マーケティング

マーケティング

キーワードは対話型!コンテンツマーケティングの最新トレンド2019 対話型コンテンツの重要性

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、Content Marketing Trends 2019
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

321 views

読了時間 : 約5分56秒

コンテンツマーケティングはブランド開発に影響を与え、新規顧客を引き付ける基本的な戦略ツールのトップに在りながら、今なお急速な発展を続けています。今年も既に多くの企業が有能なコンテンツマーケティングの手を借り、開発において大きな成功を収めました。まさにキングといえる存在です。ICO(仮想通貨)の開発においてはコンテンツの事例を最低65種類は確認することになります。

 

現代の企業にとって、業界動向を理解すること、ビジネスの利益のためにコンテンツを的確に使用することは非常に重要です。

 

この記事では、そのようなコンテンツマーケティングにおいて今年大きな存在感を保ち、次のトレンドへも影響を与えているであろう選択肢をご紹介します。

 

 

コンテンツの制作

 

以前のコンテンツマーケティングは、中小企業が宣伝する際の理想的なツールであるというのが共通認識されていました。しかし、現在においてこの傾向は変化を見せており、一流の大企業にも注目されるような高品質なコンテンツも登場しています。GoogleやAppleも同様です。FacebookのようなSNS作成時には重要なヒントとなり、ターゲット層の聴衆のニーズに確実に刺さるコンテンツとなるでしょう。

 

来年には、競争力の向上からより一層他業種の企業がコンテンツマーケティングへの投資を強化することが推測されます継続します。

 

トレンドに乗り遅れないようにするため、ターゲット層の聴衆の興味を惹くコンテンツを作成する専門家チームのサービスを活用してみてはいかがですか。その過程で効果を分析し、失敗と成功を見極めましょう。いずれにしても、古くなったコンテンツマーケティングの戦略を見直す時機に来ています。

 

 

 

 

ビデオマーケティング

 

当然ながら、ビデオもコンテンツマーケティングの未来の担い手とされています。しかも来年にはWebデザインにおいて最大の人気トレンドの一つになるでしょう。たとえば、Ciscoの専門家は、2019年までにすべてのインターネットトラフィックにおいてビデオコンテンツは80%まで増加すると予測しています。また、多くのマーケティング担当者は、いずれ当該セグメントはビデオコンテンツによって完全支配されるとさえ考えています。ここでは興味深いビデオコンテンツの事例をご紹介します。

 

 

 

• セルフサービスの利便性

• 必要時のみの交流経験

• 営業スタッフなしに、タイミングに応じて情報配信 -  ビデオコンテンツの主な役割は顧客の質問に答えることです。

 

 

注目すべき手法はストリーミングです。多くの業界において、このライブ放送という手法はブランドの評判を維持するためにいかに有効であるかが既に証明されています。簡単なにいえば、生放送によるマーケティングは信頼性が高いとされます。この方法を使用している会社は顧客にこう呼びかけます。- 私達に隠すことは何もありません。また、観客も「生の」ブランドの進化を目にすることが好きなので、その手法が役立つことは明白です。

 

 

 

コンテンツのパーソナライズ化

 

 

現代の企業は、顧客を長期に惹きつけるようなツールにこそ投資すべきということに理解を示し始めています。実際、これらのツールは商品の買い手が特定の「ブランド支持者」になることを動機付けます。最良の結果とは、人々があなたのブランドへの協力に関連する前向きな経験をSNSを通じてシェアすることです。

 

一種の証明といえます。顧客は会社から直接受け取るデータよりも周りの他の顧客からの情報をより参考にするため、効率的に機能するのです。これはあなたの仕事におけるマーケティング戦略の中でユーザーコンテンツをどのように活用するかを検討する重要性を意味します。あなたの業界セグメントでポジティブなイメージを保つことに寄与することでしょう。

 

重要なヒント:特にユーザーコンテンツはInstagramのようなSNSが利用されています。ブランドは製品と共に面白いストーリを乗せ、ハッシュタグと共に普及させることができます。

 

 

 

コンテンツマーケティングにおけるインスタントメッセンジャーの多機能性

 

 

オンラインマーケティングにおけるメッセンジャーの有用性の拡大は長い間注目されてきました。例えば専門家のOles Timofeevは、近い将来、FacebookメッセンジャーやViber、TelegramにWhatsAppなどの多くの類似ツールが利用可能になると、オンラインプロモーションの原則に新たな、そして多大な影響をもたらすとしています。2019年におけるWeb開発分野のトレンドとなるともされています。

 

Telegramは2億人を超えるユーザーを獲得し、現代のマーケティングに最も使用されているツールの仲間入りを果たそうとしています。同時に、ビジネスマンにとってはマーケティング戦略においてアプリケーションを使用しようとしたときに常に複数の選択肢を持つことになり、これらのことに活用できます:

 

 

•重要コンテンツの配信チャンネルの作成 – 新しいターゲット層を惹きつけるでしょう

•自動販売機能を有するチャットボットの紹介

•クライアントへの便利な技術サポートの提供

 

一般的に、コンテンツマーケティングのツールの中でメッセンジャーの勢いが増してきているとされています。したがって、近代的な企業にとっては、この要素を考慮に入れない手はありません。

 

 

 

 

モバイルアプリの動画広告を使用する

 

 

Statistaのデータによれば、今年モバイルデバイスでインターネットサービスを利用するユーザーは52.2%にまで増しました。この指標は現代のコンテンツマーケティングの動向に影響を与えない訳にはいきません。ビデオコンテンツが重要なトレンドの1つであることは既に述べた通りです。ただし、モバイルアプリケーションのビデオは特に注目すべきコンテンツです。

 

 

 

モバイルアプリケーションにおけるFacebookやYouTubeの人気はこれら統計に重大な影響を与えます。ビデオ広告は、従来の画像やテキストの広告よりはるかに幅広いユーザーを対象とし始めています。人気の高いビデオを送り出すためには次のことに配慮しましょう:

 

•ターゲット層にとって興味深いコンテンツとすること。

•最適な長さのコンテンツにすること – あまりにタイトでも良くありません。

 

そのようなビデオを作成することができれば、製品・サービスを提供しているプラットフォームにおいて新たな顧客をもたらすことが可能となるでしょう。

 

 

 

 

音声による検索オプション

 

 

統計によると、18歳以上のインターネットの利用者の41%が少なくとも1日1回、音声による検索を使用しています。2019年におけるEコマース取引の動向にも同様の状況が見られます。そしてアナリストは、2020年初頭までには検索語句の半分が音声によるものになると強く考えています。

 

この傾向を活かすことのできた会社は、自身のWebサイトの最適化に踏み出します。個別記事や広告にも同様のことが言えます。同じ意味をもつにも関わらず、検索時の言葉の表現は変わります。

 

例えば、「注文 家具 Kiev」のフレーズは音声コマンドと音とともに:「どこでKievの家具を注文すればよいか」というフレーズとなります。一見大して重要な変更のようには思えませんが、検索の結果は大きく改善します。

 

 

 

より複雑な分析

 

現在のコンテンツマーケティング業界において「追跡の変換」という言葉で人を驚かせることは困難です。一般的なトラフィックに加えて、大企業は次のような指標も分析しようとしています。

 

•見出しのクリック

•スクロールの長さ

•関連度合

 

それが多くの著者がいるメディア会社なら、これらの分析データはどの需要が高いかを追跡することを可能にします。将来的に役立つであろう重要情報です。

 

 

 

 

聴衆との交流

聴衆は、もはやこれまでの受動的な読者やデータ受信者ではなくなります。伝統的なメディアチャンネルよりもこれらの人々のブログやレビューの方が影響を増している状況です。企業はもはや一方的にこのことを規制することはできません。上述したように、ユーザーコンテンツを学び活用する姿勢が必要です。コンテンツは暗号化通信(仮想通貨)の開発にも適しています。

 

あなたのブランドおいて肯定的な反応を追い風にするような聴衆との対話型のコンテンツも重要です。会社とターゲット層となる聴衆からもたらされる情報は異なるでしょう。ブランドに自信を与えるものではありません。

 

 

 

関与の規制に対する願望

 

聴衆との効果的な対話を行うにはメッセージを知るだけでは不十分です。新しいトレンドに追い越されるだけです。質の高いテキストを読むと、人は作家と一緒に感情や体験の全範囲を共有したいと思い、記述の経験に自ら関わっていると感じます。

 

そのようなコンテンツを築くことができれば、感情にも本当の興味にも働きかけるものとなるでしょう、会社はターゲット層の聴衆の忠誠心を育て、ビジネスにおける自身のポジション強化へと繋げます。

 

 

結びに代えて

 

コンテンツマーケティングは実に多面的な分野です。もちろん、時代の流れとともに、トレンドのコンテンツは刻一刻と変化するものです。現在のトレンド情報は、会社が独自性あるイメージを築くのに非常に重要です。そして、正しいWeb開発会社を選ぶことももちろん重要です。

 

結局のところ、盲目的にトレンドを追わない人だけに他を凌駕することが達成できますが、トレンドを知ることは自身の独自性の強調にも役立つ武器となります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ