ガジェット

ガジェット

マルウェアを一つ残さず駆除できる 2019年最新の無料で使えるウイルス対策ソフト12選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、12 Best Malware Removal Tools Of 2019
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

134 views

読了時間 : 約9分46秒

主要なコンピュータワーム、すなわちマルウェアは、コーネル大学生ロバート・モリスがMITのシステムから「Morris Worm」を発信した 1988 年に初めて発生しました。このことは、新しくてより強力な悪意のあるソフトウェア時代の始まりでした。

 

しかし、最初の文章化されたコンピュータウイルスは 1971 年に出現した「Creeper Worm」です。

 

それ以来、状況は劇的に変化しました。現代のマルウェアはスマートで、はるかに高度で残忍なものです。ハッカー/攻撃者がコンピュータのセキュリティメカニズムを危険にさらすためのさまざまな方法を模索しているため、それらは絶えず進化しています。

 

したがって、正しいアンチウイルスソフトウェアを選択することは非常に重要です。結局、潜在的ハッカーとコンピュータハードドライブの機密データ間には、それしかありません。

 

以下、どのようなアンチウイルスアプリケーションが適切か、またそうでないかを決めるのに役立てもらえるよう、マルウェア除去ツール ベスト12 リスト をまとめました。

 

12. SUPERAntiSpyware

プラットフォーム: Windows
長所:高速スキャン
短所:標準以下のマルウェア対策

 

SUPERAntiSpywareは、悪意のあるソフトウェア、ワーム、ルートキット、スパイウェア、アドウェア、トロイの木馬、およびその他の類似したプログラムからコンピュータを保護するための補足プログラムとして使用できるフリーウェアです。ただ、これだけでウイルス対策ソリューションとしてこのアプリケーションを使用することは、お勧めしません。

 

このアプリケーションを使用すると、ユーザーは、どの種類のファイルをスキャンする必要があるか、ZIPファイルを調べる必要があるか、そのような状況が発生した場合にショートカットを使用するかどうかなど、特定の重要なパラメータを定義できます。これらはいつだって重宝します。

 

商用版には、リアルタイム保護、自動更新、定期スキャンなどの追加機能がほとんど含まれていません。

 

2011 年、米国に拠点を置く技術会社Support.comが、SUPERAntiSpywareを850万ドルの報告料で取得しました。

 

11. HitmanPro

プラットフォーム: Windows
長所:全体的なマルウェア対策が優れている
短所:リアルタイム保護がない

 

将来発生しうるマルウェア攻撃を防ぐため適切なウイルス対策ソフトウェアを用意することはできますが、永続的にマルウェアが侵入し、ウイルス対策のインストールを妨げ、ブロックしているとしたらどうでしょうか。まあ、このような状況ではHitmanProが最適です。

 

これは、感染したシステムからルートキット、トロイの木馬、ワーム、ウイルス、スパイウェア、およびその他の種類の悪意のあるファイルを検出して削除するため特別に設計された、ポータブルなマルウェア対策ツールです。また、Windowsを正常起動させないランサムウェアをバイパスするKickstartモジュールを備えています。

 

このソフトウェアの最良の部分は、無料で無制限にスキャンできるということです。ただし、発見されたマルウェアを駆除するには、コマーシャルライセンスを購入するか、30 日間の試用版に申し込む必要があります。

 

10. AVG Antivirus Free

プラットフォーム: Windows、Mac
長所:軽量
短所:プライバシーの問題(の可能性)

 

もし、コンピュータの寿命に影響のない無料で軽量のマルウェア保護アプリケーションを探しているならば、AVG Antivirus freeを使ってみるのもいいかもしれません。Eメールセキュリティ、隔離保管室、および定期的なスキャンなど、適切なアンチウイルスアプリケーションに必要なほぼすべての機能が提供されます。また、ファイルシュレッダーも付いています。

 

ただし、AVGはマルウェア攻撃に対する強力な保護メカニズムを備えておらず、他の一般的ソフトウェアと同じではない、ということは念頭に置かなければなりません。また、これらのアプリケーションは、通常の状況下であれば、既知のマルウェアに対し正常に機能します。

 

しかし、ゼロデイマルウェアおよび標的型攻撃に対してはあまり十分に機能しません。

 

同社は、2016 年にAvastにより 13 億ドルの開示手数料で買収されました。

 

9. Avast Antivirus

プラットフォーム: Windows、macOS、Android、iOS
長所:カスタマイズ可能、ゲームモード
短所:リソース消費、プライバシーの懸念

 

Avastの無料のアンチウィルスは強力で、働きも十分なアプリケーションを特徴としています。この機能には、パスワードマネージャ、ブラウザ拡張機能、Wi-Fiスキャナがあり、また、ゲームを楽しんでいる間に入ってくる迷惑通知に対処する機能をであるゲームモードがあります。

 

Windowsユーザーは必要に応じ、さまざまな方法でソフトウェアスイートをカスタマイズすることもできます。またAvastは、アンインストールされた文書、アプリケーションデータ、その他すべての不要なエントリを駆除するのに役立ちます。

 

しかし、その一方で、マルウェアに対する保護は、十分強力とは言えません。トリッキーなユーザーインターフェースや、通常よりスキャンの時間が長いことも、やや凡庸なパフォーマンスという評価になります。さらに、Avastは若干個人データを第三者に提供してしまうことが知られており、この点ユーザープライバシーについても懸念があります。短い広告もよく見られます。

 

ブラウザやその他の種類のSafeZoneを使用するかどうかにかかわらず、使用する言語(Pirate Talkを含む 48 言語)を選択する必要があるため、インストールには少し時間がかかります 。多くのウイルス対策ソリューション同様、Avastもサポートを提供していません。

 

よって、ユーザーは直面しうる問題を解決するには専用のフォーラムと知識ベースに頼らざるを得ません。

 

8. Avira Antivirus

プラットフォーム: Windows、Mac、Android
長所:アドオンオプション、ファイアウォールマネージャ

 

Aviraはかつて最高の無料アンチウイルスアプリケーションでした。それはもはや当てはまりませんが、まだなにか良いマルウェア対策ソフトウェアを探している人にとっては使える選択肢です。Aviraには、ユーザーが自分の快適さに応じてシステムのファイアウォールを調整できる、ファイアウォールマネージャが付属しています。

 

パスワードマネージャやVPNサービスなどの他の機能は有料版で利用可能です。

 

Aviraの最大の欠点の1つは、とくにシステム全体のスキャン中、コンピュータリソースが非常に高い割合で消費されてしまうことです。また、そのマルウェアスキャナー自体に問題があります。つまり、たまには非常にうまく機能するのですが、その他の場合、かなり普通のパフォーマンスに過ぎません。

 

2013 年、Aviraはハッカー/攻撃者に顧客のシステムへのアクセスを許可してしまうというゼロデイ攻撃に見舞われました。その前にも、2つの潜在的に危険な攻撃が発生しています。

 

7. Emsisoft Emergency Kit

プラットフォーム: Windows

 

Emsisoft Emergency Kitは、スパイウェア、アドウェア、ワーム、トロイの木馬、キーロガー、ルートキット、ダイヤラーマルウェアなどのウイルスを検出する、別のポータブルマルウェア除去ツールです。これは、影響を受けるコンピュータやシステムをスワイプするのに最適です。

 

とくにルートキットをスキャンしている場合は、ダイレクトディスクアクセスモードを有効にする必要があります。

 

このアプリケーションには 32 ビット版と 64 ビット版があり、かなり軽量であり、スキャナーはたった 200 MBのRAMしか使用しないと言われます。Emsisoft Emergency Kitはポータブルアプリケーションですが、他のデスクトップソフトウェアと同じように見えます。

 

起動するとすぐ、目の前にいくつかのオプションがあります。すでに最適な設定になっているので、設定を微調整する必要はありません。最新のアップデートをインストールするように求められます。

 

他のマルウェア対策アプリケーションと同様に、大規模なウイルスデータベースもあります。

 

6. ESET

プラットフォーム: Windows
長所:全体的な保護対策

 

ESETは、マルウェアからの保護を提供する優れたウイルス対策アプリケーションとしては十分ではありませんが、まともなアプリケーションです。ご存じない人のために申し上げますが、ESETはサイバーセキュリティ分野で最も有名な名前の1つで、スロバキアに本社があります。

 

マルウェアの検出に加えて、このアプリケーションはコンピュータのファームウェアに対する保護も提供します。

 

マルウェア検出エンジンには、3レベルのセキュリティがあります。まず、スキャンされたファイルに既知のウイルスシグネチャがないかどうかをクロスチェックし、次にヒューリスティック分析を使用して、あやしい動作と新しいマルウェア攻撃のコードを調べます。

 

そして最後に、ファイルまたはフォルダが潜在的に危険であることが判明した場合、ESETはそれを削除し、今後の参考のためにデータベースにそのサインを追加します。

 

さらに有料版では、パスワードマネージャとファイルの暗号化にアクセスできるということです。しかし、そのマルウェア検出機能は、Malwarebytesや他のハイエンドアプリケーションとは異なり、あまり一貫性がありません。

 

5. Trend Micro

長所:効果的なマルウェア対策、ファイアウォールブースター
短所:システム上重い

 

Trend Microとは、個人と企業両方に一流のセキュリティソリューションを提供する、日本のソフトウェア開発会社です。Trend Microには無料のオプションはありませんが、Webサイトからダウンロードできる無料のスタンドアロンツールがいくつかあります。

 

ここの製品はすべて、ゼロデイ(これまで知られていなかった)脅威に対し平均以上の保護を提供し、また、非常に厳しいテストの間でも一貫してエラー率は低いままです。

 

より高価なプランではパスワードマネージャ、ファイル暗号化、システムオプティマイザ、プライバシースキャナ、データ盗難防止などの追加機能が利用できます。ソフトウェアは最大 10 システムで使用できます。

 

欠点は、膨大な量のシステムリソースを使用するため、システムの遅延が発生する可能性があることです。Trend Microが提供するサービスがワールドクラスであることは間違いありません。

 

しかし、いくつかの追加機能を付けるためにはさらに料金がかかります。

 

4. Norton Antivirus

プラットフォーム: Windows、macOS
短所:低速スキャン

 

Nortonは、もう1つの有名な全有料型ウイルス対策アプリケーションで、無料で使用できる製品はありません。4つの異なるレベルがあり、まずNorton Antivirus ベーシックが最初です。ここではパスワードマネージャ、フィッシング対策およびスパム対策機能が含まれています。

 

また、スタンダードレベルセキュリティでは、双方向ファイアウォール機能が追加されます。

 

3、4番目のレベルであるデラックス、プレミアムバージョンでは、Web管理ポータルとオンラインストレージなど追加機能がいくつかあります。Norton Security プレミアムでは 25 GBのクラウドストレージも利用できます。ただし、アプリケーションにはファイルシュレッダー、暗号化、Webブラウザのセキュリティなど重要な機能がまだ備えられていません。

 

Nortonはかつてシステムのリソースを大部分使い果たし、スキャンにかかるコンピュータ速度が落ちるとして批判されました。この問題は解決されたものの、スキャンとセキュリティチェックには以前よりも時間がかかります。

 

3. Adaware Antivirus

プラットフォーム: Windows

 

Adawareはアンチウィルス/マルウェアのセットアップの選択肢として人気のある、もう一つのアンチウィルスソフトウェアアプリケーションです。無料版のアンチウィルスが基本的にAdaware製品の最低限の機能です。

 

この機能には、リアルタイム保護、悪意のあるアプリケーションやファイルのブロックなどが含まれています。また、オンデマンドスキャンもあります。これらのプロセスはバックグラウンドで静かに実行され、一時的に機能を中断することができます。

 

次は安定性チャンバーです。危険ではないと判断した項目がある場合は、データを失うことなくいつでもそれらを復元できます。または、履歴タブの安定性領域からアイテムを完全に削除することもできます。

 

Adawareを使い始めるには、プログラムに登録する必要があります(Eメールアドレスと登録)。この点、AvastやAviraのような他のAVアプリケーションとは異なります。

 

このアプリに対する私たちの評価として、Adawareは、マルウェア攻撃に対する2番目の防御ラインとして他のウイルス対策アプリケーションと組み合わせて使用した場合に最も良い結果が得られることがわかりました。

 

2. Bitdefender Antivirus Free Edition

プラットフォーム: Windows
長所:クリーンなインターフェース、ユーザーフレンドリー

 

Bitdefenderは、ウイルス対策業界では世界で最も信頼されているものの1つで、現在の市場シェアは8%を超えています( 2018 年8月)。同社は、個人ユーザーと企業ユーザーの両方に対し、あらゆる種類のウイルス対策ソリューションを提供していることで知られています。

 

また、Bitdefenderアンチウィルス、アドウェア、クイックスキャンツールなどのスタンドアロンアプリケーションも無料で用意しています。

 

Bitdefender Antivirus無料版は、基本的にすべての基本的なセキュリティ機能を備えた高速で信頼性の高いアプリケーションです。ウイルスとマルウェアの両方の保護の側面をうまく組み合わせています。

 

私がBitdefenderで最も好きなことは、ファイルとフォルダをホーム画面にドラッグアンドドロップするだけでスキャンできることです。このようにあなたがそこに起こっている疑わしい何かを見つけたときはいつでもあなたはダウンロードフォルダを一掃することができます。

 

また、悪意のあるURLからユーザーを保護するWebフィルタリングサービスも提供しています。

 

1. Malwarebytes

プラットフォーム: Windows、macOS、Android
長所:使いやすく、他のセキュリティアプリとうまく動作する
短所:オンライン保護なし

 

Malwarebytesは、おそらく利用可能なマルウェア対策ツールの中で最高です。インターネットに潜む最も先進的かつ最新のマルウェア脅威を検出し、排除することに全力を注いでおり、ほぼ毎日データベースを更新することによってそれを実行しています。

 

無料版とプレミアム版があり、最初に試してみたい場合には14日間の試用も可能です。試用版には、基本機能の中に、リアルタイムスキャンとランサムウェア保護が含まれています。無料版はマルウェア対策機能のほとんどを搭載されていますが、自動定時スキャンを実行しておらず、また、リアルタイム保護の提供がありません。

 

インストールプロセスはかなり簡単です。まず、ウェブサイトからインストーラをダウンロードし、それが終わったら、残りのプロセスは他のアプリケーションの場合と同じです。

 

他のほとんどのマルウェア対策専用プログラムと同様、Malwarebytesはシステムのパフォーマンスに影響を与える可能性があり、その程度は使用しているハードウェアによって異なる場合があります。

 

2016年、Malwarebytesは、より高度なアドウェア除去技術へのアクセスをユーザーに提供するためにAdwCleanerを正常に取得したと発表しました。親製品同様、AdwCleanerもスタンドアロン製品として無料で利用可能です。

おすすめタグ