マーケティング

マーケティング

ブランド戦略にも重要なインフルエンサーマーケティングの過去と未来の考察

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、What does the future hold for influencer marketing?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

413 views

読了時間 : 約3分59秒

私がClickZの編集者だったとき、「2016年のインフルエンサーマーケティングの状況」について書きました。2年半後、その記事を振り返ってみると、ほぼ全ての言葉が時代遅れです。

 

スウェーデンのゲーマーPewDiePieは依然としてYouTubeで最もフォローされている人物ですが、Vineはもう存在しません。また、「多くのブランドが特定のインフルエンサー戦略を持っている」というのは、今日では意味のないただの古風な言葉に聞こえます。

 

今、ソーシャルメディアのインフルエンサー戦略はマーケティングの柱です。昨年12月、インフルエンサーマーケティングプラットフォームActivateは、マーケティング担当者の67%がインフルエンサーキャンペーンがオーディエンスを増やすことに繋がり、最終的に収益に貢献したと考えていることを明らかにしました。

 

Glassdoorで「インフルエンサーマーケティング」を検索すると、NFL、Rent the Runway、Colgate-Palmoliveなどよく知られた名前を含む何百ものリストが表示されます。

 

 

「インフルエンサーになりたい人が溢れて、市場は2015年か2016年頃から一転しました。ブランドはかつて彼らと戦っていましたが、今では雇っています。」インフルエンサーマーケティングプラットフォームHYPR BrandsのCEOであるGil Eyal氏は述べています。

 

「これは劇的な変化です。ブランドは、インフルエンサーと働く方法を選ぶことができ、高すぎたりうまくいかない場合は、千以上の他の選択肢があります。」

 

過去数年間でインフルエンサーマーケティングはどのように変化しましたか。そして2019年には何が起こるでしょうか。

 

 

より高度なテクノロジー

かつてブランドは信用を求めていました。Activate CEOのカミウ・リーは「信用こそが全てだと思うのは、メトリックを持っていない人たちにとっての逃避でした。」と述べました。

 

より高度なテクノロジーにより、ブランドは思慮深く分析的なインフルエンサーキャンペーンを行うことができます。Activateの審査プロセスには、インフルエンサーのオーディエンス、スポンサーコンテンツとオーガニックコンテンツの内訳、過去のキャンペーンのパフォーマンスデータ、フィードバックが含まれます。

 

言い換えれば、人々がコメントを残したかどうか、またその内容は関係ありません。

 

Eyalは、テクノロジーによってブランドがインフルエンサーマーケティングキャンペーンを自動化できることも指摘しています。まもなく、HYPR Brandsは、投稿を自動化し、メトリックを追跡する分析ツールもリリースし、マーケティング担当者が金銭的価値を得られるようにします。

 

HYPRのツールを使用すると、マーケティング担当者はターゲットユーザー層を選択でき、そこから視聴者と予算の観点から最も適切なインフルエンサーを特定します。

 

 

偽フォロワーの減少

2017年、アメリカ連邦取引委員会は、インフルエンサーはスポンサーされた時期を開示することを命じました。ただし、偽のフォロワー問題は、電信送金や匿名のPayPalアカウントで購入された数を考えると、より複雑です。

 

今年初め、The New York Timesは、ボットがTwitterアカウントの15%を占めると報告しました。 InfluencerDBは、Instagramのスポンサー付き投稿の25%が偽のフォロワーを持つインフルエンサーから来ていると推定しています。

 

技術のもう1つの利点は、不正が行われていないか測定できることです。例えば、インフルエンサーマーケティングハブには、誰かのInstagramアカウントを数秒で分析するツールがあります。

 

ポルトガルのサッカースター、クリスティアーノロナウドは、プラットフォームで最も人気のあるアカウントを持っています。 彼のフォロワーの大半は本物であり、熱心です。

 

 

ブランドは年間5億ドルの支払っています。業界で影響力のあるフォーブスのCMOであるユニリーバのキースウィードは、これを根絶することに取り組んでいます。夏のカンヌで、ウィードは、ユニリーバはフォロワーを買収するインフルエンサーとは連携しないと言いました。

 

この動きは、信頼と透明性を向上させることを目的としています。

 

 

インフルエンサーの台頭

リーは、マイクロインフルエンサーをフォローしている人は約50,000人であるのに対し、ナノインフルエンサーには5,000人のフォロワーがいると定義しています。

 

マイクロインフルエンサーはソーシャルメディアのスターよりも、より親しみやすいと考えられています。ミシェル・ファンは彼女のメイクアップチュートリアルがロレアルとのパートナーシップに繋がり、現在では5,000万ドルを獲得しています。

 

「様々なブランドのプログラムを終了したばかりです。1つはマイクロインフルエンサーとの連携を望んでおり、もう1つはナノインフルエンサーを求めていました。」とリーは言います。

 

「それは、異なる都市が活性化しているようなものでした。彼らは影響力を持っているが、まだそれほど有名ではない人々を見つけたかったのです。」

 

インフルエンサーが小さいほど、レートはずっと低くなり、エージェントとマネージャーの数は少なくなります。また、彼らはインフルエンサーマーケティングのビジネス面を理解しています。

 

 

社内インフルエンサープログラム

より多くのテクノロジーが利用可能になってから、ブランドはインフルエンサーマーケティングをますます取り入れています。キヤノンは、プロの写真家向けの長年のプログラムを拡大し、Instagramで大規模なフォロワーを持つアマチュア写真家を含めました。

 

Macy’sは現在、ブランド大使として従業員を募集し、利益の一部と引き換えにソーシャルメディアで製品を宣伝するよう奨励しています。 Amazonインフルエンサープログラムも同様です。

 

 

リーは、インフルエンサーマーケティングを社内で採用することで、ブランドは関係を保持し、持続する機会があると指摘しています。

 

「インフルエンサーマーケティングは他のチャネルとは異なります。 画像やコンテンツを配信するのではありません。それは人々が行います。」と言います。

 

「時間をかけてこれらの関係を構築することには価値があります。クリエイターはより多くのことを行い、パートナーシップはより大きく、より良くなります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ