マーケティング

マーケティング

見事にイメージを変えた!企業のブランド再生15選【デザインのインスピレーションにいかがですか?】

425 views

企業のブランド再生とは、デザイン業界にとっては胸踊るイベントです。戦略立ててブランドを建て直した結果、大衆が持つ企業へのイメージが(良くも悪くも)ガラッと変わってしまうこともめずらしくありません。

 

この記事では、Shillingtonが選ぶ見事なブランド再生の15の例を紹介します。

 

  1. 1.Co-op by North

デザイン・エージェンシーNorthは、Co-opの弱い企業イメージ建て直すため、過去のデザインからインスピレーションを得ました。もともと1968年にデザインされたロゴを使用し、Co-opの原点に立ち返り、レトロで親しみやすい新しいアイデンティティを作り出しました。

 

 

  1. 2.Dropbox

Dropboxは、その新しいブランドアイデンティティを、顧客のクリエイティブな作業に触発されていると話しています。デザインには、クリエイティブなエネルギーを解放することに焦点を当て、ストレージなどの基本的なタスクを自動化し、無駄な作業を減らすというアイデアを取り入れています。

 

 

  1. 3.Auto Trader by Studio Output

Studio Outputは、英国のデジタル自動車市場をリードするAuto Traderと共同で、ブランドを再建しました。「中年男性のための雑誌」というイメージを払拭するため、ブランドの伝統に焦点を当て、現代のビジュアルとデジタルプレゼンス全体への新鮮なアプローチを通じて、現代ビジネスを反映した魅力を体現しています。

 

 

  1. 4.Premier League by DesignStudio

2016/17シーズンに先立ち、DesignStudioはPremier Leagueの新しいブランドを作り出しました。競争の概念を表すシンボルであるライオンのアイコンを現代風に取り入れた大胆で活気のあるデザインは、すべてのデジタルおよび番組フォーマットに柔軟に対応しています。

 

 

  1. 5.Giraffe Kitchen by Ragged Edge

Giraffeを業界内でも目立つ存在にするため、クリエイティブエージェンシーのRagged Edgeは、「世界各地で探し求めた最高の食事を提供する」という創業者の本来の意図に注目しました。「全く新しい世界を味見しよう」という宣伝文句とともに、完全なブランド戦略と、視覚的、言語的なアイデンティティを生み出しました。

 

 

  1. 6.Audi by Strichpunkt, KMS Team and Blackspace

Strichpunktと共同で, BlackspaceとKMS Teamは、自動車会社Audiの新しい企業デザインとアイデアを想起しました。より現代的なロゴ、スクリーンフォントとアイコンを用い、より親しみやすいデザインを導入しました。

 

 

  1. 7.Airbnb by DesignStudio

Airbnbの文化とコミュニティからインスピレーションを得たDesignStudioは、13の都市に代理店の4人を連れ、18のAirbnbホストと一緒に滞在し、ブランドのサービスを理解するために滞在中のあらゆる面を記録しました。この結果、デザインにはクリーンで現代的で魅力的なアイデンティティを提示しながら、Airbnbの重要な価値基準が反映されています。

 

 

  1. 8.Frameline by Mucho

非営利メディア芸術団体であるFramelineの目的は、「風変わりな映画の力で世界を変える」ことです。Framelineはサンフランシスコなどの映画製作者と観客をつなぐ役割を果たしています。近年のブランド再生のために、Muchoは第40回LGBTQ映画祭のクリエイティブ制作を担当しました。

 

 

  1. 9.Budweiser by Jones Knowles Ritchie

ブランド再建の際、Jones Knowles Ritchieは、Budweiserの伝統の魂を反映しようと試みました。アメリカンドリームとしっかりと結びついたBudweiserの新しい見た目は、ハードに醸造されたスピリッツ(精神)を表しています。

 

 

  1. 10.Mastercard by Pentagram

マスターカードの新しいアイデンティティのために、Pentagramは1960年代から現在までの会社のロゴの進化に焦点を当てました。カラーパレットは、「さまざまな背景に対して明るく輝くように」という意図のもと選択されました。

 

 

  1. 11.Great Western Railway by Pentagram

英国の列車運行会社、First Great Westernのブランド再建の際、Pentagramは同社の豊かな伝統に注目しました。その結果、Great Western Railwayというインパクトのある名前、そして大胆で堂々としたデザインが開発されました。

 

 

  1. 12.McDonalds by Studio Boxer

英国に拠点を置くBoxerは、よりシンプルでフレッシュな印象を与えるため、McDonaldsのブランド再建を任されました。鮮やかな色で書かれた太字が、有名な金色のアーチとともに、同社のパッケージングを飾っています。

 

 

  1. 13.Deviant Art by Moving Brands

世界最大の芸術のためのオンラインソーシャルネットワークであるDeviantArtは、Moving Brandsに話を持ちかけ、ブランド再建および革新的な新しいアプリのデザインを行いました。

 

 

  1. 14.Eir by Moving Brands

アイルランド最大の電気通信事業であるEircomは、近年、変化の時期を迎えました。Moving Brandsを主要パートナーとして雇い、ビジネス・アーキテクチャーの明確化と合理化、ブランドのアイデンティティの転換、そして100以上の代理店の方向性を定めました。

 

 

  1. 15.Ministry of Sound by Spin

ロンドンの有名なナイトクラブ、 Ministry of Soundの誕生25周年を祝うため、Spinはブランド開発を受託しました。オーバーホールプロセスでは、文具やテンプレート、芸術表現、モーショングラフィックス、サイネージなどが対象となりました。

 

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

 

※本記事は20 of the best rebrands that got it rightを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ