マーケティング

マーケティング

【コンテンツ自動生成】AIで変わるコンテンツマーケティング【見込み客獲得】

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、The robots probably aren’t coming for your job, but AI is the future of content marketing
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

558 views

読了時間 : 約7分32秒

 

 

 

 

 

 

 

人工知能は、データを用いてターゲットとなる閲覧者を見つけ出し、コンテンツのためのアイデアを生み出す方法に革命をもたらしました。 AIの将来は、テクノロジーを使用して極限まで一人一人にカスタマイズされたマーケティングコンテンツを作成できること意味しているのです。今では、ほとんどの人がAlexaとSiriに冗談を言ってくれるように頼んでみたことがあります。しかし、近い将来、人工知能(AI)システムに、ストーリーを語らせること、あるいはもっと重要な、AIコンテンツマーケティングを使用して、観客にストーリーを伝えることができるようになるでしょう。

 

 

 

「人工知能」という用語は、単に人間の思考過程を模倣するコンピュータシステムを意味します。 チューリングテストは、コンピュータで生成された会話が人間をだますことができるかどうかを尋ねる方法で、1960年代にAIシステムの代表的なテスト方法を確立しました。最近では、人間をだますことよりも、可能な限り関連性の高い最新のコンテンツを提供することが重要です。そしてAIは、閲覧者の心に響くものを私たちに伝えることができる点で非常に有用であることが証明されているので、閲覧者が望むと予測される種類のコンテンツを作り出すことも近い将来可能になるかもしれません。

 

 

 

AIはコンテンツに革命をもたらすだけではありません。それは、私たちの世界の見方にも大きく変化をもたらしています。実際、イーロン・マスクは最近、コンピュータは早くて2030までに、遅くても2060年までに、コンピュータが「あらゆることにおいて」人間と区別がつかない、あるいは人間より優秀になる時代が来ると予測しました。そして、2017年に同社がプレス・アソシエーションのAIを使ってニュース記事を作成する計画に80万ドル投下して以来、Googleもこのことに同意しているようです。

 

 

 

あらゆる面で私たちを上回るコンピュータというのは、現在よちよち歩きをしている赤ん坊が大きくなって高校を卒業するまでに起ころうとしていることというよりは、ディストピア小説の筋書きのように思えますが、AIはニュース記事から極限までパーソナライズされた電子メールまで、あらゆるものを生成するために実際に使用されています。

 

 

 

 

AIやコンテンツマーケティングについて長々と話すわけ

これまで、産業界は人工知能の可能性についてやや近視眼的でした。たとえば、透明性や人間の偏見など、媒体購入に固有の問題に対する解決手段であると一般的に想定されています。

 

 

 

しかし、人工知能が私たちの媒体購入の悩みに対する解決策であるという前提は、AIがコンテンツマーケティングプロセスの、より分析的でデータを中心とする部分をカバーでき、キャンペーンの創造的側面のために人間が使う時間を増やせるアイデアをしばしば伴うことがあります

 

 

 

しかし、H&MやSephoraのようなブランドがチャットボットの導入というかたちで小売戦略にAIを取り入れたことにより、閲覧者サービスの経験を向上させることに成功したことで、こういったのアイデアはすでに時代遅れになりつつあります。これらのブランドは、来店の予約から閲覧者のよくある質問に答えるまで、ボットがすべてを処理できるようにしています。プロセスは完璧から程遠いのですが、AIテクノロジーがチューリングテストをパスするだけで、それを上回るものではない素晴らしい例です。

 

 

 

また、AIが小売業に革命を起こすことができるのならば、それはコンテントマーケティングを揺るがすきっかけとなる潜在能力を秘めているという証拠でもあります。

 

 

 

 

 

コンテンツマーケティングの未来はすぐ傍に来ている

私たちはますます、AI技術を利用してキーワード、見出し、画像、ストーリーの成功の度合いを測定するようになってきています。その測定方法は、私たちが作り出すコンテンツの種類を大きく変えました。たとえば、データアナリティクスでは、視聴者が画像を含むテキストを読む可能性が高いという一般的な知識が得られたため、マーケティング担当者は画像を投稿に追加することによりたくさんの労力を割くようになりました。

 

 

 

しかし、AIは、どのようなコンテンツが閲覧者の心に響くものであるかを示すだけでなく、同じようなコンテンツを生み出すこともできるために、多くのマーケティングイノベーターが閲覧者と関わりを持つ方法や、何が「良い」書き方であるかという問題の答えまでもが変化してきています。

 

 

 

典型的事例:「戦争と平和」を書くことができるロボットを想像するのは難しいでしょうが、まさにこのシナリオ現実となろうとしているのかもしれません。 2016年に、AIによって生成された短い作品は、実際に日本のフィクションコンテストのファイナリストとなり、コンテンツ制作に関しては、AIは単なるおとぎ話ではないことがさらに証明されたのです。

 

 

 

2年前、Gartnerは2018年までに、ビジネスコンテンツの20%がコンピュータによって生成されると予測しました。審査員は、その予測が正しかったのかどうかについては判断できていませんが、多くの組織がAIによるコンテンツ作成を物語戦略に統合することに成功したことを考えると、この数字は正しいのかもしれません。

 

 

 

ここでいくつか例を示します。

 

 

 

 

 

AIはスポーツ欄に革命を起こした

 

過去3年間、応援しているチームのスコアを常にチェックしていたのなら、おそらくコンピュータで作成されたコンテンツを読んだことでしょう。

 

 

 

2016年、ワシントンポストは、2016年のリオオリンピックの報道を支援するAIコンテンツジェネレータであるヘリオグラフを立ち上げました。それ以来、システムは、新聞がコンテンツを作成する方法に革命をもたらし、「スコアリング・プレイ、個人の選手の統計情報、四半期ごとのスコアの変化、The Postの週刊トップ20の地域ランキング」に基づいた可能な限りローカライズされた記事の迅速な生成を可能にしました。結果として数百もの重要性の高いニュース記事が得られましたが、こんな数の記事を作成するための労働力を雇うなんて夢にも思わなかったでしょう。

 

 

 

 

AIを使っているとは思われていなかった会社のリスト

 

ロサンゼルスタイムズ

ロサンゼルスタイムズは、ワシントンポストがスポーツの報告に革命を起こし、市民を地震から守るために役立ったのと同じAIコンテンツ生成技術を採用しています。EQBOTは米国地質調査所の大都市周辺の地震に関するデータを使用して、読者に警告するニュース記事を書いています。ボットは自身のTwitterアカウントの管理も行っています。

 

 

ディズニー

ディズニーは長らくアメリカの物語戦略のアイコンでしたが、次の大ヒットを夢見て、それを実現するためにまもなくAIに頼ることになるでしょう。ディズニーは、Q&AサイトQuoraの賛成票と反対票のデータに基づいて、人間の脳を模倣して物語を魅力的にするものを突き止めるAIに取り組んでおり、それらの物語を聴衆と共鳴する方法で発信するのです。

 

 

オーランド・マジック

フロリダ州に拠点を置くバスケットボールチームは最近、電子メールを超個人向けにカスタマイズするためにWordsmithを利用しました。オーランド・マジックのマーケティングチームは、SAS(統計分析システム)を利用して、どのシーズンのチケット所有者がオンラインでチケットを転売したかのみならず、オンラインでチケットを再販する可能性の低いチケット所有者を知ることもできるようになりました。コンテンツ制作者は、チケットをチームに再販し、「マジック・マネー」にかえることができることを伝える、パーソナライズされた電子メールの通知をチケット所有者に送信することができます。AIによる個人向け電子メールは非常に効果的であり、80%の反応が肯定的で、ロイヤルティキャンペーンの認知度をはるかに高めることに成功しました。

 

 

 

 

 

 

AI + B2B = 完璧な方程式

AIコンテンツのマーケティングは、B2B企業が閲覧者とコミュニケーションをとる方法に大きな変化をもたらす可能性があります。

 

 

皮肉なことに、閲覧者がマーケティングの個人向けカスタマイズをより強く求めているために、マーケティング担当者がそれの要求にこたえるのがより難しくなってきています。アクセンチュアは最近、56%の人が名前で呼ばれた後に商品を購入する可能性が高くなり、マッキンゼー&カンパニーは個人向けカスタマイズがマーケティング費用の8倍のROIを達成できることを発見しました。しかし、マーケティング担当者の83%はパーソナライゼーションに苦労しています。

 

 

 

解決策はAIにあるかもしれません。AIシステムは、クリック、オープンレート、さらにはソーシャルメディアを分析するだけでなく、閲覧者を名前で呼んでアピールするだけでなく、魅力的なトーンで関連情報を提供するという数々の引き金に基づいてコンテンツを生成することもできます。全ての人に訴えかけるトーンでコンテンツを描き、編集し、改訂するのではなく、閲覧者に彼らの話し方で話しかけることができればどれほど楽でしょうか。

 

 

 

 

AIがコンテンツマーケティングの考え方を変える

もちろん、AIによるコンテンツマーケティングは、まだその初期段階にあります。Articooloというコンテンツ制作製品を使用してそのニュース記事の1つを制作するClickZ自身による試みで得られたのは、人間の作家なら加えるであろう精巧さを欠き、ぎこちないものの、すべての事実を提供する役立つ記事でした。 ClickZの記者Mike O’Brien氏によれば、人間の編集者がすぐに修正できなかったことは無かったそうです。

 

 

 

おそらく、AIに関する最大の恐怖は、コンピュータがすべての仕事を奪ってしまうのではないかというものです。ギャラップの最近の調査によると、アメリカ人の73%が、人道主義のロボットが生み出す雇用の数はロボットによって無くなる雇用の数より多いと確信していますが、回答者の23%はAIに仕事を奪われることを心配していました。

 

 

 

コンテンツマーケティング担当者はロボットに関する仕事を失うことを心配する必要があるのでしょうか。おそらくそうではありません。コンピュータは依然として何かを強調することができず、人間の感情を反映するのも難しいので、本当に個人的な物語を作成することは不可能です。ニューヨーク・タイムズは今のところ「モダン・ラブコラム」を、お涙ちょうだいジェネレーターにアウトソーシングしようとはしていません。

 

 

 

しかし、コンテンツマーケティングのためのAIの可能性を考えると、個人向けにカスタマイズされたコンテンツを効率的に作成する新しい方法を検討しているマーケティング担当者にとってそれは理にかなっています。閲覧者は自分の性格や嗜好にぴったりの物語を望んでおり、私たちがパーソナライゼーションのためのデータの手がかりを拾うことができる技術は、個人レベルで閲覧者の心に響くストーリーを伝えるのにも役立つのです。

 

 

 

※本記事は、The robots probably aren’t coming for your job, but AI is the future of content marketingを翻訳・再構成したものです。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ