マーケティング

マーケティング

Googleとは一体何者?興味深い30の事実

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、30 Intriguing Facts And Statistics About Google
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

320 views

読了時間 : 約6分9秒

データが石油よりも貴重なこのテクノロジー時代では、シリコンバレーの大企業、Googleほど私たちの生活に影響を与えるものはありません。Googleは、スタンフォード大学の2人の博士課程の学生であるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの発案によるものです。最初の成功は主に、その内容とバックリンクに基づいてウェブサイトをランク付けするPageRank(ページランク)のアルゴリズムに関連していました。

 

同社はエンジェル投資家からの少額の出資の助けを借りて1998年されました。Googleは何をする会社なのか、皆さん知っていますよね?同社の最初のいたずらから最大の買収、また最大の失敗からその成果まで、ここにGoogleに関する興味深い30の事実と統計を示しました。

 

30.2017年時点で、Googleは世界中に計15のデーターセンターを所有し運営しています。それらのうち9つはアメリカ大陸にあり、4つはヨーロッパ、2つはアジアにあります。

 

29.2013年、ワシントン・ポストはNSA(国家安全保障局)がMUSCULARプログラム中に、YahooとGoogleのデータセンター間の主要な通信リンクに侵入したと報告しました。これは、当時どちらの会社もまだ内部データの暗号化を始めていなかったためでした。

 

28.世界で最も効率的なデータセンターはGoogleに属しています。四半期ごとの電力使用効率1.08をもつベルギーのSt. Ghislainデータセンターは、恐らく今日機能している最も効率的なデータセンターです。どうしたらそんなことができるのでしょうか?データセンターは、外気冷却のみを使います。

 

27.Googleは時々いたずらを仕掛けることで有名です。しかし、2007年4月1日、同社はニューヨークオフィスの社員に対して危険性のあるニシキヘビが施設内で行方不明になっているという警告メールを発信しました。これはいたずらではありませんでした。

 

26.他の多くの企業と同様に、Googleもいくつかの「.sucks」ドメインを所有しています。「.sucks」ドメインを知らない人のために、これはVox Pouliとして知られている会社が発行するドメインで、彼らはこの新gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)が消費者養護に使用され、マーケティングを引き起こすことを示唆していますが、最近はメディアや他の企業から批判的な意見も増えてきています。

 

25. Google検索で今直ぐに試せるクールな仕掛けがいくつかあります。「askew(斜めに)」と打ち込む(「」なしで)と検索結果画面は右に緩やかに傾きます。同じように、「do a barrel roll(横転しなさい)」と検索すると画面が一回転します。「google-gravity(重力)」では何が起こるか、試してみてください。

24.毎年、この巨大なインターネット企業は世界中から100万件以上の求人応募を受け取っています。数百万人のうち、4000人から6000人だけが雇用されています。

 

23. 2010年、Google マップはニカラグアとコスタリカの中央アメリカの2国間で深刻な地政学的緊張に火を付けました。Google マップは「誤って」この2国間の間で非常に争われている隣接した土地をニカラグアの一部として特定しました。

 

数週間後、Googleマップは再び、ジブラルタル海峡にある小さな島への権利を主張するスペインとモロッコの機関の間で穏やかな亀裂を引き起こしました。

 

22. Googleマップがどのように交通情報を提供しているのか疑問に思ったことはありませんか?定期的かつ正確な交通情報を提供するために、GoogleマップはAndroidデバイスと継続的にやり取りをします。Androidデバイスが特定の道路を移動する速さを測定することによって、Googleマップはより正確な交通マップを生成できます。

 

21. 今日、1回のGoogle検索はアポロ11号ミッション全体よりも多くの計算能力を消費しています。2012年、Googleのチームは、Google検索は人間が歴史上初めて月面に降りたった1969年のアポロ11号のミッションよりも多くの計算能力が必要だと測定しました。

20.他の多国籍企業と同様に、Googleも以前はテストの点数とGPAを重視して従業員を採用していましたが、現在はそうではありません。興味深いことに、Googleで正式な大学教育を受けずに雇用されているエンジニアの総数は近年増加しています。メンバーの約14%は大学に行ったことがないか、学位を持っていないチームもあります。

 

19.ウィキペディアによる合併と買収に関する情報に基づくと、2010年2月から2011年12月の間に、Google(Alphabet)はいくつかの例外を除いて月に少なくとも2社を買収しました。この間、GoogleはMotorola Mobility を125億ドルで買収し、これはGoogleのこれまでで最大の買収でした。

 

18.2018年3月の時点で、Googleは米国内外の200社を超える企業を買収しました。中でも人気のあるものには、YouTube、 AdMob、Nest Labsがあります。

 

17.Gmailはベータ版として2004年4月1日にサービスを開始しました。この日付のせいで、大きなメディアサイトを含む多くの人はエープリルフールのいたずらなジョークだと思いました。

 

16.一番初めのGoogle Doodleであるバーニング・マン・スティック(Googleの2つ目のoの後ろに棒線で描いた人の形)は実際には、創設者たちが「外出中」であることをGoogleユーザーへ伝えるためのメッセージでした。

15.Googleはもともと、「BackRub」という名前でした。そうです。BackRubです。1996年の彼ら自身のウェブサイトによると、ページ氏とブリン氏は、彼らのプログラムが「back links(バックリンク)」と関連付けられているため、検索アルゴリズムを「BackRub」と名付けました。しかし、1年後の1997年に、デュオ氏はBackRubという名前は彼らの会社にふさわしくないと判断しました。

 

14.遂に、会社名は「Googol」というつづりの間違いに由来する「Google」と名付けられました。「Googol」は、数字の1の後にゼロが100個続いた値を表すもので、検索エンジンが大量の情報を提供することを目的としていることを示すために使用されました。

 

13.2014年、GoogleはDeepMind(ディープマインド)として知られる人工知能開発企業を買収しました。それ以降、子会社は機械学習の分野で進歩を遂げてきました。それ自体がビデオゲームをプレイすることを学ぶニューラルネットワークを作成しました。AlphaGo(アルファ碁)やAlphaZero(アルファゼロ)プログラムは人気のある例です。もう1つの有名な例は、人間の脳の短期記憶を模倣したニューラルネットワークであるNeural Turing Machine(ニューラルチューリングマシン)です。

 

12.Googleは、毎年何兆もの検索クエリを処理しています。しかし、それでもこれらの検索クエリの15%はまったく新しいもので、これまでGoogleが処理したことのないものです。2007年にはこの数字は25%にも達しました。

 

11.Googleによると、1億2900万冊をわずかに超える本が世界中に流通しており、それらを全てデジタル化することを計画しています。推定1億2900万冊の本のうち、同社は既に1200万冊をスキャンしています。

 

10.1999年、ページ氏とブリン氏は同社をインターネット・ポータルのExciteにわずか100万ドルで売り込もうとしましたが、後に却下されました。この交渉に関わった人たちによると、Exciteがこの最初のオファーを断ったあと、ページ氏とブリン氏は価格を75万ドルまで下げましたが、再び却下されました。今日の時点で、Alphabetの時価総額は7000億ドルをはるかに超えています。

 

9.米国を拠点とするメディア会社「Rapt」の2007年のTom Chavezによると、検索ワードの検索順位1位のページに直接ジャンプできる「I’m feeling lucky」ボタンが多く使用されたため、Googleは毎年1億1000万ドルを損失しています。

 

8.2013年8月16日、Google全体が5分間停止したことをご存知ないかもしれません。その停止中に、世界のインターネット・トラフィックが合計で約40%減少しました。Googleが停電の影響を受けたには初めてではなく、2009年に同じような停止が発生し、その重要なサービスの多くが1時間以上停止しました。

 

7.毎年、Googleは世界の他のどのインターネット会社よりもデジタル広告からより多くの収益を得ています。調査会社eMarketerが提供したデータに基づくと、同社はトラフィック取得コストを除いた後、2017年に730億米ドルを超える純広告売上を見込んでいました。

 

6.Yahooの元CEOであるマリッサ・メイヤーはGoogleで働く初期の従業員の1人でした。彼女は同社で働く初めての女性エンジニアでもありました。

 

5.2007年、GoogleはXプライズ財団と共同でGoogle Lunar X Prozeを発表しました。これは、月面に無人探査機を着陸させ、月面を500m以上走行してデータを地球に送信することに成功した民間チームに2000万ドルが贈られるというものでした。

 

4.Googleの今日までの最大かつ最も成功した買収の1つは2006年に16億5000万ドルで買収したYouTubeです。YouTubeはGoogleに次ぐ2番目に大きなウェブサイトです。

 

3.1998年に25万米ドルを投資したことで、Amazonのジェフ・ベゾスがGoogleの初期の支援者の一人になりました。2004年に同社が公開されたとき、ベゾスの投資は300万株以上の価値がありました。

 

2.2015年、Googleは会社全体を再編成すると発表しました。これは、持ち株会社であるAlphabet Inc. をGoogleの最大の子会社として組み込むことによって行われました。完了すると、ラリー・ペイジはGoogleのCEO地位を離れ、新たに形成されたAlphabetを担当しました。

 

1.Googleは2004年に初めて株式市場に参入しました。FacebookやAlibabaなどのインターネット企業のIPOと比較すると、GoogleのIPOは大成功ではありませんでした。しかし今日では、GoogleはS&P 500インデックスで2番目に大きな名前であり、市場価値は7000億米ドルを超えています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ