マーケティング

マーケティング

PR

絶妙なデザインに魅了される超クールな世界のコンセプトカー33選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、33 Coolest Concept Cars Of All Time
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

829 views

読了時間 : 約7分57秒

それらはユニークで極端であり、自動産業界の最高のエンジニアやデザイナーの想像力から生まれています。しかし、ほとんどのコンセプトカーは技術とリソースが手に入らないため、生産ラインで見ることはありません。それでも私たちはこれらの絶妙なデザインに魅了されています。非常に素晴らしい世界で最もクールなコンセプトカーたちを見てみましょう。以下に、歴史的なデザインと未来的なデザインの両方を紹介します。

 

33. マツダ・流

NAGAREは日本語で「流れ」を意味します。そのデザイナー、ローレンス・ヴァン・デン・アッカーによると、NAGAREはプロポーションと表面的な言葉の祭典です。車両のボディラインは、そのシームレスなデザインを水のように流れ、大きなフロントガラスは非常に鋭角にすくい、ガラスの屋根に形成されています。

 

32. P-Eco

SFのようなP-Ecoは、キム・ジョンフンによって設計されました。圧電性(圧力から発電させる)によって駆動し、都市での生活を容易にするために作られました。

 

31. ゼネラル・モーターズ Firebird 1

飛行機なのでしょうか、それとも車でしょうか?実際、それは両方の性質をもった風変りな創造物になっています。プロトタイプは生産用ではありませんでした。ゼネラル・モーターズが達成することができた極端なデザインとテクノロジーを紹介するために作成されました。デザインは完全に非現実的で、ガラス繊維でつくられた弾丸型の機体、シングルシートのコックピット上のバブルトップキャノピー、短い翼、垂直尾翼が付いています。

 

30. フォード・GT90

フォード・GT90は、1995年のデトロイト・モーターショーで発表された高性能コンセプトカーです。クワッドチャージ付きV12のエンジンDOHCから720hpを出力すると、最高速度235mphに達する前に、3.1秒で60mph、6.2秒で100mphに加速します。

 

29. トヨタ EX-III

EX-IIIは、1969年のトヨタ・モーターショーで展示された旧コンセプトモデルの兄分でした。EX-Iと同様に、高速、長距離用に設計されましたがより大きな車です。エアロダイナミックなボディはバンパー(前尖)がなく、長いボンネット、鋭く傾斜した側面、後部が繊細になっています。

 

28. ニッサンMotivity 400C

Motivity 400Cは電気浮上式鉄道のエンジンシステムを利用して、さらに強力になります。三角形のボディは空気抵抗を減らすので、車はより優れた加速を提供し、より多くの電力を節約します。ステアリングホイールは往来通りに整備されており、異常なトラブルや不快感を感じることなく運転を楽しむことができます。

 

27. アルファロメオ・カイマーノ

アルファロメオ・カイマーノは、イタルデザインのジョルジェット・ジウジアーロによって設計され、1971年のトリノ・モーターショーで紹介された小さなアルファスッドサルーンのスポーティなバージョンでした。珍しいドーム風防ガラスのため、内部から空と木々の素晴らしい景色を眺めることができます。

 

26. TH!NK FROST

TH!NK FROSTは、雪の多い地形や北極圏向けに作られた四輪駆動の電気自動車です。2人乗りの車は、油圧ホイールエクスデンダー、ダブルウィッシュボーンサスペンション、優れたトラクションを備えており、コックピットへの空気の流れをコントロールし、バッテリーパックと電気モーターの温度を調整することができます。

 

25. フェラーリ512S モデューロ

フェラーリ512Sモデューロは、1970年のジュネーブモーターでショー発表されました。キャノピースタイルの非常に低いボディで、4輪すべてが部分的にカバーされています。内部はあまり快適ではありません。実際に車の中に入ることができる人はほとんどいません。

 

24. A360

この小さなUFOのようなデザインは、Huynh NgocLanによって作成されました。車は(車輪ではなく)3つの球体で走行し、どんな方向にも移動できます。 また、内部のキャビンは方向変換に対応するために360度スイープすることができます。

 

23. ドルフィン

ドルフィンコンセプトカーは、家族全員を収容できる完全に透明なガラスとカーボンファイバーのフレームで作られています。 ドライブマシンは、デュアルステータの磁気浮上式DCマシンで構成されています。 コンセプトは主にサイズ、軽量ボディ、エネルギー消費量の削減に焦点を当てています。

 

22. アウディ・シャーク

アウディ・シャークは、カジム・ドクが設計した未来的なフライングコンセプトカーです。この2人乗りのフライングスポーツカーは、オートバイや飛行機から着想を得ています。外装は車の名前を視覚的に表しており、内部はコックピット構造に統合されたスポーティなシートを備えています。 ヘッドライトとテールライトはどちらも、LEDを備えた透明なチューブで作られています。

 

21. フィアット・アイ

これは、セグウェイテクノロジーに基づくコンパクトな個人用車両であり、都市の道路を迅速かつ持続可能な方法で走行できます。このシステムはジャイロスコープでバランスが取れており、音声コマンドと生体認証の読み取りセンサーが装備されています。楕円形の車輪が付いているため、車両はその軸を中心に回転し、不規則な障害物の中で快適に移動できます。

 

20. キャデラック・ワールド・トリリウム燃料

愛称キャデラックWTFは、ロルス・クレサスによって設計されました。それは本体幅のグリル、6束の24の車輪を有し、原子炉によって動力を与えられます。 同社によれば、車両のすべての部品はメンテナンスなしで100年間良好に機能することができます。

 

19. バルメット・ドーンEV

おそらく、このリストの中で最も奇妙で実用的でない車両です。バルメット・ドーンEVは、フィンランドの自動車メーカーであるバルメットが2012年のジュネーブモーターショーのために設計したシングルシーター電気自動車です。真っ白なボディは、観客の注目を集めることを目的としています。車両には、電気モーター、パワーエレクトロニクス制御モジュール、ワイヤレス誘導充電システムが装備されています。

 

18. メルセデス・ベンツ F105

F105は、コンセプトカーではなくリサーチカーと呼ぶ方がよいでしょう。車は自ら運転し、あなたの存在を認識することができます。車のバッジの下に高輝度レーザーが取り付けられており、緑の横断歩道やあらゆる種類の標識などのシンボルを道路に投影できます。 外部には金属製の窓があり、内部のキャビンは革、木、磨かれたアルミニウムの混合物です。

 

17. カザグルマ

カザグルマは風を力にしています。メカニズムはローター船に似ています。風力とマグヌス効果により、後方に旋風が発生し、車両が強制的に移動します。さらに、タイヤは6つの軽量で同一の部品でできており、タイヤが部分的に損傷した場合に交換できます。

 

16. アウディ・マカオン・スピード・セイラー

マカオンは風力エネルギーを動力源とする2人乗りのコンセプトカーです。 風が強くなりすぎたときに車のバランスをとるために、座席コンパートメントを調整することができます。 車両の走行と全体的なパフォーマンスを記録できるカメラとセンサーが豊富に装備されています。

 

15. ホンダ・エア

ホンダ・エアは、圧縮空気空気圧レギュレーターシステムを搭載しています。ターボバキュームと外部空気流を利用して、タンク圧力を拡張範囲に再生成します。車両にはガラス強化シートパネル、骨格サブフレームコンポーネント、ウレタンタイヤ構成があり、ボディパネルは完全な植物ベースのポリマーで作られています。

 

14. フォード・ニュークレオン

フォード・ニュークレオンは、1958年に原子力自動車の外観のデザインとして開発されたスケールコンセプトカーです。それは車体の後部にある小型原子炉から動力を得て駆動します。理論的には、車はウラン核分裂を動力源とする蒸気機関を使用することでした。移動式核爆弾での墜落の安全性の問題を無視すると、フォード・ニュークレオンはそれほど狂った考えではありませんでした。

 

13. 1947 ノルマン・ティンブス・スペシャル

フロントのコックピットとレインドロップテールにつながるカーブが、この車両を完全にユニークなものにしています。車のデザインは、メルセデス・ベンツW25アヴスグランプリやアウトウニオンタイプCなど、いくつかの第二次世界大戦のレースカーの影響を受けました。シャーシの背面にビュイックストレート8エンジンが配置されたエアロダイナミックなデザインです。

 

12. erRinGo

このリング型の車両(3輪)は、モハマド・ゲゼルによって設計されました。ジャイロシステムは車をメインホイールに保持し、他の2つのサイドホイールはターン中のサポートとバランスを提供するために使用されます。この2人乗りの車には、両方の乗客用のハンドルがあり、どちらも運転できます。

 

11. プジョー・オゾン

erRinGoと同様に、プジョー・オゾンはそれ自体のバランスをとるためにジャイロスコープ技術を必要とします。車は水素燃料で動作し、ジョイスティックでコントロールします。半透明のガラスドアは、対称的な金属製のボディに360度スライドできます。内部構造により、座席に不快感を与えるかもしれません。

 

10. BMW 42輪

BMWは、4歳の少年、エリの夢を実現するために、42輪、19エンジンのスーパースポーツカーを設計しました。彼には非常に具体的な要求がありました。まず、車はBMWでなければならず、次に、42輪、それぞれ459馬力の19ポルシェエンジン、3つのステアリングホイールが必要でした。 また、おもちゃでいっぱいのトランクが必要でした。 エリの叔父はアーティストに助けを求め、最終的にBMW自身が助けようと決心し、エリの夢の約束を果たす素晴らしいデザインを生み出しました。

 

9. プジョー Globule

プジョーGlobuleは4つの独立したキャビンで構成されており、それぞれに独自のモーターがあり、さまざまな方法で配置できます。各ポットは一人の乗客を収容し、中央のバッテリーに接続されています。駐車スペースに収まるように隣り合わせに並べたり、垂直に重ねたりすることができます。

 

8. Nike ONE

時速230マイルまで走行できる8速オートマチックトランスミッションを搭載した架空の高性能コンセプトカーです。エネルギー源としてヒューマン・エネルギー・ポテンシャル(HEP)を使用し、ドライバーの手で一連の非侵襲的バイオポートによってコントロールされます。車のデザインは、ナイキの創設者の原則である「Less is More(少ないほうが豊かとする)」に触発されています。

 

7 . オペル フロー

オペルフローは、太陽電力で駆動するシングルシートのコンセプトカーです。あなたの体を使って力を生み出します。正確にはあなたの体の動きです。ただし、主な電力はソーラーパネルから供給され、フローにはより快適な調整シートが付属しています。 ホイールには電気モーターが搭載されており、バッテリーの重量により車両を安定させます。

 

6. ジャガー・マークXXI

ジャガーXXIは、ラグジュアリーとエコテクノロジーの共生を体現しています。車体の大部分は、駐車時に(太陽に向かって)持ち上げられる太陽光発電パネルで覆われています。 これらのパネルによって生成されたエネルギーは、太陽が輝いていないときに車両を動かすオンボードバッテリーパッケージに蓄えられます。

 

5. BMW Lovos

アン・フォーシュナーは、見る人が心地よい適合性の抱擁から逃れることを奨励するためにこれを作成しました。 変圧器のようなもののように、それはその構造にソーラーパネル(閉じているとき)とエアブレーキ(開いているとき)として機能する260個の同一の交換可能な部品(スケールと呼ばれる)を含みます。さらに、各ホイールには12個の目盛りがあり、ホイールが動いているときにタービンのように収縮します。

 

4. BMW Gina

Ginaは、クリス・バングル(BMWのヘッドデザイナー)によって設計された、ファブリック製で形を変えるスポーツカーのコンセプトです。 Ginaは、「Geometry and Functions in ‘N’ Adaptations」の略です。(無限に変化する形と機能という意味)ボディは速度や外的条件に応じて形を変えます。さらに、車が駐車しているときは、車内の計器(ステアリングホイールなど)がアイドル位置にあるため、ドライバーは簡単に入ることができます。

 

3. フォルクスワーゲン・アクア

これは、21歳の中国人デザイナー、ユハン・ザンによって作成された未来的なホバークラフトのコンセプトです。 2つのエンジンを使用して実行します。一次モーターは水素燃料電池で作動し、車両の周りのゴム製スカートを膨らませて揚力を提供し、後部のファンは個々の電気モーターによって動力を供給されて推力と方向を提供します。

 

2. Honda Native

この車は、今後数年間で自動車に適用されると予想されるすべての進歩を表しています。 空飛ぶ車輪、純粋なH20で話し、動作するエンジン、環境に応じて色が変わる外装。これはすべて空想科学小説のように見えますが、現実です。内装は軽量アルミ製、外装はフォトクロミック技術を採用して色を変えています。

 

1. SAIC Yez

それが作り出すより多くの汚染を取り除く最初のコンセプトカーです。SAICは「Shanghai Automotive Industry  Corporation」の略で、Yezは北京語で「葉」を意味します。 光電変換(または人工光合成)のようないくつかの新しい技術を採用しており、車両に二酸化炭素を吸入させ、酸素を排出させます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ