マーケティング

マーケティング

コンテンツのパーソナライゼーションで最大限の効果を引き出す4つの秘訣

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Four tips to maximize content creation for personalization
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

326 views

読了時間 : 約3分56秒

要約

・ブランドは、マーケティング、デザイン、および開発に必要な時間、リソース、努力によって、消費者が求めるものをオンラインに反映するプレッシャーを感じています。

 

・多くの場合、小規模で高収益のキャンペーンに投資するほうが、重要性の低いエクスペリエンスを数多く実行するよりも有益です。

 

・色やボタンサイズの変更などに時間を費やさないでください。違いはありません。

 

・コンテンツはパーソナライズの重要な要素ですが、チームが常に新しいコンテンツを作成する必要はありません。ブランドは、結果を残している既存のコンテンツを活用することで、最大限の結果を得ることができます。

 

・ブランドは、パーソナライズの取り組みを拡大し、市場投入までの時間を短縮、新たなトレンドに適応したい場合、リッチコンテンツで迅速かつ簡単にユーザーエクスペリエンスを獲得する必要があります。

 

 

パーソナライズとは、一般的なアプローチから個人へのカスタマーエクスペリエンスを重視したアプローチへの移行です。訪問者は多様であるため、サイトやアプリの1つのバージョンがすべての人に適することはありません。

 

つまり、結果を得るには、各訪問者グループに対して最適なバリエーションを作成、配信する必要があります。ガートナーがパーソナライズを実装するための障壁として主要なコンテンツの増加に言及しているのも不思議ではありません。

 

ブランドは、マーケティング、デザイン、および開発に必要な時間、リソース、努力によって、消費者が求めるものをオンラインに反映しなければならないプレッシャーがありますが、幸いなことに、コンテンツ作成の効率を高め、パーソナライズの取り組みを拡大できるいくつかの戦略があります。

 

 

1)小さく始めてから成長

初めてカスタマーエクスペリエンスをパーソナライズしようとする際の落とし穴は、1度に多数のキャンペーンを開始することです。不可能なことをするのではなく、1つのポイントまたは機会に焦点を当てます。

 

たとえば、カート破棄率やサイトの放棄はコンバージョンの観点からみると有害です。そのため、出口を意図したポップアップを展開し、異なるメッセージやクリエイティブを使用した複数のバリエーションをテストすると、主要なセグメントに影響を与えることができます。

 

多くの場合、小規模で高収益のキャンペーンに投資するほうが、重要性の低い多数のエクスペリエンスを行うよりも有益です。

 

影響を与えられたポジティブな顧客の反応は、パーソナライズのメリットを強調し、より多くのリソースを確保し、将来の大きな成果のために動く組織の後押しをします。

 

データをもとにどのようなコンテンツが必要か明らかにします。

 

 

2)目的を持ったテスト

色やボタンサイズの変更などに時間を費やさないでください。ブランドに影響はありません。実際に意味があり、価値があるパーソナライゼーションの要素をいじる必要があります。

 

訪問者が商品をカートに入れたままにするなどの行動をした時に送られるタイムリーな電子メールを想像してみてください。メールを受け取ると、訪問者は興味を思い出し、そこにわずかな割引があれば商品を購入する後押しになることもあります。

 

ボタンを変更しても、そのような力は発揮されません。

 

適切なテストを適切に行うことは、それをサポートするために作成されたコンテンツが最終的に成果を上げるために重要です。

 

たとえば、エクスペリエンスに多くのリソースが必要であるが、パーチェスファネルに影響を与えそうにない場合は、別のアイデアを進める方が合理的かもしれません。

 

勝利への最短の道は、ソーシャル・プルーフを取り入れたメッセージングを導入することです。最小限の設計と開発が必要ですが、買い物客が持つ商品購入時のためらいの気持ちを減らす効果があります。

 

 

3)最高のパフォーマンスをするコンテンツを再利用

コンテンツはパーソナライズの重要な要素ですが、常に新しいコンテンツを作成する必要はありません。ブランドは、すでに良い結果を残している既存のコンテンツを活用し、最大限の結果を得ることができます。

 

コンバージョン、カートへの追加料金、平均注文額、収益などの増加をもたらしたキャンペーン、エクスペリエンス、またはバリエーションなどの最高のパフォーマンスをしたコンテンツを調べることから始めます。

 

次に、セグメント、トラフィックソース、影響を受けるデバイスタイプなどを分析して、それらが新しいチャネル、フォーマット、場所、期間に合わせて再利用するのに適しているかどうかを考えます。

 

最後に、コンテンツを修正し、キャンペーンに関するデザイン、メッセージング、およびオーディエンスを改良して、時間の経過に合わせて最適なエクスペリエンスを得れるように調整してください。

 

データは常に、新しいイニシアチブとコンテンツを知るきっかけとなり、今までの実験、洞察をもとに、未来への道しるべとなることがあります。

 

 

4)テンプレート化

ブランドは、パーソナライズの取り組みを拡大し、市場投入までの時間を短縮、新たなトレンドに適応したい場合、リッチコンテンツで迅速かつ簡単にユーザーエクスペリエンスを獲得する必要があります。

 

また、デジタルマーケティングの他の多くの分野で活用されているように、テンプレートを使用して効果的な方法を実現できます。

 

ヒーローヘッダー、exit-intentポップアップ、email captureオーバーレイなどの作成済みエクスペリエンスを使用して、各テンプレートをカスタマイズすることで設計と開発の時間を節約できます。

 

一部のマーケティングツールおよびプラットフォームでは、ブランドが独自のテンプレートを保存することもできます。

 

たとえば、開発チームが成功した高性能のオーバーレイ通知を作成し、マーケティングがそれに基づいていくつかのバリエーションを作成したい場合、カスタムテンプレートを保存し、Dynamic Yieldのテンプレートエンジンで利用できます。

 

そして、デザインや開発に戻ることなく、テキスト、画像、色、製品などの要素を変更できます。

 

 

結論

パーソナライズを促進するために必要なコンテンツの作成は、マーケティングチームに高い要求をしますが、ありがたいことに役立つツールがいくつかあります。

 

戦略的にコンテンツにアプローチすることにより、ブランドは効果を最大化し、カスタマーエクスペリエンスの利益を実現するために必要な流れを維持することができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ