マーケティング

マーケティング

太陽系を通過する新たな彗星が捉えられる

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Astronomers Capture A Comet Passing Through Our Solar System
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

80 views

読了時間 : 約1分44秒

・ボリソフは、(別の星から)太陽系を訪れたのを最初に確認された彗星です。

・太陽系を通過する星間天体としては2番目に知られています。

・彗星の核 (塵と氷の塊) は直径約 975 メートルです。

 

彗星は、太陽の周りを回る氷の天体 (岩石、塵、ガスでできた) です。これまでに6,600以上の彗星が確認され、その数は着実に増加しています。しかし、太陽系外縁部には約1兆個の彗星状天体があります。

 

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究チームが、太陽系を通り抜ける彗星を発見しました。ハッブル宇宙望遠鏡で、2I/ボリソフ(ボリソフ彗星)と名付けられたこの彗星の画像を撮影しました。

 

これは、(別の星から) 太陽系を訪れ、最初に確認される彗星であり、太陽系を通過することが2番目に発見された星間天体です。最初に発見された天体はオウムアムア、1I/2017 U1でした。 2017年にPan-STARRS望遠鏡で確認されました。

 

この彗星についてわかっていること

ハッブル望遠鏡は2019年10月からこの彗星を追跡しています。最も鮮明な画像では、塵と氷の粒子の緩いクラスター (2I/ボリソフの中心部) が直径約975メートルであることが明らかになりました。

 

その化学組成は、太陽系内で見つかる他の彗星と似ているため、他の星の周囲で形成されたものと見られています。ボリソフがいつ、どこで太陽に向かい始めたのかは分かりませんが、間もなく太陽系を離れていきます。

 

太陽の重力は、彗星の軌道をある程度偏向させていますが、高速 (160,000 km/h) であることと軌道の形状のために、彗星を捉えることはできません。2019年12月下旬、ボリソフは2億9000万キロメートルの距離で地球に最接近しています。 2020 年半ばまでに、地球から8億キロメートル離れて星間ルーツに戻る予定です。

 

11月16日に撮影された画像

 

NASA は、ハッブル望遠鏡が捉えた 2 つの壮大な画像を公開しました。 11 月に撮影された画像は、遠方の渦巻銀河の正面にあるボリソフを写しています。この画像では、彗星は地球からほぼ 3 億 2700 万キロメートル離れていることを示し、青色は、彗星の核を取り囲む塵の光輪 (塵と氷の塊) の細部を明らかにします。

 

12月9日に撮影された画像

 

ボリソフは、太陽に最も接近した後、かなりの熱を受けました。この写真では、彗星は地球から約2億9700万キロメートル離れた、小惑星帯の内縁近くにあります。

 

ハッブルのデータは、彗星の核が以前の研究のものよりも 15 倍小さいことを示しています。これは重要な情報です。彗星のサイズは、科学者が太陽系と銀河にある類似天体の数を計算するのに役立つものだからです。

 

何十億もの同様の彗星があり、それらのほとんどはかすかで目立たないものです。研究者たちは、宇宙の凍った深淵から次の謎の訪問者を探し続けるのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ