マーケティング

マーケティング

最も効率よく広告閲覧数を増やすには?成長を続けるAmazonのオンライン広告を利用する利点

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、The impact of increased Amazon presence in digital advertising
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

406 views

読了時間 : 約3分7秒

アマゾンのオンライン広告が進歩することは、マーケターにどのような影響を与えるのでしょうか。

 

 

とても競争率の高いマーケット市場にも関わらず、アマゾンは今年のトップ88億ドルのオンライン広告マーケットを占めています。グーグルとフェイスブックなどの大手企業は、50%以上のマーケットを占めています。

 

 

一方で、その他のマイクロソフト、オース、ツイッターやアマゾンなどの重要な企業は、それ以外の割合を競争しているのです。アマゾンのシェアはとてもわずかなものですが、急速に成長してきています。そして、大手企業は、アマゾンの持つユニークなアイデアに気が付き真似をし始めているのです。

 

 

アマゾンのユニークなアイデア

アマゾンのアイデアを理解するために、マーケターがオンライン広告から得るものを理解する必要があります。マーケターが低価格で顧客を得るとき、マーケターは利益を得るのです。

 

 

グーグルやフェイスブックはマーケターに彼らがコントロールするオンラインの往来にアクセスしたり、オンラインユーザーに正しい広告を提供するための洗練されたターゲットアルゴリズムを使ったりしています。この仕組みを効果的にするためには、低価格で的確にターゲットの顧客がクリックする確率を増やす必要があります。

 

 

しかし、このターゲットを定める方法は、ユーザーが異なったウェブサイトを行き来する中での彼らのモチベーションにも左右されます。

 

 

例えば、フェイスブックを利用した人は友達とコミュニケーションを取るために利用しただけかもしれません。グーグルを利用した人は何か検索するためだけに利用したのかもしれません。たとえそれらの利用者に向けて、マーケターのメッセージを発信しても、それらが有効に働く可能性は低いのです。

 

 

結果的に、クリックを通しても参加率は低くなり、コストばかりがかかります。これに比べて、アマゾンの利用者のモチベーションは何かというと、買い物すること自体なのです。

 

 

アマゾンの利用者がマーケティングのメッセージを目にしたとき、クリックを通してそのメッセージに反応する確率は断然高まります。利用者は既にアマゾンでのショッピングをするつもりであるので、適切なマーケティングのメッセージは低コストで利用者の注意を引き付けることができるのです。

 

 

このプラス面に付け加えて、アマゾンのデータは買い物客に適応しています。アマゾンは、買い物客がアマゾンを使い始めた頃からのパネルデータを持ち合わせています。ですので、アマゾンは顧客がどんな商品を買っているのか、どの程度の金額の商品を買うのかを把握しているのです。

 

 

市場データ

更に、プラットフォームが市場であるため、アマゾンは第三者の売り手からどのような商品を顧客が買っているのかやどの程度その商品に支払っているのかを把握しています。アマゾンは将来的に顧客がどのような商品を買うかなどを見越すためにそのデータを使うことができるのです。

 

 

例えもしアマゾンがそのウェブサイトである顧客のわずかなデータを手にしていたとしても、その顧客がどのような商品を求めそうかを他の顧客のデータを使って予測することができます。アマゾンは機械学習やAIテクニックを応用し、おすすめや正しいマーケティングメッセージを提供することができるのです。これらすべての要因は顧客のクリック確率を上げて、もう既に何か購入予定であるその顧客をより的確にその商品へと導いていきます。

 

 

アマゾンはフェイスブックやグーグルでの宣伝ではなく、ウェブサイト上でのオンライン広告の増加によりこのような成功を成し遂げることができました。アマゾンプライム利用者は特にマーケターの広告に強い関心を示します。そのため、アマゾンはよりオンライン広告を活用するようになってきています。

 

 

ウォールド・ガーデン

アマゾンはウォールド・ガーデンとして知られています。eコマースプラットフォームに進出する全てのコンテンツをコントロールしているのです。もしマーケターがグーグル、ユーチューブ、フェイスブックで広告を貼りだしたら、ユーザーがコンテンツを投稿するにつれてその広告が現れるといったことを心配するのではないのでしょうか。

 

 

広告が世間的に好まれていないようなスピーチの隣に現れてしまう危険性があります。このことはそのブランドに害を与えかねません。マーケターがアマゾン上で宣伝する際にはそのような心配はなくなります。なぜなら、アマゾンが全てをコントロールしているからです。これは、アマゾンに広告を載せるために多くの資金を支払うマーケターへのリスクを削減してくれるのです。

 

 

最後に、アマゾンにて宣伝広告を手今日する際の間接的な利益についてお話します。アマゾンのターゲティングはとても精密で、マーケターのブランドはより卓越したものになるでしょう。初めに、マーケターはアマゾンを利用する顧客との関係性を築くことができます。次に、増進されたブランド性はサーチランキングを勝ち取り、マーケターは低コストでグーグルなどにも広告を貼ることができるようになるのです。

 

 

これら全ての面で、アマゾンでのオンライン広告が今年主流になるといえるでしょう!

おすすめ新着記事

おすすめタグ