マーケティング

マーケティング

ICOをはじめよう! 暗号通貨で資金調達  [パート3]

149 views

ICOのためのマーケティング

 

ICOはマーケティングなしでは成り立ちません。 結局のところ、コインや暗号通貨の発行後、インターネットユーザーがそれを知り、興味をもってくれなければならないのです。いくつかが大事な点があるのですが、最も重要なのは創造性とカバレッジです。 あなたのキャンペーン(ちなみに、広告キャンペーンとの比較を行うのはかなり現実的だといえます)は注目されなければならないのです。

 

そのために最低限必要なのは・・・?:

 

 

 

1.専門フォーラム (https://bitcointalk.orgなど)

これはおそらく、初心者からプロまで、すべての暗号通貨の所有者が集う最大のフォーラムです。 フォーラムには多くのスレッドがあり、世界中のあらゆる言語ごとに個別のスレッドがあります。

もし英語を自在に操れなくても、まったく問題ありません。 タイ語、ロシア語、イタリア語、そしてその他の言語をすべてのユーザーが利用できます。 自分でトピックを作成した後、専門家レベルの参加者と礼儀正しく会話したり、迅速に応答したりしましょう。そして質問をかわしたりしないようにしましょう。ディベートを行うつもりでフォーラムに参加するのが良いでしょう。

 

 

 

2.ウェブサイトの開発

ウェブサイトには、会社に関するニュースやイベントを定期的に告知するブログを含んだランディングページが必要です。 また、会社の各メンバー(特に技術専門家と経営陣)の概要とチームの紹介文があるページも要ります。

LinkedIn、Facebook、Twitterなどのソーシャルネットワークへのリンクも忘れないようにしましょう。 ロシア語圏では、VKも追加する価値があります。 すべてがあなたのビジネスと提供に対する信頼のうえに立っていることを忘れないでください。 ブログに関する作業を行うには、メディアと接続・設定するのがよいでしょう。

 

 

 

3.購読および電子メールキャンペーン

これは必須です。 あなたのビジネスに興味を持ったユーザーや投資家がさまざまな企業に従っていると想像してみましょう。彼らはあなたの会社のことをすぐに忘れてしまうかもしれません。 通貨発行の数日前、1週間前、2週間前、そして1カ月前にICOとPre-ICOについて通知をしましょう。

 

Pre-ICOの段階では、投資家のためのセールスを企画しましょう。 これは、投資家や企業にとってプラスの影響を与えます。 ICOキャンペーンのようにマーケティングをあまりにも長く延期しないでください.1ヶ月もあれば十分でしょう。

 

 

ICOにかかる費用

平均的には、ICOの費用は1万8000ドルほどで、KYC、流通、開発もこの資金で行え、ユーザーのためのプラットフォームも開発費も含みます。 西欧や米国の企業と協力して作業を進める場合、2倍〜4倍時間がかかるということに注意しましょう。

 

ICOはビジネスの観点から合理的な決断だと言えるでしょうか。 答えはイエスです。 おそらく、デジタルプロジェクトの資金調達とスタートのための最も簡単で一番早い方法でしょう。

 

▼パート1はこちら!

 

 

※本記事は、How to Launch ICO and Create Your Own Cryptocurrencyを翻訳・再構成したものです。

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ