マーケティング

マーケティング

【ECサイト運営者向け】成功する集客ブログに必要なこと5選

Yoast

The mission of Yoast is SEO for Everyone. We want to give everyone the opportunity to rank in the search engines. Our SEO plugin, blog posts, and online courses should enable both large companies as well as small websites to attract the traffic they desire.

本記事は、5 blog topic ideas for your eCommerce site
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

335 views

読了時間 : 約4分15秒

ブログは、ECサイトにとって最高のマーケティングツールになります。読み手にブランドや商品そして会社について知ってもらうチャンスにもなります。定期的に記事を書くことで、検索結果の上位にランクインさせる可能性が上がります。新しいアイデアを思いつくことは難しいことです。この投稿では、ECサイトのブログを最高のものにするトピック5選を紹介します。

 

 

なぜブログが必要?

ECサイトのブログを維持することは大変な作業のように見えるでしょう。しかし、時間をかけるだけの価値があります。ブログはオーディエンスにブランドや商品について知ってもらうことを可能にします。ブランドや商品についてあなたの観点から語ることができ、新たなアイデアや計画についても知らせることができます。

 

オーディエンスとの間に信頼関係を築き、エンゲージメントを高めることができます。これだけではありません!ブログを維持することはSEOにも大きく役立ちます。ブログをECサイトで更新するたびに、新しいコンテンツを増やすことになります。ブログの投稿を介して、潜在顧客が抱えるであろう疑問に答える(商品が問題を解決するかもしれない)ことができ、また、事業に関連するあなたの専門知識を見せることができます。

 

定期的に、正しいキーワードを使ってブログを更新することでECサイトの総合ランキングを上げることを可能にします。商品ページも含みます。

 

 

ECサイトにおけるブログのアイデア5選

ブログはオーディエンスがオンライン上でECサイトにたどり着くことを可能にします。

 

しかし、維持をすることは簡単なことではありません。ブログのために常に新しく、ユニークなアイデアを思いつく必要があります。オーディエンスがサイトに戻ってくるような素晴らしいコンテンツを作りたいとお思いでしょう。では、ブログを維持するのに必要不可欠な第一歩であるキーワード検索について見ていきましょう。

 

 

1. キーワード検索からインプットする

ブログには書きたいことを何でも書くことができますが、始める前に、正しくキーワード検索を行いましょう。キーワード検索はオーディエンスがどのようなキーワードで検索するのかを知ることを可能にします。要するに、どのようなキーワードで検索されたいですか?

 

どのようなキーワードでサイトや商品が検索されたいか、あなたなりのアイデアがあるかもしれませんが、正しいキーワードを使用するようにしましょう。オーディエンスは全く異なったキーワードで商品を検索するかもしれません。間違った検索キーワードは潜在顧客を逃すことに繋がります。

 

Googleでキーワードを検索することで、サジェストからユーザーがつかうであろうキーワードを予測することができます。もしくはGoogle Trendsで、どれくらいの頻度で検索キーワードが類似のキーワードと比べ使用されているのかを調べることもできます。キーワード検索から得るものは大きいです。正しく行えば、注目すべきキーワードを知ることができ、検索キーワードのランク入りを可能にします。

 

 

2. 最新のイベントとニュース

最近のイベントをフォローするのも、ブログの最新の話題を考え出す方法の一つです。幾つかのニュースサイトに目を通し、自分なりの見解や専門知識についてあなたのニッチのために書きましょう。特定の話題について警告を鳴らすこともできます。休暇や、イベントが近づいてきたら商品がどのように使用できるか記事を書きましょう。

 

最新のイベントは記事の話題のためのインプットになります。楽しいのは、人々が興味をもちそうな記事を書いている瞬間です。なぜなら今、開催されているからです。もしそのイベントが、あなたのニッチ(もしくは一般的に)とって重要なイベントであれば、オーディエンスはもっとその話題についての記事を読みたくなるでしょう。

 

Yoastでどのように私たちがこれを行っているかというと、少し前にGoogleがWeb Vitals(読み込み時間やユーザー体験を測る指標)を導入した際、Yoast読者がサイトの最適化に関心があり、もっとこのことについて知りたがっていることが分かっていたので、Web Vitalsとは何か、これらがサイトに与える影響について書きました。

 

 

3. オーディエンスの質問とコメント

最初は抵抗があるかもしれませんが、読者がコメントを残せるようにすると新しい投稿のためのインプットになります。コメントを残せるようにすることで、フィードバックや質問を受け取ることになるでしょう。そこから、なんの話題に読者は興味があるのか、新しい投稿には何を書くべきかを決めることができます。

 

この交流によって読者がサイトに戻ってくることを確実にします。もしまだ、読者にコメントを許すことに抵抗があるのであれば、ブログのコメントを管理する方法をご覧下さい。

 

 

4. ブログのパーソナルタッチ

ブログを書くことは、パーソナルタッチをサイト、ブランド、企業に加えることを可能にします。大きな企業ですら、個人レベルで人々にアピールできるという点でブログからメリットを得られます。作者を表示するのも方法の一つです。読者に、誰が投稿を書いたのか、専門は何か知らせましょう。

 

もし可能であれば、CEO(もしくはチームのエキスパートに)自身の市場に対する見解や、販売している商品の使い方について書いてもらいましょう。パーソナルタッチを加えることで、企業やブランドが人々と結びける側面を与えることになります。もし、他の同じようなECサイトのブログに埋もれてしまいそうな不安があれば、ニッチ市場でユニークでいるにはが簡単にブログの投稿とオーディエンスを結びつけるパーソナルタッチを加えるのに役立つでしょう。

 

 

5. 商品についてのストーリー

商品ページは商品について説明するのにもっとも適しています。しかし、商品にまつわるストーリーをシェアするには、ブログが最適です。

 

掃除用品を販売しているのであれば、どの商品が一番シミ取りに効果があるのかブログを書きましょう。子供服を販売しているのであれば、子供が服を着て遊んでいるところをブログに投稿しましょう。写真を見くびってはいけません。できるだけたくさんの写真を載せましょう。もし写真がなければ、ブランドに関連したイメージでも構いません。そうすることで投稿が生き生きとしたものになります。

 

商品の様々な使い道について紹介しましょう。ストーリーは有益で、面白いものであるべきです。ブログが売り込みのようにならないようにすることにも注意が必要です。買うべきですという代わりに何故買うべきなのかを示すようにするべきです。

 

顧客に商品に関しての口コミをシェアしてもらうのも方法の一つです。サイトに投稿してもいい写真や、口コミを頼みましょう。顧客の同意で、体験談を元に素晴らしいブログの記事を書くことができます。もしくは、顧客にゲストブログを頼んでも構いません。

 

ブログを書きましょう!

投稿の最初に話しましたが、ブログは、ECサイトにとって最高のマーケティングツールになります。ECサイトSEO戦略の一部です。集客をふやし、エンゲージメントを高め、ブランドや企業を見られたいように表現することを可能にします。しかし、大変な作業です。

 

このブログで紹介した、ECサイトのための5つのヒントが最高のブログをスタート、維持するのに役立つインプットであることを願います。

おすすめ新着記事

おすすめタグ