マーケティング

マーケティング

BMW発 自動運転オートバイが走りまわる時代がくる

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、BMW Is Developing Self-Riding Motorcycle
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

329 views

読了時間 : 約2分7秒

・BMW は 2年以上にわたり、自動運転オートバイの試作品に取り組んできました。

・ある停留所から別の停留所に移動し、ターンして、ブレーキをかけることができます。

・このようなバイクが公道で見られるようになるまでには、まだ何年もかかるでしょう。

 

オートバイの事故のリスクは、乗用車の 35 倍です。英国運輸省によると、オートバイは四輪車に比べて16倍の死亡事故率です。2006年、米国国家高度交通安全局は、10万人中 72.34人のオートバイライダーが重傷または死亡したと述べました。ここ数年の間、自動運転車や自動運転トラックの発展を目の当たりにしてきました。

 

しかし、二輪車業界ではイノベーションがほとんど起きていません。二輪車にドライバー支援技術を導入することには、独自の課題がありますが、アプリケーションはこれまで以上に可能性を秘めているようです。

 

最近、BMWモトラッド は、2年以上にわたって取り組んできた自動運転オートバイの試作品を発表しました。この二輪車は、運転手がいなくても、ある停留所から別の停留所に移動したり、曲がったり、ブレーキをかけたりすることができます。

 

その計画とはどんなものでしょうか

ただし、BMW は完全自動運転の二輪車を販売するつもりはありません。自動運転技術の一部をバイクに統合して、極端な乗車条件下での安定性を高めたいと考えています。

 

近代的な自動運転車が車線を変更し、自動運転トラックが緊急ブレーキをかけるのと同じように、BMW は簡単に回避できる事故の数を減らすことから始めたいと考えています。

 

もちろん、そのような機能を二輪車に組み込むのは非常に難しいです。自動車は緊急ブレーキをかけるようにプログラムできますが、オートバイには同じ規則は適用されません。

 

ソフトウェアが二輪車のブレーキを強く踏んでしまうと、ライダーは車体から飛び出してしまいます。同様に、二輪車がやたら車線を変更したり、急に曲がったりすることを許可することはできません。

 

バイクは車に比べてライダーがコントロールやバランスを取るのが難しいため、自動化されたわずかな変更でも危険な状況を引き起こす可能性があります。

 

出典: BMW Motorrad/YouTube

 

2年以上にわたり、研究者は道路テストに何百時間も費やしてきました。

 

今後は、基礎となる詳細な動的モデルを利用して実際の乗車に当てはめ、1つまたは複数の高度な安全サポートを商用オートバイにすぐに搭載できる程度にまで試作品を最適化する予定です。

 

他社も続々と・・

自動運転二輪車に取り組んでいるのは BMW だけではありません。今年初め、ヤマハはラスベガスで開催されたコンシューマ エレクトロニクス ショーで MOTOROiD を発表しました。重心をリアルタイムでシフトするAIトレーニングのアクティブマスセンターコントロールシステムを備えています。自動車部品サプライヤーであるボッシュは、自動車のアダプティブクルーズコントロールに似たライダー アシスタンス システムを開発しています。

 

昨年、Damon X Labs というカナダの新興企業が、同様のオートバイ システムを開発する計画を明らかにしました。さらに、イスラエルを拠点とするスタートアップである Ride Vision は、ライダーの安全機能に取り組んでおり、最初の資金調達ラウンドで250万ドルを調達しました。

 

自動運転二輪車の試作品ができた今、大手自動車メーカーや新興企業はそれらのテストに忙殺されていますが、これらの車両が公道を走るのを見るまでにはまだ数年かかるもようです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ