マーケティング

マーケティング

【2020年版】マーケティングにおける3つの目標と解決策

Sprout Social

本記事は、2020 vision: three resolutions marketers are committing to this year
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

402 views

読了時間 : 約2分22秒

新年というものは新しい目標を設定するのに良い機会でもあります。実際に、10人に3人のアメリカ人が2020年に新しい目標を設定しているという統計があります。働き方や健康的な食事生活などライフスタイルに関する目標もありますが、マーケターたちは、キャリアの成長や、戦略の改善などに目を向けています。

 

では、マーケティング担当者の目標設定にはどういったものがあるのでしょうか?新しいトレンドの把握、他との連携や関連コンテンツの作成などの目標は、ほんの一部に過ぎません。私たちsprout socialでは、TwitterとLinkedInで新年の取り組みについて尋ねてみました。マーケティング担当者が2020年に重点を置くべき3つの目標と解決策についてご紹介します。

 

1.プロとしての成長が最優先

 


目まぐるしく変化し続ける業界では、マーケティング担当者がスキルセットを常に把握し、知識ベースを広げていくことが重要となります。そのため、プロとして成功するためには、学ぶことに時間を割かなければいけません。マーケティング担当者たちは、ソーシャルメディア戦略を強化していく上で、他のマーケティングスキルの学習にも取り組んでいます。

 

成長するためには、外出先でも学習できるウェビナーやポッドキャストのような視聴型プラットフォームを活用してみましょう。目標を達成できない人は80%だと言われています。ライブラリはすぐに利用可能なので、ウェビナーやポッドキャストを有効利用して、その80%に入ることは回避しましょう!

2.コミュニティ

 


では、マーケティング担当者たちの2020年目標リスト2つ目をご紹介します。それは、他のソーシャルメディアマネージャーとのコミュニティです。自分のキャリア構築についてのアドバイスや視点を提供できる専門家のコミュニティを活用するといいでしょう。

 

マーケティング担当者がネットワークやコミュニティを増やしたいと考えている場合は、すぐにソーシャルメディアを活用しましょう。LinkedInでは、トレンドトピックのコメント欄にチャイムを鳴らしたり、経験豊富な専門家からの洞察や見解をクラウドソースしたりできます。また、Facebookのsprout公開グループでは、マーケティング担当者が自己紹介や会話ができるスペースを提供しています。

 

3.ソーシャルデータの重要性

 


マーケティング担当者はソーシャルデータから得られる価値を理解していますが、経営陣もそうとは限りません。経営陣がそもそもソーシャルメディアの重要性を理解していないと、マーケティング担当者との間で、見解や方針の不一致などで衝突を引き起こす可能性があります。実際に、マーケティング担当者の39%が、組織全体でのソーシャルメディアの重要性の実証に苦労していると言います。

 

マーケティング担当者たちは、組織の成功におけるソーシャルデータの重要性を示すことを目標としています。つまり、ソーシャルデータがビジネスに直接影響を与えるということを経営陣に理解させなればいけません。マーケティング担当者は、経営陣や上司が分かりやすいようにソーシャルレポートを調整してみましょう。

 

正しい目標と解決策を手元に置いても、一年で達成できるかは定かではありません。しかし、多くのマーケティング担当者たちは2020年を最高の年にするため、大きな目標に目を向けています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ