マーケティング

マーケティング

ARが活躍する10の業界【拡張現実による次世代型サービス】

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、10 industries utilizing augmented reality
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

434 views

読了時間 : 約5分36秒

 

 

 

 

 

拡張現実は、娯楽だけでなくビジネスの観点からみても、私たちの日常生活に多大な影響を与えてきました。 ARは大変革をもたらす典型的な技術革新であり、これから紹介する10の業界でのこの技術の活用方法は実に優れています。

 

拡張現実となると、私たちはポケモンGo等のゲームのことを考えがちですが、この技術の成長はゲームやエンターテインメント部門の境界線を飛び越えてきました。今日、AR技術は、人々やビジネスリーダーにとってターゲットとするユーザーを引き付けるための主要なツールとなっています。そして、ブランドが市場で注目され続けられるようにできる、ARによってもたらされたありとあらゆる利益を享受しているのです。

 

AR技術の出現とともに活発になってきている業界の例を以下に示します。

 

 

 

ビジネス界における拡張現実のよくある活用事例集

 

1.製造業

製造業のような業界では、開発プロセスでの失敗は、たった1回でも許されないことです。微小な欠陥によって既存の製品を再構築、あるいは改善しなければならなくなり、コストがかさみ、時間のロスにもつながるのです。では、どうするべきなのでしょうか。

 

この問題に対する適切な解決策は、拡張現実です。 3Dで試作品をデジタルで作成できる可​​能性を秘めたこの技術は、試作品の作成と検証を容易にしてくれます。経営者は簡単に適切な決定を下すことができるようになり、チームは仕事の効率が上がります。これにより、開発プロセスの速度が効率とともに向上し、最終的には製品の質と収益が良くなります。

 

 

 

 

2.教育

AR技術は、ユーザーをコンテンツに没頭させ、概念に相互作用をもたせるという2つの方法で、教育ビジネスに垂直的な違いを生み出しています。ゲームの要素を授業に取り入れることで、ARは教師と学生の両方にとって優れた授業を提供しています。その技術は、退屈な授業を驚きに満ちた体験に変え、三次元ARモデリングを通して複雑なコンセプトを簡単に学ぶことに役立っているのです。学生は、教科書の内容を超えた学びを得て、好奇心を満たすことができます。また、チューターや教師が生徒に最適な環境を提供し、最高の成績が出せるようにもなっているのです。例えば、教室を拡張現実の遊び場や高解像度で表示されたジムに変えることで、体育の先生は簡単に生徒が積極的に練習に取り組むようにできるようになります。

 

 

 

 

3.ヘルスケア

AI、機械学習、そしてウェアラブル端末と同様に、AR技術は医療業界をにぎやかにしています。この技術は、複雑な医療関連の知識をインタラクティブな3D形式に分解してくれるのです。これにより、医療専門家が患者や研修生にあらゆることを簡単に説明できるようになります。さらに、拡張現実は、外科医が正確な縫合を行い、手術の成功率を高めるのに役立つ、異なる視点からの内臓の三次元画像を提供してくれます。

 

 

 

 

4.マーケティング

ARは活気のないマーケティングメディアに命を吹き込んでいます。マーケティング担当者は、ARベースの店舗、パンフレット、ポスター、Tシャツ、チラシ、広告掲示板に3Dアニメーション、ビデオ、そしてターゲットに応じたその他の追加情報を組み込むことができます。このようにして、有益でシームレスな顧客体験をターゲットオーディエンスに提供できるのです。

 

 

 

 

5.ファッション

拡張現実は、ファッションや小売業界に様々な側面から変革をもたらしています。オンラインとオフラインの買い物客が快適で簡単に適切な製品を選べるように個人向けにカスタマイズされた支援を行ってくれます。

 

そういった拡張現実の実装例のうち最も優れたものの1つがAmerican Apparelです。カリフォルニアに本拠地を置くこの衣料品小売業者は、ユーザーがあらゆる製品をスキャンし、在庫にあるサイズのチェック、色の変更、レビューの閲覧など、さまざまな機能を使うことができます。実際にどのように動くのかを知りたい方は、このビデオをご覧ください。

 

 

 

 

 

6.旅行

拡張現実は、ホテルの客室の予約から交通機関、イベントや日帰り旅行を計画したり、レストランでテーブルを予約したりするなど、あらゆる方面から、煩わしさから解放された、思い出に残る旅行をサポートしてくれます。この技術は、便利な音声会話に変換することで、パンフレットやその他の資料に書かれている情報を簡単に入手することに役立ちます。また、客室、レストラン、会議施設、その他の場所での360度疑似体験ツアーを顧客に提供します。さらに、この技術は、快適な客室を出ることなく、近くのイベントや観光スポットを訪れることを可能にしてくれるのです。

 

 

 

 

 

7.ナビゲーション

行ったことのない場所へ向かう際にGPSを使用することは、面倒なことも多く、事故が起こりやすくもなります。この問題に取り組むために、ARはスマートグラスに行きつきました。これらの眼鏡には、ドライバーがよそ見することなく、正しい経路をたどることを可能にしてくれるセンサーが備え付けられています。

 

このようにして、このメガネはドライバーの体験の質を向上させ、自動車分野をスマートにしているのです。

 

 

 

 

 

8.小売

AR技術の発達はSnapchatのフェイスフィルタを超えました。この技術は、メガネや化粧品業界で広く利用されており、顧客が自分が何を欲しいのかを把握し、購入する前にあらゆる製品を試すことができるのです。

 

顔と肌は一人一人異なるために、完璧にフィットした顧客体験を提供することは以前は非常に困難でした。しかし、AR技術の出現により、エンドユーザーは自分に合ったものを見つけて購入することができます。このような応用技術の成功例は、Sephoraのアップデートされたアプリです。このモバイルアプリには、仮想的な試着機能があり、顧客はメイクアップを試し、自分の顔に合ったものを見つけることができます。同様に、メガネ会社であるGlasses.comは、エンドユーザーが異なるスタイルのメガネを試して、気に入ったメガネを購入することを容易にするために、この技術を取り入れています。

 

 

 

 

 

9.飲食業

拡張現実は、消費者、製品、および製品コンテンツの間のギャップを橋渡ししています。この技術により、エンドユーザーは、注文した食べ物の成分および栄養価の詳細な情報を簡単に入手できます。また、革新的な方法で料理レシピを表現していて、シェフが実験を通してスキルを向上させることに役立っています。

これとは別に、この技術は顧客マーケティングにおいて重要な役割を果たしています。たとえば、ARに支えられたPatronキャンペーンでは、iOSユーザがさまざまな種類のテキーラを飲むAR体験にアクセスでき、ミニバーテンダーがそれぞれの風味についての説明をしていました。

 

 

 

 

 

 

10.企業

ARは企業に多くの利益をもたらすことで企業の業務を強化してきました。ARの映像によって、ユーザーは担当者向かい合って話しているかのように感じるようになります。これによって、プロセスへのエンゲージメントと生産性が向上するのです。さらにこの技術は、個人に関するすべてのオンライン情報をスキャンして収集し、取引に入る前に顧客のバックグラウンドを確認する際に重要な役割を果たしています。

 

拡張現実に秘められた可能性はまだ完全に解放されてはいませんが、このテクノロジーはビジネス界の新しい時代の始まりを告げるものです。ブランドの顧客との関わり方を向上し、顧客とのつながりを強化するための適切なツールとして機能しています。 AR技術の採用は急速に拡大しており、ARアプリケーションの開発への投資額は急増しており、市場規模は2022年に1,174億ドルを超えると見込まれています。今すぐにでもARアプリへ投資すべきだということです。

 

 

この新しい技術を使いこなす用意はもうできていますか?

 

 

 

 

※本記事は、10 industries utilizing augmented realityを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ