マーケティング

マーケティング

コロナ渦で高まる、クリエイティブなコンテンツ作成の需要

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Creative content and to meet pandemic holiday demands
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

414 views

読了時間 : 約4分10秒

コロナ渦の休暇、消費者はオンラインや他のデジタルチャネルで買い物をする中、新しく新鮮なコンテンツを求めています。米国の消費者を対象に行った最近の調査によると、79%がブランドから、今までとは異なるストーリーテリングのアプローチを望んでいます – 彼らは同じ広告(クリエイティブ)を繰り返し見たくないのです。

 

私たちはこれまで以上にオンラインに時間を費やしており、いずれにせよ、すでにその広告(クリエイティブ)のほとんどを目にしているでしょう。同時に、今シーズン、小売店やブランドマーケティング担当者は、消費者を満足させ、品質を犠牲にすることなく、大量のホリデーキャンペーンをプロデュースしたいと考えています。

 

しかし、増え続けるプラットフォームやチャネル、オンラインの採用が加速していることに加え、ここ数ヶ月間でブランドは既存のクリエイティブコンセプトを使いすぎてしまっている可能性があることから、実行することそのものが課題となっています。

 

 

量産要求が圧倒的になると、創造的な多様性と品質が打撃を受けることになります。しかし、ブランドが消費者の財布を奪い合うために広告エンジンを稼働させるようになると、制作リソースや予算は需要を満たすために伸びず、チームはより少ないリソースでより多くのことを行うことが期待されます。

 

このジレンマは「コンテンツギャップ」と呼ばれ、多くのブランドマーケッターや広告主がキャパオーバーに感じています。ブランドは、クリエイティブを制作するためのさまざまな、より効率的な方法を検討する必要があります。

 

 

ノーティー・リスト

 

コンテンツギャップは、ブランドや小売企業に大きなプレッシャーを与えます。消費者の消費が回復するにつれ、ブランドはこのホリデーシーズンにクリエイティブなコンテンツをシームレスかつ効率的に展開する必要があります。これらの課題について議論してみましょう。

 

・クリエイティブクオリティの低さ:半数以上(51%)の消費者が、関連オファーのクリエイティブアセットが最も記憶に残るものとしています。とはいえ、複数のチャネルを横断して、毎日ではなく毎週のようにホリデーセールを制作・宣伝することは、プロモーションコンテンツ(メール、ソーシャルポストなど)に負担をかけることになります。小売業のマーケティングや広告チームは、プラットフォームにまたがる大量のプロモーションキャンペーンを押し出すために、品質を見送ることもよくあります。

 

・プロセスが分散していて時間がかかる:社内のクリエイティブチーム、マーケティングリーダー、メディアエージェンシーがキャンペーンのレビューを行いますが、部署間での連携がない事がほとんどです。この方法では、関係者がそれぞれのプロセスや好みを持ってキャンペーンを完成させることになり、摩擦が生じることになります。ブランドは、迅速かつシームレスにコラボレーションすることに苦労しているため、この場合、お金をとり逃すことになります。

 

・特定地域や現地への適応が不十分である:グローバルキャンペーンのローカリゼーションは、国際市場へのリーチとエンゲージメントの機会となります。しかし、ブランドが従来から行っている生産プロセスが重複していることはもちろん、現地の市場をゼロから作り上げることでブランディングの一貫性が失われてしまいます。

 

 

クリエイティブのオートメーション化が「いいね!」リストのトップに

 

クリエイティブのオートメーション化は、コンテンツギャップのジレンマに対する解毒剤であり、このホリデーシーズンにブランドを救うことになるでしょう。今年は消費者の61%がホリデーシーズンのショッピングをオンラインで行うと予想されているため、ブランドは消費者を魅了し、コンバージョンさせるために、様々なホリデーキャンペーンのクリエイティブなアイデア、メッセージング、プロモーションを市場に投入する必要があります。

 

実際に、クリエイティブ・オートメーション・ソフトウェアを使用することで、ブランドはキャンペーンをより迅速に立ち上げ、既存のクリエイティブに変更を即座に適用し、同じリソースでより多くの作業を行い、遠隔地のチームをまとめてパンデミック休暇中にアジャイルな対応を行うことができます。

 

 

無限に、そしてその先に

 

クリエイティブオートメーションについて少し理解したところで、ブランドがこの休暇と新年に、彼らがクリエイティブなコンテンツ制作で一歩先を行くことができる方法について深掘りしていきましょう。

 

・多様性に妥協せず、スケール感のある制作を:テンプレート、デザイン、言語、サイズなど、複数の組み合わせでクリエイティブアセットを拡張することができます。マルチユーザーアクセスによるプレビュー、レビュー、キャンペーンの承認などの機能により、ワークフローをスピードアップしながら、常にユーザー管理を行う必要がなくなります。

 

・市場投入までのスピードを加速させ、価値のあるクリエイティブワークのためのスペースの確保:最大手でリソースの豊富なブランドでも、クリエイティブ制作のプロセスを効率化するためには、適切なテクノロジーが必要とされます。適切なテクノロジーを導入することで、クリエイティブチームは、制作ワークフローの中の手作業による反復的な作業を排除することで、より迅速かつ機動的に制作を進めることができます。

 

スピードは不可欠なものの、時間とリソースを考慮することも非常に重要です。質と量のどちらかを選ぶ必要がなければ、ブランドはクリエイティブなアイデアの向上に集中することができます。

 

・常にらしさを保ちつつ、コントロールする:高品質なクリエイティブ制作に投資することで、地域、プラットフォーム、メッセージングを横断したブランドの一貫性を、単一のインターフェイス上で維持することができます。最近のクリエイティブ・バラエティ調査によると、広告やコンテンツがウェブサイトやアプリ、ストアと一致しない場合、60%の消費者がブランドに対し、不信感を抱いたりしています。

 

 

クリエイティブを自動化するための新しいアプローチ

 

消費者心理は、小売業者がホリデーキャンペーンをどのように作成、展開するかを評価する必要性を示しています。

 

ホリデーシーズンを前に、クリエイティブへの投資は必須です。第二に、小売業者にとって、クリエイティブ戦略は売上を牽引するための重要なパフォーマンス・レバーとなっています。しかし、今日の課題は、多くのブランドがクリエイティブチームを組織化し、グローバルやローカルの消費者に対応し、スピード感を持って動けるようにしていないことです。

 

このホリデーシーズンでは、クリエイティブ・オートメーションのような新しいテクノロジーを活用し、クリエイティブなメッセージングや多様性を自動化・拡張し、チームが戦略的な仕事に集中できるようにすることで、変革を遂げた小売業者やブランドが前進していきます。クリエイティブの多様性と俊敏性を重視する企業は、今期もそれ以降もトップに躍り出るでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ