マーケティング

マーケティング

【2020年マーケティング】ブランドが消費者の力に焦点を移す年

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、2020 will be the year of the consumer
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

324 views

読了時間 : 約4分5秒

ViSenzeのグローバルマーケティングヘッドであるCheryl Guzman Ngは、2020年は確かにブランドが消費者の力に焦点を移す年になると言います。

 

要約

・2020年には、マーケティング担当者は、消費者との取引方法に関するさまざまな方法をより厳密に検討することにより、オンライン戦略の焦点をシフトすべきです。

・ブランドはソーシャルメディアプラットフォームでの位置をさらに理解します。

・TikTikやInstagramのようなプラットフォームは友人同士の会話に似ており、人々が生活のあらゆる側面を共有できるオンラインコミュニティです。

・コンテンツマーケティングは、実際のコンテンツクリエーターを通じてより本格的になります。

・ブランドにとって魅力的で注目を集めるコンテンツの作成に投資することは重要ですが、最高のコンテンツ作成者は消費者そのものになりました。

・より多くのオフラインからオンラインからオフライン(O2O2O)のショッピング体験とエンゲージメントが向上します。

・今日、最も成功しているブランドは、消費者の目には店内とデジタルショッピングのエクスペリエンスが相互に排他的ではなくなっていることが証明されているため、カスタマージャーニーをより総合的に見ているブランドです。

 

2020年が到来しました。新しいテクノロジーやトレンドの予測が非常に流行している時代です

 

すべてのマーケティング担当者は新しい年が始まり、以前、そして次の改善が見込める分野を検討しますが、2020年は確かにブランドが消費者の力に焦点を移す年になります。問題はブランドやマーケティング担当者が声の力に関して消費者を過小評価していることです。さらに重要なことは、消費者がオンラインチャネルで聞いている唯一の人であることです。

 

今日、利用可能なさまざまなオンラインチャネルでのブランドの露出を増やすことではなく、ブランドの親和性を高めるために注力することで、本物のユニークなつながりを構築することを重視しています。

 

2020年には、マーケティング担当者は、消費者との取引方法に関するさまざまな方法をより厳密に検討することにより、オンライン戦略の焦点をシフトすべきです。より消費者主導の時代に向かっていることを示すいくつかの傾向を以下に示します。

 

 

ソーシャルメディアの認識はブランドによって運営されていません

 

SocialTimesによると、ソーシャルメディアマーケティングの予算は今後5年間で2倍になります。

 

これは、Facebook、Instagram、Snapchatなどの統治プラットフォームと、現在では最新のビデオ共有プラットフォームであるTikTokによって強化されています。多くのブランドがソーシャルメディアをマーケティングイノベーションのホットスポットと見なしていますが、現実には、ソーシャルメディアの分野は消費者によって「運営」されています。ブランドは、消費者自身がコンテンツを宣伝しているときに、ソーシャルメディアがブランドに対してよりインパクトがあることを認識し始めています。

 

特にTikTokを見てみると、世界最大のブランドのいくつかは、プラットフォームを機能させるために課題を抱えています。その結果、プラットフォームをすばやく検索すると、アプローチを再評価しようとして放棄された、または非アクティブになったブランドアカウントが多数あることがわかります。

 

TikTikやInstagramのようなプラットフォームは友人同士の会話に似ており、人々が生活のあらゆる側面を共有できるオンラインコミュニティです。多くの場合、消費者は会話に参加するためのブランドを探していないか、さらに悪いことに、他のフォロワーと関わりたいと思っている間に製品を販売しています。ブランドにとって、各プラットフォームを評価し、どのプラットフォームが適切であり、どこで(場合によっては)価値を付加できるかを認識することが重要です。

 

 

コンテンツマーケティングの成功は、実際のコンテンツクリエーターを意味します

 

コンテンツマーケティングはしばらく前から存在し、さまざまなニーズを満たすためにさまざまな方法で再構築および実行されています。

 

ビジュアルWebの台頭により、ブランドとユーザーの両方から数百万人のコンテンツクリエーターが生まれました。今日では、さまざまなチャンネルがあり、誰もがコンテンツクリエーターになることができます。ブランドにとって魅力的で注目を集めるコンテンツの作成に投資することは重要ですが、最高のコンテンツクリエーターは消費者自身になりました。

 

全員が無数のフィルター、ステッカー、アプリケーションを使用して仲間に強力で関連するコンテンツを作成します。これを活用するには、ブランドがよりスマートに働き、それらの会話内にいることを確認して、主要な視聴者の前に立つことができるようにする必要があります。

 

これには、ソーシャルリスニング、適切なキーインフルエンサーとの連携、消費者エンゲージメントの強化などが含まれます。結局のところ、ブランドは、動画であれ、インフォグラフィックであれ、ポッドキャストであれ、本物で消費者に価値を提供するコンテンツが最も成功することを覚えておく必要があります。

 

 

オンラインとオフラインの両方で消費者体験とエンゲージメントを向上

 

特に小売業界は、消費者の発見、検索、購入の旅を補完する、より多くのオムニチャネル体験を提供する方向にますます動いています。

 

中国のアリババのヘマスーパーマーケットからロンドンの旗艦店でデジタルエクスペリエンスを展開するアディダスまで、消費者に両方の世界の最高を提供するために、オンラインとオフラインのエクスペリエンスを融合するブランドが増えています。

 

今日、最も成功しているブランドは、消費者の目には店内とデジタルショッピング経験が相互に働いていることが証明されているため、カスタマージャーニーをより総合的に見ているブランドです。

 

全体として、2020年は消費者の年になります。これは、ブランドがすべてのパワーを保持していることを認識しているためです。この権力の変化を利用して、最終的に自分たちの利益のためにブランドを構築している消費者を使用するブランドは、トップに出てくるものです。

 

結局のところ、消費者にとってパーソナルブランディングほど重要なものはないので、ブランドはそれに対して価値を付加する方法を考える必要があります。

 

 

Cheryl Guzman Ngは、ViSenzeのグローバルマーケティングヘッドです。ViSenzeは、ブランドやパブリッシャー向けの大規模なビジュアルコマースを推進する人工知能企業です。Cherylは、マーケティングおよびコミュニケーションの専門家であり、起業家であり、15年の地域経験を持つスピーカーです。現在の役職では、マーケティング、コミュニケーション、ブランド戦略機能を担当し、ViSenzeのソリューションとブランドに対する認知度を高め、業界と市場のリーダーとしての地位を確立しています。

【コンビニでも使える!メルペイ初回利用1500円分招待コード】

当サイト限定招待コード:CMUTDF

 
・利用可能店舗:メルカリ、コンビニ、ドラッグストア等
・金額:500円分
※さらにメルペイスマート払で1000円分ポイント!
 友達招待でさらに500円分ポイント!

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

無料

 

ピックアップ! さらに今このキャンペーン中です↓

dポイント最大10%『4・5・6月の金・土曜限定!』
■キャンペーン期間:2020/4/1日(水)0:00 ~ 6/30(火)23:59

 

 

【MOV初回限定 合計2,000円相当無料クーポン3枚】

クーポンコード:seleqt2000

 
対応地域:神奈川県、東京都、大阪府、京都府、兵庫県(新登場)
 
2000円オフで登録» »MOVの初回利用2000円オフのクーポンを使って登録はこちら!
 
アプリDLはこちらから↓

MOV《モブ》- タクシー配車

MOV《モブ》- タクシー配車

DeNA Co., Ltd.無料

 

 

 

Seleqtをご覧頂いた方だけに「朗報」
\当サイト限定特別クーポン/

【UberEats初回1000円オフクーポン】
interjpq2206j2tw

 

対象店舗:マック、ガスト、スタバ、ピザハット、松屋 等
※1000円分無料で頼めます。〇〇円以上とかもナシ!完全無料でお試しOK
割引額:1000円引き

 

1000円オフで登録» »当サイト限定の初回利用1000円オフのクーポンを使って登録はこちら!

 

アプリDLはこちらから↓

Uber Eats: 地元で人気の料理をお届け

Uber Eats: 地元で人気の料理をお届け

無料

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ