マーケティング

マーケティング

黒人歴史月間2021―社会的正義のためのデモ活動を辿る一年の後、ブランドが知っておくべきこととは

Sprout Social

本記事は、What brands need to know before celebrating Black History Month 2021
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

295 views

読了時間 : 約7分8秒

毎年2月になると、ソーシャルメディア上のブランドは黒人歴史月間について突然何か言うこと(または売るもの)を思いついたように見つけるのです。

 

しかし人種的正義のデモの年に続き、より多くの企業が社会的、政治的問題について立場を表明し、各ブランドは2021年の黒人歴史月間を正確に行うプレッシャー下にいるようです。ブランドが黒人歴史月間に参加することは一般的になりましたが、これらの努力は単なる表面上のアクティビズムだと捉えられてしまうことが多いようです。

 

https://twitter.com/_shelbyparis/status/1349929885238702080?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1349929885238702080%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fsproutsocial.com%2Finsights%2Fcelebrating-black-history-month-2021%2F

 

ブランドは、黒人の人々そして文化、功績をどう擁護しているか1年365日を通してしっかり考える必要があります―28日間だけではなくてです。2021年の黒人歴史月間は、ブランドがBlack Lives Matterに対してどう声を上げてきたかや、ジョージ・フロイドの死の渦中でポジティブな変化のためにしっかり主張してきたかどうかを辿ります。今年は、それらの声を上げた同じブランドが自らの主張に見合った声明を出すか、それともすでに先へ進んだのか、消費者が注目して見ていることは間違いありません。

 

黒人歴史月間を認識するということは、ブランドが団結を歌うマーケティングメッセージの先を行き、少しでも行動を提案することが必要になります。ブランドが黒人コミュニティを祝いたいと真剣なのであれば、その決意はビジネスのあらゆる分野に延長されるべきでありブランド文化の構造の一部としてあるべきなのです。

 

 

まず初めに:黒人歴史月間の目的とは?

黒人歴史月間はブラックアメリカンの社会への貢献を祝い、彼らの歴史について認識を高めるものです。アメリカ人の歴史家カーター・G・ウッドソンが、アメリカ歴史を形取った会話の中に黒人の登場が少なすぎることに不満を覚えたとき始まりました。

 

毎年、世の中の注目を集めるためにテーマが与えられます。今年のテーマは“黒人家族:レプリゼンテーション、アイデンティティそしてダイバーシティ”になりました。黒人歴史月間はアメリカとカナダでは2月に行われ、イギリスでは10月を通して認識されています。

 

 

1年365日黒人歴史を認識する

始めはブランドにも良心から意図があるようですが、彼らは彼らのお祝いがもたらす影響についてしっかり考える必要があり、黒人歴史は3月が来た瞬間に終わるわけではないと認識すべきです。

 

会話の中でのブランドの役目を一度深呼吸をして考え、黒人歴史月間のアイディアから誰が利益を得るべきなのか問いかけそれらがブランド文化での中心となるアイディアだと認識しましょう。データ分析官でありBlack@Sproutのリーダーのクリステン・ライスは、黒人歴史は現在でも尚つくられているとブランドに再認識を呼び掛けています。

 

“黒人歴史月間を祝おうと思っているブランドはまず、これがひと月では終わらないと理解するところから始めてください”とライスは言っています。“黒人歴史はよく過去のものだとして扱われがちですが、そうではなく私たちが働く団体の中で現在起きていることなのです。私たちが黒人歴史月間を月として祝う中、ブランドは自ら約束した多様で公平な、そして皆が仲間であるシステムをつくり上げる過程を続ける必要があり、その上で黒人の人々を祝うべきなのです。”

 

黒人歴史月間は、黒人歴史関連のアイテムを商業化したり黒人文化を文化の盗用に使ったりする機会ではないのです。‘アプリシエート’するのと‘アプロプリート’するのには違いがあります。高く評価することに比べて盗用するというところに差があり、そのラインを超えてしまう企業は、彼らが持ち上げようとしているそのもののコミュニティからバックラッシュを受けることになるでしょう。

 

 

今はブラックコミュニティが輝くとき

2021年の黒人歴史月間の間、不誠実で都合の良いというレッテルを貼られることを避けるため、ブランドはやること全てにおいて黒人の人々と彼らのストーリーに優先順位を置く必要があります。Spruot Socialのダイバーシティ、エクイティ&インクルージョンのディレクターであるカサンドラ・ブラックバーンは、ブランドは自らの戦略のフォーカスを黒人歴史に向けるミッションを続けるべきだと促しています。

 

“黒人歴史月間やその他のイベントを通してブランドが多様なコミュニティを祝う計画をする際に大切なのが、それらのキャンペーンには誠実性、共感、そして文化の理解力を持ってアプローチするということです”とブラックバーンは語っています。“ブラックアメリカンの功績を称える機会をつかみ取ることで、その祝福の目的とミッションを先進させることをキャンペーンの軸とするのです。”

 

ブラックバーンは、Targetを黒人歴史月間を祝う内容において高評価しています。“アフリカンアメリカンビジネス評議会とパートナーシップを通して、従業員リソースグループ[Target]はブラックネスを祝いサクセスストーリーを誇張する、ブラックビヨンドメジャーというキャンペーンを立ち上げました。キャンペーンは黒人ビジネスからの商品(1年を通して彼らのストアで見られる)、また黒人起業家そして黒人のTargetチームメンバーを取り上げています。”

 

 

黒人の人々のストーリーに注目するということは、ブランドが彼らの顧客層を時間を取って知ろうとし、本当の意味で黒人のコミュニティに耳を傾けていると証明することから始まります。Twitterネクストのブランドプランナーで、Twitterのアフリカンアメリカンのための従業員リソースグループであるブラックバーズの共同議長キアイラ・ロックは、黒人歴史月間への戦略を考えているマーケッターへ共有したいアドバイスがあると言います。

 

“誠実性のあるコネクションをつくり信頼を築くためには、ブラックコミュニティが大切にしている瞬間と自身のブランドの目標をつなげる、自然な機会を認識し続けなければなりません”とロックは説明しています。“このレベルでの理解にはブランドの持つ文化知識を上げることが必要とされ、あなたのブランドを思いやりを持って入れ込むことができるお互いに利益のある方法を見つけるために、黒人のストーリーを心で聞き、彼らの望み、夢、恐怖、困難のニュアンスを知ることが必要不可欠なのです。”

 

https://twitter.com/GodisRivera/status/1229806637155831809?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1229806637155831809%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fsproutsocial.com%2Finsights%2Fcelebrating-black-history-month-2021%2F

 

ですから黒人歴史月間を祝うブランドに基準は存在しませんが、ロックはこれをブランドが成長し将来の成功へと進む機会だと見ています。“今できる一つの行動は、内側から外側へ目を向けて内観的にブラックコミュニティをサポートするために、ブランドが内向的にそして外向的に何ができるか考えることです。そうすることで、内向的な努力は文化的な機会が訪れた際ブランドが誠実に輝けるよう促してくれますし、それはその努力がブランドの目的と彼らの本当の姿だからなのです。”

 

 

ブランドは声を発せるなら、行動する準備も必要

責任感は普段、団結のメッセージを意味しており、ブランドは言ったことを裏付ける目に見えるアクションを決行できるよう準備が必要です。LinkedInのB2B施設の管理者であるタイ・ヒースは、言ったこと行動に移さないブランドは消費者層にすぐばれてしまうと警告しています。

 

“あなたのブランドが行動なしでこうよくなると言ってもテストには受かりません”とヒースは言います。“多くのブランドが社会的正義の問題についてサポートを示してきましたが、信頼を築くには継続的な投資が必要なのです―それは黒人歴史月間の間だけではありません。”

 

彼女は、アクティビズム精神を持ち誠実である方法を確立した一つのブランドとしてBen & Jerry’sを挙げています。“Ben & Jerry’sは社会的正義の問題に対して抗議するということを彼らのDNAの一部として取り入れています。このジャーニーは、普段は避けてしまう居心地の悪い内面的な会話をすることから始まります。あなたの成長をサポートするためには、多様性のある声や核心にある価値観を企業のブランディングや文化に取り込まなければなりません。”

 

 

Ben & Jerry’sのようなブランドが自分たちの約束を守っているというだけでなく;さらに彼らは人種的平等のための針を動かすための大きな、そして大胆な立場をとっているのです。一つのブランドが起こす行動はその団体の外へと広がり、社会をも影響することができます。

 

“マーケティングのプロが言うには、私たちはブランドが社会の文化をつくり上げそして影響をもたらすことを理解しています”と、LinkedInのブラックインクルージョンネットワークの共同リーダーで戦略マーケッターのデセリー・ペレズが言います。“私は、自分たちの多様性、公平さ、そして皆が所属するという仲間意識に対して周りを気にすることなく大きな大使を持つブランドをとても高評価しています。”

 

SalesforceやAmerican Express、BlackrockそしてMicrosoftのようなブランドから、ペレズはインスピレーションを感じていると言います。“これらのブランドは多様なストーリーを語る人々を雇うことに力を注ぐという重要なことを行動に移し、私たちのコミュニティに影響を及ぼす実際の問題を可視化することで黒人の体験する不安について、実際のユニークなストーリーにスポットを当てています。”

 

 

黒人歴史月間は一瞬の出来事ではありません

2021年の黒人歴史月間は、人種正義のための社会的不安やデモ行為が起こったこの一年からブランドが何を学んだのか消費者に見せる機会を与えてくれます。ソーシャルメディア上に声明を投稿するのは最低限の事であり、消費者はブランドに自分たちの言葉に責任を持ってもらいたいと期待しています。黒人のコミュニティを支えるということは、ほとんどの努力がオフラインで起きている中、継続的な公約なのです。

 

ブランドが2月のキャンペーンに向けて準備を進める中、黒人歴史というのはトレンド以上のものだと覚えておいてください。誠実心と行動を持って黒人歴史月間を迎えながら、同時に1年を通してブラックコミュニティと文化を支えるために自分に何ができるかも考えてみましょう。

 

あなたの企業の努力が真の心であり、ビジネスの全ての部分で多様性、公平さそして誰もが仲間だという団体意識を継続的に優先していくよう工夫しましょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ