マーケティング

マーケティング

【効率的なメール戦略】EメールマーケティングキャンペーンでA/Bテストを行う時にチェックしておきたい項目8点

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Top 8 A/B testing elements for email marketing campaigns
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

389 views

読了時間 : 約5分9秒

A/Bテストは、あらゆるメールマーケティング担当者にとって最重要戦略の1つと認識されています。A/Bテストの主な目的は、より関連性の高いEメールを通じ、より効果的なEメールマーケティングの方法を見極めることです。それはあなたのターゲット層とする人々について仮説を立て、その仮設を検証しながら行うテストのことです。

 

A/Bテストではターゲット層に向けて2つの異なるEメールを送信し、どのEメールが最大エンゲージメントをもたらしたかを検証できます。

 

この結果に基づいて、最終的なキャンペーンでは最も効果が見込めるEメールを送信することができます。計画的なA/Bテストはあなたのマーケティング戦略に劇的な変化をもたらすでしょう。

 

この記事ではA/Bテストの利点とマーケティング担当者がターゲット層のオーディエンスをより理解するためにどのようにして役立つのかを説明します。

 

EメールマーケティングにおけるA/Bテストのメリット

 

 

1.より高いエンゲージメント率

 

同じ目的で同じターゲット層に向けて複数のキャンペーンを作成することによって収集された情報は、より効果的なメールキャンペーンのための指針となる可能性があります。テストを実行し、それぞれのキャンペーンのパフォーマンスを分析しましょう。その結果をもとに最終的にはより効果の高いバージョンを選ぶことができ、高いエンゲージメント率を望むことができるでしょう。

 

 

2.メールメトリクスの強化

 

メールマーケティングの担当者を最も苛立たせることは、ハードワークのアウトプットとして不適当なメールメトリクスを扱うことです。A/Bテストはあなたのメールキャンペーンを事前検証することによって、あなたの戦略の欠陥を見つけ出し、最良の結果をもたらすよう最適化することができます。

 

いくつかの見本を共有します。あなたのビジネスレートが減少し続けているとしましょう。そのような場合あなたならどうしますか?模範解答を提示します。取り組んでみましょう。

 

A/Bテストを始めます。件名が異なる2つのキャンペーンを準備し、2つの異なるターゲット層グループに送信します。より良い開封率をもたらした方がよりよいメールと見なされます。メールメトリクスを強化するためにはEメールのコピー、デザインレイアウト、何らかの行動を促すなど同類の様々なテストを行うことができます。

 

 

3. より高いコンバージョン率

 

より多くメールを開いた人々を購入者に変換するコンテンツを作成する最も簡単な方法も、A/Bテストです。キャンペーンで2つの異なるバージョンを作成することに時間と労力を投資する中で、何があなたのターゲット層と最もよく共鳴するかを掴むための貴重な情報を手にすることができます。詳細を把握することで、あなたのメールを通してより高いコンバージョン率(メールを見る人⇒商品を購入する人)を生み出すことができます。

 

A/Bテストを行うべきであることを示す8つの要素について、さらに詳しく説明していきます。

 

 

 

A/Bテストを用いた効果的なEメールマーケティングキャンペーンのための8要素

 

 

1.メールの件名

 

件名は新聞見出しのように機能します。見出しが魅力的であればあるほど、読まれる確率は高くなります。最近の見出しの傾向を考慮に入れ、何がうまくいくかいかないかを確認するためにも、2つの異なるキャンペーンを準備する必要があります。

 

受信者にすぐメールを開かせるような件名、名前の個性、数字やパワーワードの使用、絵文字などを試してみてください。また、長い件名と短い件名に分けてテストしてみましょう。もたらされる結果は、必ずやあなたの将来のメールキャンペーンにおいてより良い開封率への鍵となります。

 

 

 

2.テキストをプレビューする

 

件名の他に、プレビューテキストもメールの開封率に大きく影響します。マーケティング担当者の多くは、このスペースを有効活用できておらず、プレビューテキストとして「ブラウザでこのメールを表示」のようなものを書いてしまっています。

 

その代わりに、件名をより詳細にし、読み手にEメールを開くべき理由を訴えましょう。

 

例:プレビューテキストとして「50%オフ」または「今すぐクーポンコードを利用する」で検証しましょう。これにより、読み手にEメールの内容が何かを知らせ、後続の行動を呼び掛けるのです。

 

 

 

3.メールコピー

 

あなたのEメールコピーは、読み手にとって十分興味深いものであり行動を促します。あなたのEメールコピーを通し読み手に信頼感をもたらしましょう。

 

あなたがテストすることができるコピーの種類は多様に存在します。

 

・箇条書き、番号リストの使用

・質問・回答形式

・プレーンテキストとHTMLメール

 

あなたのEメールコピーの中でこのような小さな調整があなたのEメールのクリックスルー率とコンバージョン率に大きな影響を与えることでしょう。

 

 

 

 

4.メールのパーソナライズ化

 

Eメールをパーソナライズ化して、ヒューマンタッチを加えることでより効果的にターゲット層へアピールすることができます。情報過多の今、人々の注意は3-4秒しか持ちませんので、人の眼球に働きかける時間はわずかです。

 

Eメールのコピーにターゲット層の人の名前を含めるか、人工知能の原則を適用することで、パーソナライズ化のあらゆる手法を検証できます。過去の購入履歴、検索履歴、ダウンロードしたリソースなどに基づいてキャンペーンをパーソナライズ化することで、ターゲット層の人々にとってどのように機能するかを理解します。

 

 

 

5.メールデザイン

 

Eメールのデザインは、リッチな視覚的要素、反応性、双方向性など、いくつかの要素で構成されています。あなたのEメールは、携帯電話からの読者に対応するために常に携帯電話にも反応しうるものでなければなりません。

 

業種に応じて、Eメールの画像やGIFのデザインを様々に変容させて検証します。あなたがeコマース向けのマーケティング担当者ならば、EメールにGIFを使用してクリックスルー率やコンバージョンを評価してみましょう。

 

また、アニメーションGIFはOutlookのような電子メールクライアントはサポート対象外ですので、その点も十分考慮してください。したがって、常にEメールを検証する必要があります。A/Bテストのレンダリングの問題についてメールテストすることも忘れないようにしましょう。

 

 

 

6.Eメールでの割引やサービス提供

 

Eメールでの特別なサービスの提供は常にあなたのターゲット層の注目をひきます。通常と期間限定のサービス内容をEメールでテストします。また、いずれかのグループにはEメールで限定期間情報を送信し、メトリックチャートで料金がどのように変更されるかを確認します。

 

 

 

7.行動を起こす

 

あなたの行動を促す声(CTA)は、コンバージョン率の究極の鍵です。したがって、この要素には特段の注意を払う必要があります。CTAで一人称物語、二人称物語を試しましょう。

 

また、様々な色のCTAボタンを操作してそのパフォーマンスを評価します。「今すぐ買う」のような簡単なものでなく、独創的なキャッチコピーで一撃を与えましょう。通常、すべて大文字で書かれたCTAは、よりうまく機能する傾向があります。メールキャンペーンで複数のCTAを検証し、コンバート率の変化に違いが見られるかどうかを確認します。

 

 

 

8.メールを送る時間

 

Eメールキャンペーンの成功に関しては、Eメールを送信する時間が最も重要です。

 

たとえば、午前8時と午後9時に別々の電子メールを受信したとします。あなたはどちらに行動を起こしますか?私なら後者の方に行動します。あなたのターゲット層はどうですか?最適な日時をテストしましょう。

 

 

 

今後に向けて

 

A/Bテストで、ターゲット層の心を勝ち取る準備はできましたか?テストグループとして、大まかなリストを用意するだけでいいのです。一見大変で時間のかかる作業に思えるかもしれませんが、努力に値する効果をもたらす行動であることを確信しています。

 

テストとメールでハッピーを呼び込みましょう!

 

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ