マーケティング

マーケティング

Webサイト制作を外注する時に失敗しないための注意点5項目 できる業者の選び方

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、5 Best Practices to Outsource Website Development
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

292 views

読了時間 : 約3分1秒

自社またはクライアントのウェブサイト開発をアウトソーシングするとなれば、どこに委託すべきか悩むところでしょう。専門業者に委託する際に重要なのは、信用がおけることに加え、最高のクオリティでプロジェクトを完遂するだけの専門性を備えているということです。ウェブサイトを維持するため、まずは信頼できるホスティング会社にサーバーを借りるところから始める必要があります。ウェブサイト開発の経験が極端に少ない業者に委託する人はいないはずです。最終的にはどの企業も、満足度100%の業者に委託したいと考えます。あなたの委託したウェブ開発業者が高品質でよい対応をしたり、期待通りの成果物を納品したりしてくれることを確かめるため、これからご紹介するヒントをご参考にして下さい。

 

1.ニッチな専門性に応じたウェブサイトを作れるか

 

ウェブ開発業者はそれぞれに特化した専門性を持っています。パンフレットのウェブサイトのデザインというニッチな分野をメインに行っているところもあれば、スマートフォン向けアプリに特化した業者、あるいはWordPressやShopifyのデザインを行うところもあります。中でも重要なのは、e-コマースについて熟知した、経験豊富な業者を選ぶことです。

 

数々のオンラインソースについて市場調査を行うに越したことはなく、あなたのビジネスモデルに合致する業者に依頼すべきでしょう。専門性の高いウェブ開発業者を選択することは、彼らのスキルと経験が確かであることを確認するため、素晴らしいアイデアと言えます。

 

ただし実際に委託する前に、疑問点をすべて解消するようにしましょう。業者のウェブサイト内にある会社概要ページより、さらに詳しい情報を調べることもできます。

 

2.ニーズを理解して業務に取り組んでくれるか

 

才能にあふれ、素晴らしいポートフォリオを持っているウェブ開発業者はいくらでも見つかりますが、あなたが期待することと要望を理解し、それに沿ったサービスを提供してくれる業者を探していらっしゃることでしょう。そうした業者に依頼しなければ、望んだような成果品を得られないのですから。希望に沿った結果を求めるのであれば委託業者とのすり合わせが必要なので、候補となっているすべての業者と話し合いをすることが重要です。

 

実際に委託する業者を決定する前に、あなたの要望に一致するか、希望に沿ってくれるか、といった点についてきちんと確認しておきましょう。プロジェクトのマネージメント方法に違和感がないか?ということも確認して頂きたいです。チェック項目がすべて問題なければ、晴れて契約し、デザイナーと直接話し合いを始めましょう。

 

3.要望の具体例を示す

 

あなたの言いたいことを理解してくれる人たちと働くのは素晴らしいことでしょう。しかし、自分の考えやどのようなウェブサイトを作ってほしいかといった点についてスタッフ達と共有することも重要です。これは新規ウェブサイトを開設する方に限った話です。既にウェブサイトをお持ちの方は、その不足部分について議論すべきです。

 

何も思いつかないのであれば、他社のウェブサイトを参考に先輩社員と意見を交換することで、自社のウェブサイトに最も必要なポイントが把握できるようになるでしょう。最初に思いついたアイデアが最後まで同じとは限りません。委託業者からの提案があなたの企業にとって冒険的なものである場合もあります。そうした可能性も含めて、自身の要望を明確にしたうえで委託先を探すことが大切なのです。

 

4.プロジェクトの範囲を定める

 

多くのウェブ開発業者は、自社サイトでプロジェクトのマネージメント方針について説明しています。まずはその箇所を熟読し、当該業者のプロジェクトマネージメント方針における開始と終了について理解しておくべきでしょう。特に理解しておきたいのは、数あるマネージメント方針がどのようにあなた自身とあなたのビジネスに影響するかということです。

 

また明確にすべきなのは、ウェブ開発のプロセスの期間と各段階のスケジュールです。スケジュールなどに関しては明確であればあるほどスムーズにプロジェクトを進められます。ウェブデザイン会社との守秘義務の維持にも役立つことでしょう。

 

5.プロジェクトマネージャーを選出する

 

共同制作と生産性の質を維持するためには、綿密なコミュニケーションが必要不可欠です。プロセス全体を統括し、基本的な決定事項について考慮できるような、有能なプロジェクトマネージャーを選出できれば最高です。良好な信頼関係が築けていると素晴らしい経験ができますし、プロジェクトに関わったすべての人々にとって恩恵があるのです。

 

コミュニケーション不足から起こるプロセスの失速や中断が発生しないよう、注意しなければなりません。プロジェクトが常に進行しているか、今どの段階なのか、といった点について注視することが肝要です。予算と期日が差し迫ってきた場合、想像しているよりも事態は深刻です。あなたの要望をきちんと形にし、高品質なサービスを提供してもらえるよう、委託業者との充実した関係を築くことは大変重要なのです。

 

ウェブ上には、スマートフォン向けやユーザー重視のウェブデザインを完成させられるソースが提供されています。最高のウェブデザイン会社を探すために市場調査を行い、お好みに沿った会社を選択することも可能です。

おすすめ新着記事

おすすめタグ