が簡単にできます。トラブルが発生した場合は、オンボードのLED(重要なコンポーネント用)がエラーの原因を表示しますので、どこで起動して再度実行するべきか、一目瞭然です。

 

MPGシリーズは、ヘビーユーザーのために特別に作られた製品です。RGB昭光の制御と同期により、色の完全な表現を可能にすることで、ゲーマーに最高のものをもたらします。また、前面のLEDストリップは、ゲーム中にリアルタイムで通知を行うことができ、ユーザーは様々なカスタマイズのレベルを試すことができます。

1. Gigabyte B550M DS3H B550M DS3H

長所
✔耐久性に優れたPCIe 4.0対応x16スロット
✔背面のHDMIおよびDVIに対応
✔相互運用可能なファンとセンサー
✔直感的なUIによるファン制御

 

短所
✖非常に長いビデオカードを使用した場合、一部のSATAポートが邪魔になる

 

価格:106ドル
フォームファクター:Micro ATX

 

Gigabyte B550M DS3Hは、5+3フェーズのピュアデジタルPWM + Low RDS(on) MOSFETの設計を利用し、Ryzen 7 3700Xやその他の第3世代AMDプロセッサーをサポートします。エネルギーに敏感な各コンポーネントに正確な電力を供給することに加えて、究極のハードウェアのスケーラビリティを提供します。

 

デュアルM.2コネクタは、最大64Gb/sのデータ転送速度をサポートします。また、従来のHDMIバージョンとの下位互換性を持つHDMI 2.1は、48Gb/sの帯域幅を提供します。

 

また、このマザーボードには、高性能で親しみやすいネットワークチップであるRealtek 8118 LANが搭載されており、自動で帯域幅を割り当てることができます。これにより、スムーズなブラウジングやゲーム体験を提供します。

 

B550M DS3Hは、従来のボードとは異なり、特殊なアンチサージICを使用して、重要なコンポーネントを静電気や電力供給の急激な変化から保護します。

よくある質問

Ryzen 7 3700xはゲームに適していますか?

8コア、16スレッド、4.4GHzのオーバークロック速度を持つRyzen 7 3700xは、16GBのRAMと十分なSSDストレージがあれば、ゲームには十分すぎるほどの性能を発揮します。画像編集、ビデオレンダリング、オーディオエンコーディング、ファイル圧縮など、どんな作業でも問題なくこなすことができます。

Ryzen 7 3700Xに最適なGPUとは?

ゲームフリークの方なら、このプロセッサーにトップクラスのグラフィックチップを組み合わせることができます。最適な選択肢は以下の通りです。

・Gigabyte RTX 2080 Super Gaming OC
・ASUS GTX 1660Ti Phoenix Version
・MSI RX5700XT Gaming X

Intel i7-9700Kよりも優れていますか?

かなり答えにくい質問です。i7-9700Kは、ほとんどのゲームベンチマークでRyzen 7 3700Xを上回っています。その差は、1~20フレーム/秒の間です(1080pで動作)。

 

性能やゲームを全面的に重視し、予算に問題がないのであれば、Intel Core i7-9700kがお勧めです。しかし、Ryzen 3700Xは大幅なコスト削減が可能で、その分をより良いGPUや他のコンポーネントに注ぎ込むことができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ