マーケティング

マーケティング

今更聞けない!コンテンツマーケティングとは

Sprout Social

本記事は、What is content marketing & why is it important?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

140 views

読了時間 : 約4分45秒

コンテンツマーケティングはマーケティング業界で山ほど使われており、注目する必要があります。しかしコンテンツマーケティングとは何で、どのようにマーケティング業に関わってくるのでしょうか。どのようにコンテンツがアドバンテージとなるのでしょうか。

 

インフォグラフィックからブログ、ツアー客の動画まで、コンテンツマーケティングの恩恵を受けています。ブランドチームでは、単独で行うことやマーケティング戦略の一部として行うこともあります。コンテンツマーケティングは人によって異なり、様々な方法があります。

 

70パーセントのマーケティング担当者がコンテンツマーケティングに投資しているということが、例えなんなのか知らなくても学ぶ価値があることだとわかるでしょう。

 

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとはコンテンツを使い、戦略的な方法で顧客に価値を与えることです。細かく見ていきましょう。コンテンツはEブックやウィビナー、ブログまでを含みます。マーケティングのポイントは何をどのように使うかです。

 

コンテンツマーケティングはマラソンのようなものです。元々あるコンテンツか新しいコンテンツを受け取り手の手助けのために分配をします。

 

会社のブログを作るとき、ブログはコンテンツです。どのようにプロモーションするかはマーケティングです。また、過去のデータやすでに公開された投稿から投稿に一番良い時間を分析することもあるでしょう。

 

コンテンツマーケティングのポイントは、顧客をすぐに制御しようとしないことです。コンテンツは信頼と権威を確立するものです。だからこそ顧客はあなたのコンテンツに集まります。例えば、Beauty Brandでは顧客は最終的にどのメイクアップパレットを買うのかを考えます。もし、メイクアップのビデオが流れていたとしたら、ここでメイクの仕方を思い出すことができます。

 

これが一言でのコンテンツマーケティングの説明です。

 

 

誰がコンテンツマーケティングに関わり、何をするのか

会社の構成によって、コンテンツマーケティングを行う人は異なります。SEO スペシャリストの仕事のこともあれば、ソーシャルメディアマーケティング部の責任のこともあります。

 

コンテンツマーケティングはランダムに行うものではありません。過去のデータやソースを用い、どのようなコンテンツが必要かを決定します。SEO面では、コンテンツマーケティング担当者はキーワードを調べ、どこが会社に不足しておりどうやって埋めつのかを分析します。コンテンツができたら、公開の日時と方法も決めるのも仕事です。

 

もし、季節に合わせた仕事をしているのなら、時期はとても重要になります。ファッションブランドは、冬服を真夏には売りません。旅行代理店は春休みの旅行については、計画を立てる時期でなければ話しません。

 

 

細かいことを言うと、分配を行うときにも時間は大切です。ViralPost featureなどのツールはどの時間が一番良いかを見極めるのに便利です。カレンダーはどのくらいの頻度でコンテンツを公開しているかを見ることができます。

 

コンテンツが生産、公開されても仕事は終わりません。次に、どの程度うまく行っているかを見る必要があります。ソーシャルシェアはどうなのかサイトの状態や参照はどうなのか。これらの情報は将来のコンテンツマーケティングに役に立ちます。

 

もしかしたら、インフォグラフィックのうち5つはあまり役に立っていないかもしれません。もしそうなら、インフォグラフィックはブランドにマッチしていないということでしょう。もしビデオがうまく行ったのなら、今後はそちらの投資した方が良いかもしれません。

 

 

コンテンツマーケティングはマーケティングのどこに属するのか

コンテンツマーケティングはマーケティングファネルの全てに当てはまります。戦略としてコンテンツーケティングを見る場合、どこに当てはまるのかを知りたいと思うでしょう。

 

 

元々存在しており、全員にむけた何かのガイドやウェビナーの場合、これは認知のステージになります。自動車メーカーでは、このコンテンツはなぜオイルを変えるのが重要でいつなのかを説明するビデオが当たります。これは、車を持つ全員に当てはまります。

 

興味関心のステージは、コンテンツは競争者とあなたとの比較チャートのようになります。自動車メーカーを例に取ると、ライバル社との差別化できる特徴のリストになります。

 

検討・検索ステージでは、産業のビデオや製品の使い方など、購入のために必要なものがコンテンツになります。このステージでは、自動車メーカーは例えば技術者への車の西部方法についてインタビューを行います。

 

最後の購入ステージでは、顧客を喜ばせるコンテンツを追加します。自動車メーカーではイベントを行ったり、ブランドの大使を作ったりすることです。

 

コンテンツマーケティングのゴールはチームによって異なりますが、75%がクオリティを上げるため、71%がwebアクセスを上げるため、56%がブランドの名声を上げるためだと言われています。

 

また、コンテンツは複数のステージにまたがることもあります。すでに存在しているコンテンツが会社の仕組みを伝えていることがあります。製品のハウツービデオの存在をしりプレビューさせることで、購入への決断を変えるかもしれません。

 

 

コンテンツマーケティングとはどんな感じなのか

理論の上ではコンテンツマーケティングを理解しましたが、実際はどのように使われるのでしょうか。コンテンツマーケティングは最適なコンテンツを正しい作戦と分配のもと使うことです。ではブランドごとのコンテンツマーケティングを見ていきましょう。

 

Topshop: ブログ

The Topshop のブログには会社の新しいスタイルのアイデアの写真が載っています。

 

 

The TopShopではサイズの大きなシャツをトレンドとし、どのように着こなすかを公開しています。これは興味・関心のステージにあたり、ここから購入をする必要はありません。この記事は着こなすのに必要なアイデアを提供しているのです。

 

このページはTwitterやニュースレターなどで広告されています。

 

 

 

The Lip Bar: ビデオチュートリアル

The Lip Barではメイクのチュートリアル動画を公開しています。

 

ビデオはそのトピックを学びたい人にとってとても便利です。ビデオのトピックは「ファンデーションをきれいにする方法」などがあります。

 

ビデオはとても大きな要素で、The Lip Barはソーシャルメディアにも投稿をしています。IGTVなどを利用しており、購入のページが埋め込まれています。また、ビデオの公開はマーケティングファネルの全ての段階に当てはまるのがわかります。

 

 

レッドブル: 全て

レッドブルは飲み物です。しかし、コンテンツによってライフスタイルのブランドにもなります。テレビ番組やイベント、雑誌、スポーツに関連したスポンサーなどです。

 

 

レッドブルのwebサイトは製品の購入ページではありません。企業はマーケティングをアートにし、様々な製品の購入を勧めています。

 

ここには様々なコンテンツマーケティングの戦略がイベントやアスリートの記事を通して使われています。レッドブルというのを聞いたことがなくても、コンテンツの一部し遭遇する可能性は非常に高いです。

 

 

次のステップ

これでコンテンツマーケティングが何か、なぜ大切なのかがわかったでしょう。次のステップは戦略について学ぶことです。コンテンツマーケティングを使用しているwebサイトはたくさんあります。コンテンツがうまく動作しない時は、チェックリストを見てみましょう。ソーシャルメディアに特化したものもあります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ