マーケティング

マーケティング

2020年以降のソーシャルメディア戦略を成功させる為の5つの方法

Sprout Social

本記事は、5 ways to enhance your 2020 enterprise social media strategy
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

308 views

読了時間 : 約4分38秒

もう10年も経っているという事が信じられません。 新しいソーシャルメディアのプラットフォームが出来たために、ここ10年でマーケティングの仕方が急速に変化しました。

 

そして、これからの10年でソーシャルメディアでのマーケティングがどうなるか予測する事が難しいので、マーケッターがやる事は、今とあまり変わりません。 新しい時代に向けて最優先する事は、顧客との関係を強化して、顧客データを分析し続ける事です。

 

近年の社会的背景をよく理解している企業向けマーケッターは、ソーシャルメディアをビジネスの強力な武器にする事が出来ます。マーケッターは、色々な目的に合わせてデータを使う事が出来ます。それは、他社と競争したり、営業を改善するといった事より効果的です。

 

企画会社が2020年以降のソーシャルメディア戦略を作成して、全てのマーケッターが成功するための5つのキーを見つけました。

 

 

 

1. あなたのブランドのウリを作る

 

最近の消費者は、以前に比べてブランドの付加価値に注目するようになりました。付加価値がブランドと消費者を結びます。 消費者は付加価値にひかれます。Sprout 独自の調べによると、消費者の76% がブランド間を比較して買い物をしています。

 

マーケッターがブランドをユニークなものにしようとすると、消費者と繋がり始めます。 初めに、自分のブランドが何を目的にしているのか、なぜこの商品を作ったのかなどの、他社製品との違いをはっきりさせると消費者に注目させる一つの方法です。そして、そのユニークな物が何であるか知らせる事が、あなたが次に何をするか伝える事になります。

 

例えば、Netflixは、 わざわざ全てのソーシャルメディアプラットフォームでストリーミング配信を宣伝しています。 Twitter の公式アカウントで舞台裏を配信する事で、Netflixは他社と差別化を図っています。

2. 消費者目線で作成する

 

マーケッターが年間計画を立てる時、関連性という事がカギになります。Sproutの調べでは、  消費者の50%が商品に関係ない記事をフォローしません。

 

 

 

 

見ている人が何を求めているかを考え、企業マーケッターは何が流行っていて、ソーシャルメディアを見ている人が何に興味があるかどうかを考えなければいけません。 Social listeningを使うと、 今なにが流行していて、人々が商品や企業や企業の戦略をどう思っているか知る事が出来ます。 例えば、 NBA は、若い女性のファンを獲得するために、TikTokでリーグの中継を始めました。

 

ブレインストリーミングの新しいアイデアを考えるのに加えて、企業マーケッターはこれまでやってきた事を、何がブランドに有効だったか無効だったか検討しなければいけません。年末に、この1年でソーシャルコンテンツの中でどれが1番影響力があったか、どれが一番響かなかったかを精査してください。

 

2020年のソーシャル戦略を考える時、仮説をたてないでください。消費者の立場になり、どんな内容が見たいか考えてください。

 

3. ファンコミュニティーを作る

 

あなたがみんなの注目を集めて、あなたのコンテンツが好きな人が出てきたら、ブランドと顧客をつなぐ方法を考えましょう。コンテンツの内容が固まったならば、ブランドの濃いファンの為にコミュニティーを作る必要があります。

 

このコミュニティーでより良いサポートをする事ができ、ブランドの主催者としてブランドをより良くする為の意見を聞く事ができます。ブランドイメージが透明である事も熱心な顧客を増やすのに役立ちます。 消費者の85% は、企業の歴史を知っていると他を選びません。

 

信頼のある大きなコミュニティーを作っても、 消費者の34% しかそこから商品を買いません。ブランドが消費者の声を聞いて、ソーシャルメディア上で繋がりを持つと、信頼関係が築けます。ソーシャルメディアを見ている人たちは、どの様に関わってくるでしょうか? どんなコンテンツが見ている人たちの共感を得て、どんな話題の書き込みが多いでしょうか?

 

Peloton がどの様にフェイスブックのファンコミュニティーを作っているか見てみると、顧客同士がPelotonについて話せる場所を作っています。同じ様な事例がWistiaです。 ブランドの作成者向けには、Slackでコミュニティーを作り、お互いのブランディングをシェアしています。 そして、Sprout Social の Facebook グループ に投稿して、ソーシャルマーケッターとの関係性を築いています。

 

顧客の好みを知るのに時間がかかると思った時は、オンラインのコミュニティーを作り、消費者と交流するといいです。

4. ソーシャルメディア上の声を拾う

以前は、経営者はソーシャルメディアに関する事には手を出さず、マーケティングチームが全てやっていました。しかし、ブランドが有名になれば、 関係者はみんなソーシャルメディアで製造工程、新商品やサービスの紹介をする必要があります。問題があるとすれば、マーケティングチーム以外は、毎日の作業の中でソーシャルメディア上の影響力を理解している訳ではないと言う事です。

 

ソーシャルチームが広く影響を与える為に初めにやる事は、会社の人が何を売っているか、どんな人が働いているかを発信する事です。ソーシャルでも販売を考える時は、例えば誰かの心を掴むのは何か、仕事に必要なデータは何かなどを考えてください。それから、チームの役割とソーシャルデータが同じである事を示して、その目標や目的がみんなが望んでいるものであると示してください。 例えば Clouderaは、ソーシャルメディア上での交流を増やして、ウェブサイトでの影響力を高めています。

 

影響力を高める一つの方法は、チーム内でソーシャルメディアに書かれている事を共有する事です。ソーシャルデータが会社全体の役に立つだけでなく、マーケッターが普段直接関わっていないチームと一緒に作業できる様になります。将来を見越して、違う部署の人達がどの様な活動をしているか発信していると、直接関わっている部署にもいい影響が出てきます。

 

 

 

5. ソーシャル上にエグゼクティブシートを作る

 

最新の会社全体のソーシャル戦略を考える時に、ソーシャル上でランク付けをして下さい。誰かがリーダーになってくれるのを待たないで、あなたが流行を掴んで下さい。ソーシャル上で良く発言してくれる上位の人達に推薦する文章を書いてくれる様にお願いして下さい。

 

うまくいっているマーケティングやソーシャルのチームは、上位の人達から何が一番流行っているかを聞き続けています。あなたはどの様な提案や推薦を受けたいですか?そして、上位の人達は、それをどの様に利用していますか?

 

付け加えると、上位の人たちは、ソーシャル上で自分の発言に付加価値を付けたいと思っています。積極的にソーシャルメディア上でコミュニケーションをとり、あまり関わりのない人達にもあなたのビジネスが伝わる様にして下さい。どの様にソーシャル上の関わるかをきちんと準備していれば、あなたはチームの人達にソーシャルメディアの重要性を教える事ができます。

 

 

 

あなたのソーシャル戦略を新しい段階に引き上げて下さい

企業は、ソーシャルメディアが強い影響力を持っていると認め始めています。ソーシャルデータを参考にして、顧客との関係性を深め、ビジネスをよりよくしています。ソーシャルのマーケッターが2020年以降の戦略を考えているのなら、ソーシャルのレベルを上げる時です。あなたのブランドの独自性を広める事からはじめ、コミュニティを作って下さい。

 

ゴール設定をして、ソーシャルデータを活用して、他のチームに必要な作業を依頼して下さい。 ソーシャル戦略を高めて、企業の全ての部署に浸透させると、次世代まで成功し続ける事ができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ

このページのTOPへ