マーケティング

マーケティング

日本のeコマース市場の特徴についてトップ3プラットフォームから考察

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、A comprehensive guide to the Japanese ecommerce market
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

555 views

読了時間 : 約4分3秒

30秒サマリー

・Sopholaは、グローバル企業の日本市場参入を支援する日本を拠点としたコンサルタント会社です。

 

・Sopholaの無料ガイド「Cracking the Japan Market」は、日本のeコマースについて書かれています。

 

・日本は世界で4番目に大きいeコマース市場であり、2018年には1,220億ドルが動いています。

 

・楽天、Amazon、Yahoo!は、すべてのオンライン取引の3分の1以上を占めており、1億人近くのユーザーがいます。

 

・日本の消費者は、同じショッピングプラットフォームを使い続ける傾向があるため、日本市場への参入に関心のあるグローバル企業にとって楽天、Amazon、Yahoo!は良い選択です。

 

・現在、米国または日本の国外に所在する企業は市場に直接参加できず、日本に拠点を置く子会社と連携する必要があります。

 

・グローバル企業にとって、どのキーワードが検索に適しているかなどを深く理解している日本語のネイティブスピーカーと協力することが重要となります。

 

・Sopholaは、製品のプロモーションでデジタル広告が果たす役割など、変化する日本のeコマース市場に適したコンテンツを提供します。

 

 

Sopholaは、グローバル企業の日本eコマース市場への参入を支援することに焦点を当てた日本のコンサルタント会社です。ガイドブック「Cracking the Japanese Market」を作成し、日本のeコマースシステムの詳細を提供しています。

 

このガイドブックには、日本の消費者がどこでどのようにオンラインで買い物をするか書かれているので、どのプラットフォームでショップを始めるのが一番か考えるのに非常に役立ちます。

 

この記事では、ガイドブック「Cracking the Japanese Market」を簡単に説明します。ガイドブックはここからダウンロードできます。

 

 

日本の消費者について

日本は世界で4番目に大きいeコマース市場であり、2018年には1,220億ドルが動きました。楽天、Amazon、Yahoo! ショッピングは、日本のすべてのオンライン小売取引の3分の1以上を占め、1億人近くのユーザーがいます。

 

日本はグローバル企業が参入するのに厳しい市場であり、他国からの参入が少ない市場の1つです。

 

日本はわずか10%が海外のウェブサイトで買い物をしているのに対して、アメリカでは54%です。

 

日本の消費者は、購入する前に多くの情報を必要とします。これは、製品リストやウェブサイトのデザインに影響するため、他の国の企業にとって重要なことです。

 

日本の消費者は、選択したショッピングプラットフォームを使い続ける傾向があるため、日本市場への参入に関心のあるグローバル企業にとって良い出発点です。

 

3つあるトップショッピングプラットフォームのうちの1つでアカウントを開設することは、日本でウェブサイトを開設する良い選択肢です。

 

 

日本のeコマース市場におけるトップ3プラットフォーム

楽天とYahoo! ショッピングは、日本のトップショッピングマーケットです。 楽天には1億人以上の会員がおり、ファッションと食品のカテゴリーで強いシェアを持っています。

 

 

楽天のプラットフォームに店舗を構えるアメリカのブランドは、独自の店舗と商品リストを持っています。また、スポンサー製品のリストを介して広告を出したり、クーポン、ニュースレター広告、バナー広告などの広告機能を活用することもできます。

 

楽天には、楽天スーパーロジスティクスという独自のフルフィルメントサービスがあります。

 

現在、米国または日本の国外に所在する企業は、市場に直接参加できません。楽天とYahoo!では、アカウントを作成したい非アメリカ企業が地元企業を設立するか、地元代理店と協力してアカウントを作る必要があります。

 

Sopholaには「非アメリカ企業として楽天アカウントを開始するには、地元企業を設立するか、楽天サービスプロバイダーと協力するか、地元代理店と協力する必要があります。」と書いています。

 

日本で3番目であるAmazonは、グローバル企業が比較的簡単に参入できます。「Amazonで販売する利点の1つは、仲介業者を通じて販売するのではなく、独自の販売アカウントを登録できることです。」とSophola氏は述べています。

 

このように、すでにAmazonの販売者アカウントを持っている企業が日本市場で足場を築くのはかなり簡単です。

 

Amazonのフルフィルメントサービスは日本からのフルフィルメントを処理しますが、企業は税関に対処するためにレコードの輸入者(IoR)として行動する日本の会社を持っている必要があります。Amazonは、すべての販売者が日本語でカスタマーサポートを提供することも要求しています。

 

 

言語について

日本では、キーワードの処理方法を理解することが重要です。日本語には、ローマ字に加えて、3つの異なる書記体系があるからです。

 

Sopholaは「結果として、キーワードはさまざまな方法で記述でき、スペースと単語の順序の違いによって組み合わせがさらに増加し​​ます。これは、同義語によって導入される典型的なバリエーションに追加されます。」と述べています。

 

したがって、どのキーワードが使用に適しているか、語順、書記体系を深く理解している日本語のネイティブスピーカーと協力することが重要です。

 

 

独自のWebサイトをセットアップ

日本で独自のeコマースを展開するには、現地の支払いゲートウェイを使用して日本のドメインに店舗を設置する、注文の履行、顧客サービス、返品に対処するなどしないといけません。

 

また、透明性と詳細情報を重視する日本の消費者の期待に応えることも重要です。

 

フルフィルメントの観点から、AmazonのFBA(フルフィルメントby Amazon)を利用することをお勧めします。

 

Sophola氏は次のように述べています。

 

「在庫システムの自動化は、外国企業が日本の上位3つの市場プラットフォームの外に独自ストアを作成するプロセスを合理化するのに役立ちます。」

 

 

日本のeコマース市場の変化

Sopholaのガイドブックは、製品のプロモーションでデジタル広告が果たす役割など、変化する日本のeコマース市場に関する情報を提供します。

 

日本ではYahoo!に特に重点が置かれており、国内で最も使用されているWebサイトの1つです。6300万人近くのモバイルユーザーがいて、日本のモバイルユーザーの90%を占めています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ