マーケティング

マーケティング

【2020年版】世界のフィンテック企業ベスト16

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、16 Biggest and Most Valuable Fintech Companies in the World | 2020 Edition
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

71 views

読了時間 : 約8分57秒

フィンテック (もしくはフィンテック企業)は、最新のテクノロジーを使って、投資情報サービスを提供するものです。これは、送金から投資や保険の自動化まで、全てを含んでいます。ここ10年間で、金融業界の技術あるいはフィンテックは、急成長した企業セクターの一つです。

 

2012年から2015年の間、 フィンテックの企業は、世界的な成長企業になりました。2017年に、セクターへの投資額は合計で500億ドルでした。2018年には、1110億ドルまで急上昇しました。昨年(2019年), 総額で1350億ドルになりました。

 

これから世界中の注目すべきフィンテック企業を16紹介します。オンライン決済で有名なPaypalは、評価額が1000億ドル以上ありますが、今回入れていません。

 

 

 

16. Kabbage

 

Kabbage

 

評価額: 12億ドル

 

Kabbage, Inc. は、小規模の企業にオンラインで資金を貸し出している会社です。最大で250,000ドルまで借りられ、歳入、ビジネスの状態、ソーシャルメディアでの活動を精査し、最適な金額を算出します。

 

長年にわたって、Reverence Capital Partners、Thomvest Ventures、Softbank Capitalなどの大きなベンチャーキャピタル企業から資金援助を受けています。

 

2017年、, Kabbageは、130,000の顧客を抱え、 貸付け金額は合計40億ドルになりました。同年、新たに2500億ドルの融資を Softbankから受けています。

 

 

 

15. Avant

 

Avant

 

評価額: 20億ドル
設立: 2012年

Avant (設立時 AvantCredit)は、個人ローンの会社で、機械で信用調査をし、金利を算出します。担保ローンも無担保ローンも扱っています。

 

2014年に、Tiger Global ManagementとAugust Capitalから、 2億2500万ドルの追加融資を受けました。設立時から、資本金も合わせて合計10億ドルの資本提供を受けました。2015年に、フォーブスの「アメリカで最も有望な会社」の第6位になりました。

 

 

 

14. Root Insurance

 

評価額: 36億ドル
設立: 2015年

 

Root Insuranceは、自動車保険に特化した会社で、スマートフォンのアプリで顧客の運転履歴を評価し、評価額を算出します。会社の発表によると、他の保険会社より保険額を低くするため、「優良ドライバー」にのみ提供しています。

 

保険業界で初めて、オートパイロット機能が付いている自動車(テスラ)のオーナーには 割引を適用しています。2018年、医療保険以外の分野で初めてユニコーン企業になりました。2019年に、評価額が36億ドルになり、3億5000万ドルの追加融資を受けました。

 

 

 

13. TransferWise

 

Transferwise

 

評価額: 35億ドル
設立: 2010年

 

TransferWiseは、ヨーロッパで有名なフィンテック企業の一つです。世界規模で、個人間の送金ができるサービスです。It supports more than 750種類の通貨ペア (例えば、USDからGBP、 USD からAUDなど)と複数の通貨口座に対応しています。

 

2013年、Peter Thiel’s Valar Venturesから、600万ドルの資金援助を受けました。それから3年に渡り、Richard Bransonとベンチャーキャピタルの最大手であるAndreessen Horowitzから1億900万ドルの追加融資を受けています。 2018年にTransferWiseは、400万の顧客 を持ち、800万ドルの利益を持っています。

 

最近では、約3億ドルの資金援助を受けました。これで、 TransferWiseは、ヨーロッパで影響力のあるフィンテック企業5社の一つになりました。

 

 

 

12. Credit Karma

 

Credit Karma

 

評価額: 40億ドル
設立: 2007年

 

Credit Karmaは、世界で急成長した企業の一つで、個人融資の会社です。複数のクレジットカードとローンを比較して、申し込みする事ができます。免税の手続きや、クレジットの信用調査の確認もできます。

 

2017年、同社は、 支払を請求するツールを発表し、支払いがない者に対して、代わりに回収するシステムを作りました。これは、財務管理のプラットフォームとして使えます。

 

2018年、カリフォルニアの投資会社であるSilver Lake Partnersが、5億ドルの資金援助をし、会社の評価額が40億ドルに上がりました。Tiger Global ManagementやGoogle Capitalといった有名な投資会社がCredit karmaに投資しています。

 

 

 

11. SoFi

 

SoFi

 

評価額: 43億円
設立: 2011年

 

Social FinanceもしくはSoFiは、サンフランシスコにある金融関連のテクノロジーの会社です。個人ローン、学生ローンの借り換えと抵当を扱っています。Stanford Graduate School of Businessの卒業生4人が、学生向けに貸付を行う会社として設立しました。

 

2016年の中頃、20億ドル以上のローンの貸付を行いました。 同年、 SoFiは、 オンラインの貸付会社では初めてムーディーズのAAA にランクされました。2012年から2014年にかけて, SoFi はMorgan StanleyやBaseline Venturesなどから、6億5000万ドル借り入れています。

 

2019年、SoFiは、カタール投資庁から 5億ドルの投資を受け、評価額は43億ドルになりました。

 

 

 

10. GreenSky

 

評価額: 45億ドル
設立: 2006年

 

GreenSkyは、世界最大のオンラインの貸付会社です。アメリカに本社があります。銀行向けに、貸付を行うために必要な情報をオンラインで提供している会社です。他の貸付会社と違って、GreenSkyは、自社の資本金を貸し付けるのではなく、提携している銀行を通じて融資します。

 

2014年、GreenSky は3億ドルの新しい融資を受けました。2016年に. 5000万ドルの追加融資を受けました。Its valuation increased all-time high to $billion after completing a $200 million funding round led by in 2018年、PIMCOから2億ドルの融資を受け、評価額は45億ドルの最高額になりました。

 

 

 

9. Klarna

 

Klarna

 

評価額: 55億ドル
設立: 2005年

 

スウェーデン最大のフィンテック企業であるKlarnaは、クレジットの支払いや債権回収などの、ビジネスにおける財務関係の問題を解決するサービスを提供しています。この会社は、販売者と消費者がより安全に支払いできるように作られました。

 

Klarnaは、最初の投資資金をスウェーデンの投資会社AB Öresundから受けています。それから2年間に渡り、Klarnaはヨーロッパ全土に事業を拡大し、同時に数社のアメリカのベンチャーキャピタル企業がヨーロッパに進出してきました。

 

2020年4月現在、8500万人のエンドユーザーと200,000社以上のオンライン上の顧客企業を持っています。9月に、将来の 評価額を100億ドル以上にしたいと、投資家に発表しています。

 

 

 

8. Chime

 

Chime

 

評価額: $5.8 billion
設立: 2013年

 

Chimeは、アメリカに本社を置くネオバンクです。全てオンラインで処理でき、維持費や手数料なしで利用できます。収益のほとんどが、カード会社からの取扱手数料です。

 

2018年に、登録ユーザーが100万人に達し、翌年、680万人に増えました。2020年2月には、800万人に達しました。

 

2019年3月、Chimeはユニコーンステータス(10億ドル以上の評価額が必要)になりました。 その後、評価額は15億ドルから2億ドルに増えました。

 

 

 

7. Square

 

Square

評価額: 60億ドル

株式時価総額: 609億6000万ドル
設立: 2009年

 

Square, Inc.は、アメリカに本社を置く、 金融に関するサービスや技術を提供している会社で、モバイルでの支払いやPOSレジを扱っています。ソフトウェアもハードウェアも扱っています。

 

創業から、 Goldman Sachs、Starbucks、GIC Private Limited、シンガポールの政府系投資ファンドなどの大手から融資を受けています。Marissa MayerやBiz Stoneなどのエンジェル投資家が早くから投資しています。

 

2015年11月にSquareは、評価額29億で新規公開株を公開しました。 2012年以来、2019年前期の会計年度まで利益を計上しています。

 

 

6. Robinhood

 

Robinhood

 

評価額: 112億円
設立: 2013年

 

Robinhood Markets, Inc.もしくは Robinhoodは、 オンラインでの株取引と電子取引プラットフォームを運営している会社です。安い手数料で、アメリカ証券取引所の公開株やETFs (投資信託)を売買する事ができます。 Robinhoodの利益のほとんどは、手数料とキャッシュバランスです。

 

2015年の会社の発表によると、顧客の80パーセントがミレニアム世代で 平均年齢は26歳です。 ずっと、若い世代に人気です。

 

Robinhoodは、2017年に評価額が10億ドルになりました。最新の評価額は.112億ドルから2億ドル上昇しました。

 

 

 

 Coinbase

 

Coinbase

 

評価額: 80億ドル

 

2017年の暗号通貨ブームは、世界最大のデジタル為替会社であるCoinbaseにとって分岐点になりました。 Coinbaseは、ビットコインやイーサリアムなどの有名な暗号通貨を知らない人の為の、取引をするプラットフォームです。

 

設立以来、2億1700万ドル以上の資金提供を受けています。2017年、 Coinbaseは 10億ドル以上の収益 をあげました。

 

さて、この会社の将来は、電子通貨がこれからどうなるかにかかっています。ですが、当面の課題は、電子通貨の問題を解決していく事です。

 

 

 

4. Paytm

 

Paytm

 

評価額: 160億ドル
設立: 2010年

 

Paytmは、インドに本部を置く、世界最大のフィンテック企業です。2010年に、オンラインでのモバイルリチャージサイトとして設立されました。2015年から電子商取引とオンライン支払いサービスを拡大させ、登録者が1億400万人になりました。現在のユーザー数は、約3億5000万人 です。 (2019年現在)

 

2019年、 Alibaba’s Ant GroupやSoftBank Vision Fundなどの投資会社から$10億ドルの資金援助を受け、 評価額が160億ドル になりました。それ以前は、Berkshire Hathawayから3億5700万ドル  の資金援助を受け、2018年の評価額は110億ドルでした。

 

 

 

3. Adyen

 

評価額: 220億ドル
設立: 2006年

 

Adyenは、ヨーロッパ最大のフィンテック企業です。ビジネスや買い物で、カード (VISAやMastercardなど)や現金で支払いされたものを、世界中どこにいても受け取れるサービスです。さらに、処理したデータを機械で分析し、最適化してくれます。

 

同社は2011年以降、黒字を計上しています。2016年の総収益は99%増の7億2700万ドルになりました。Adyenは、Temasek Holdings、General Atlantic、Index Venturesなどの主要なベンチャーキャピタルと未上場会社に買収されました。2018年6月に上場されました。

 

 

 

2. Stripe

 

Patrick Collison, Stripe

StripeのCEO Patrick Collison | 撮影: Flickr/JD Lasica

評価額: 360億ドル

 

Stripeは、支払いに関するサービスの会社で、面倒な事を出来るだけ省いてオンラインでの支払いができます。2011年に設立され、PayPalの共同創業者Peter Thielから200万ドルの初期投資を受けています。2012年、評価額は1億ドルになりました。

 

In September 2019年9月、Sequoia Capital やGeneral Catalystなどの有名なベンチャーファンドから2億5000万ドルの資金援助を受け、評価額は350億ドルに上がりました。

 

Stripeの成長は、フィンテック界全体の技術が向上している事が原因と考えられます。

 

 

 

1. Ant Financial

 

評価額: 1500億ドル  (前回の評価額600億ドル)

 

Ant Financialは、中国の杭州市に拠点を置く、世界最大のフィンテック企業です。 世界最大のオンライン決済プラットフォームであるAlipayや世界第3位の金融ファンドの Yu’e Baoなど、巨大な金融サービスをいくつか持っています。Sesame Creditという、独自の貸付システムも持っています。

 

2014年、Alipay(公にはAlibaba Groupの子会社)のサービス開始後に、Ant Financial Servicesの再開という形で設立されました。 その後.  China Investment Corp や地元の機関投資家から65億ドルの融資を受けました。

 

2017年に、 Ant Financialの評価額が reached a $600億ドルになり、多くのアナリストが、すぐに1000億ドルになるだろうと予想しました。現在、時価総額は、いくつかの有名な銀行よりも高くなっています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ