マーケティング

マーケティング

【SNSマーケティング】ソーシャルメディアを利用して自社のブランド認知度を高める12の方法

Sprout Social

本記事は、12 Ways to Boost Brand Awareness on Social Media
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

253 views

読了時間 : 約9分38秒

人込みの中で一人のとき、ソーシャルメディアはまさしく「社会的」ではないと感じますか?そしてGoPro、Wendy’s、Starbucksなどで熱狂的な支持者のような人々を見たとき、どうやってそのパフォーマンスのほんの一部を再現できるのか疑問に思います。

 

しかし現実にはどうでしょう?ブランドとして際立とうと苦労しているなら、あなたは間違いなく一人ではありません。

 

ええ、本当です。

 

Sproutの2018年のソーシャルインデックスのデータによると、今のところブランド認知度はソーシャルマーケティング担当者の最優先事項です。

 

しかし現代の社会的状況で競争が激しいことを考えると、おそらくこれはそれほど驚くべきことではないでしょう。ソーシャルメディアを利用してブランドを調査し注目を集めようとする人が増えるにつれ、対象となる視聴者の気を引くことは簡単になります。

 

では、効果的なブランド認知戦略とはどのようなものでしょうか。フォロワーのフィード内で、スクロールしたばかりのユーザーに対してどのようにして見慣れた顔になれるのでしょうか。ブランド認知度を高めるためにあらゆる規模の企業が取り組める12の戦略に注目しました。プロフィールを微調整することからコンテンツの実験まで、これらのコツをどのように組み合わせも、格好の獲物です。

 

さあ、すぐに飛び込みましょう。

 

1.社会的存在に個性を与える

まず、あなたのソーシャルメディアの在り方は他の人と似ていてはいけません。そしてこれは分かり切ったことかもしれませんが、多くのブランドはロボットになる罠に陥ります。

 

彼らはとても安全に行動に移します。写真やリンクを投稿し、いくつかのハッシュタグを付けておしまいです。よく聞いてください。こうして目立つのではありません。賭けではないのです。ムーンパイは一見つまらなそうなブランドが、独特の声とユーモアのセンスのおかげで人気が急上昇した輝かしい例です。

 

 

もちろん一般的なプロモーションを投稿するのは簡単でしょう。しかし追随を許さないものにしたのは彼らの一風変わった魅力です。

 

そしてここでのキーワードは「個人」です。フォロワーは、宣伝やリンク以上のものを見たいと思っています。個人的な、人間主体のコンテンツを求めているのです。そのため、自撮りやストーリー型の投稿が一般的に成果を上げているのです。

 

 

「ニューヨークの人」のようなInstagramのページはもっぱらストーリーベースのコンテンツです。彼らはファンの心を掴んで、800万人近くのフォロワーを集めました。

 

 

マーケティング担当者は、「ユニークな」コンテンツを作成するように何度も言われます。それはつまらなく聞こえるかもしれませんが、社会的存在の背後にいる人はユニークな声を代表しているのです。

 

「投稿」を押す前に、「ボットが言いそうなことだろうか?」と自問してみてください。

 

2.プロファイルの微調整

気づいてもらうことはブランドの認知度を高める重要な要素です。

 

フォロワーがあなたの社会的プロフィールを少し見れば、どんな人か分かるはずです。同様に、あなたがあなたであることを認識するでしょう。

 

ソーシャル経歴からプロフィール画像まで、どのようにプロフィールを設定するかで、人々があなたを認識するかどうかが決まります。ThinkGeekのきれいなロゴとそれに合うFacebookのカバー写真があるので、チェックしてみてください。

 

 

Pinterestでは同じロゴとブランドの説明文が誇らし気です。

 

 

ネタバレ注意:人々の注意はきわめて少しずつしか広がりません。誰かの注意を引いて、「こんにちは、これが私です」と言うのに数秒しかありません。知らない誰かに自分のブランドを詳しく説明するには、すっきりとして無駄のないプロフィールと写真が重要です。

 

 

3.投稿をポップにする

たくさんあるブランド認知のヒントに共通する筋道があります:フォロワーについては、たった少しクリエイティブになれば大きな点数を獲得することができるのです。

 

たとえばoVertoneがInstagramの経歴とコンテンツで、色をどのように大胆に使用しているか見てみてください。

 

 

この種のコンテンツは自社ブランドの声を強調したり、スクロールを停止してInstagramフィードに「いいね」をさせたりと、二重の役割を果たします。

 

View this post on Instagram

casual. @deathcats in #overtoneextremeyellow

A post shared by oVertone (@overtonecolor) on

 

自社の製品に注目する目を見張るような画像を撮りたくない? 問題ありません。投稿をポップにするという原則は、コンテンツマーケティングにも当てはまります。

 

Sproutのブログ投稿がよくある平凡な写真ではなく、カラフルなイラストをどのように使っているかに注目してください。

 

 

あるいは、Hubspotのようなブランドはテキストだけを使用する代わりに、Twitterのチャットをイメージマクロとどのように組み合わせるのでしょうか?投稿を目立たせるために美しく見せることができるのは、あなた自身です。デザインマスターでなくても目を引く画像を作れる画像作成ツールはたくさんあります。

 

4.会話するためのタグ付け

タグ付け(@メンション)は1秒もかからず即座にコンテンツを拡大する、優れたブランド認知戦略です。

 

ちょっと考えてみてください。TwitterやInstagramでタグ付けした人は即座に通知を受け取ります。つまり、エンゲージメントの機会がさらに増えるのです。それだけでなく、業界の他のプレイヤーに前向きな印象を与えられる確実な方法です。

 

誰かに挨拶する機会があれば、試してみてください。

 

 

5.ハッシュタグの力を活用

ハッシュタグの使用方法のガイドでは、ハッシュタグの付いたソーシャル投稿は、付いていないものよりも多くのエンゲージメントを得ていることに注目してみます。

 

各ネットワークには独自の最も効率の良い方法というものがありますが、ハッシュタグがロケットサイエンスである必要はありません。ハッシュタグはあっという間に投稿を検索可能にし、小さくてニッチなタグがあなたのブランドを潜在的ファンがいる熱心なコミュニティに紹介してくれるのです。

 

 

またブランド認知の観点から、独自のハッシュタグを作ることがいかにスマートな動きであるか考えてみてください。小さいローカルブランドが、大きいブランドのように独自のブランド付きハッシュタグを使用できるのです。それは、アイデンティティを強化し、他人があなたに関心を持ってくれるようになります。

 

 

6.クリエイティブなコメント

タグ付けと違って、人々はソーシャルコメントにリアルタイムで通知を受け取ります。

 

正直に言うと、ほとんどのソーシャルコメントは説得力があるとは言えません。これは「いいね!」や「かっこいい!」以外に、もう少し考えてコメントしても構わないと思っているブランドにとって朗報です。

 

 

クリエイティブで気の利いたコメントを投稿することは、そのような雑音を打ち破る素晴らしい方法でしょう。また、潜在的なフォロワーにあなたのブランドの個性を披露することもできるのです。

 

7.コンテンツの再利用

ほとんどのマーケティング担当者は、複数のネットワークでブランドの認知度を高めようとしています。その場合は、各プラットフォームでもっとも効率が良いようにコンテンツを再利用することが重要です。やはりInstagramでベストだからと言って、FacebookやTwitterでも最高というわけにはいきません。

 

たとえば、非常に素晴らしいケーススタディを掲載したとしましょう。その時単なるリンクを投稿するのではなく、時間を割いてインフォグラフィックにパッケージ化するのが、シェアとリンクを同様に得る確実な方法です。

 

つまり、万能のコンテンツや見出しがブランドに注目を集めることはないでしょう。写真、動画、ブログ、あなたのもの、他の人のもの。フィード古くなってしまうのを防ぐため、常に新しいソーシャルメディアのアイデアを溜めておき、フィードを新鮮に保たなければなりません。

 

8.自分のニュースを公表

Buzzsumoの現在のコンテンツによると、ソーシャルメディアで最もパフォーマンスの良いものは、人々が参考にできるものです。

 

統計、ケーススタディ、調査です。

 

ブランドが何らかの独自のリサーチを行っているのであれば、強力な説得力を増幅し、ブランドの認知度にも驚きを与える能性があります。

 

 

そのような調査ができる立場になくても、焦らないでください。

 

自分の視点から業界の動向や出来事についてどのようにコメントできるか考えてみましょう。ここでの重要な点は、ただサイドラインに座っているのではなく、業界全体の進行中の会話に積極的に参加すべきだということです。

 

9.見出しでの試み

ソーシャル見出しは、ブランドの声を聞かせるもう1つのチャンスです。

 

繰り返しになりますが、大きなブランドやインフルエンサーは、コメントなしにリンクをドロップするだけではありません。見出しは人々の興味を掻き立て、エンゲージメントを促し、クリックする前に読者にある種の感覚を与えます。

 

Instagramにクリエイティブなハッシュタグや見出しがたくさんあることからもわかるように、創造性は重要です。絵文字でも冗談でも、キャプションはフォロワーとつながり、自分が誰であるかを正確に知らせるための重要な財産です。

 

10.教材としてソーシャルを使用

マーケティングの世界で目立つ傾向があるブランドは、観客に教えようと努力しています。

 

教育用または「ハウツー」コンテンツは、ほぼすべてのソーシャルネットワークで広く人気があります。このようなコンテンツを定期的に投稿すると、ポジティブな人材や、思考リーダーとして見られるようになります。

 

 

この原則は、マーケティング担当者以外にも当てはまります。ブランド製品やノウハウを披露する機は多ければ多いほどよいのです。Pinterestで活動中の教育コンテンツがどれほど人気か、考えてみてください。

 

 

11.意固地になることを恐れない

我々自身のデータによると、人々はブランドが態度を明確にして欲しいと思っています。

 

皆が言っていることをまねするのは「安全」かもしれませんが、ブランドの認知という点ではあまり効果はありません。前述のBuzzsumoの調査でも、最近では「政治的または部族的」な内容が特にうまくいっていると強調されています。

 

外に出て観客を遠ざけるべきだと言っているのではありませんが、自分のブランドの原則と信念を守るべきです。袖に商品を身に着ければ、人々の話題のタネになり、競争相手より目立てるかもしれません。

 

 

もちろん、ここで重要なのは力を入れすぎないことです。ゲームの名前はブランドのために目立っています。できるからといって鍋をかき混ぜることはありません。

 

12.絶えず姿を現す

最後に、しょっちゅう投稿しないと、だれも本当にあなたのブランドを意識しなくなります。ソーシャルメディアに投稿するのに最適な間隔についてSproutのデータによると、ブランドは複数のネットワークにわたって1日に複数回コンテンツを配信することが期待されています。

 

そしてあなたのブランドがなければ、そのスペースの他の誰かが投稿する可能性はゼロではありません。時間を節約し姿を現すプロセスを簡単にするために、Sproutのようなスケジューリングツールをデッキに置くと、状況が一変するかもしれません。

 

 

ブランドが占める土地が多ければ多いほど良いです。ソーシャルメディアに費やせる時間を最大限に活用する特定の戦略を持つことに他なりません。以上で、リストを締めくくります!

 

あなたのブランド認知戦略はどのようなものですか?

ブランドの周りで話題を築くことは少しチャレンジになるかもしれませんが、熱心に認知戦略を続けることは、今日のビジネスで一番の関心事なのです。そして、上記で要約した原則に従うことによって、観客の心の中で突出するブランドになる心構えができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ