マーケティング

マーケティング

今すぐ試せるInstagramのいいね!を増やす具体的な方法 ハッシュタグやキャプションの工夫でエンゲージメントを向上させる

Sprout Social

本記事は、Instagram Likes: How to get more and why they still matter
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

2,355 views

読了時間 : 約7分30秒

投稿結果を測る初期のソーシャルメディア指標の一つ、インスタグラムの「いいね」は未だ多くの企業にとって主要な指標です。ユーザーはダブルクリックをするだけ。非常にシンプルです。そしてその「いいね」はエンゲージメント数にまとめられます。

 

インスタグラムが「いいね」の数を非表示にする実験を実施していますが、指標は内部測定として残ります。「いいね」の非表示は既に、オーストラリアやカナダなどのいくつかの国々で実験されていますが、この記事が発行される日には、アメリカまで拡大しているでしょう。

 

現時点では最終的に「いいね」数の公開で何が起こるのかわかっていませんが、重要なのはブランドやインフルセンサーの分析には引き続き数が表示されるということです。

 

投稿への「いいね」を増やすためのヒントを以下にまとめています。

 

基本の「良い写真」や、「一貫性」についてはあえてここでは触れていませんが、常に忘れないで欲しい重要なポイントです。

 

これら企業のインスタグラムは戦略の基盤であり、また同時にこれらのヒントはコンテンツを最大限に活用するために役立つことでしょう。

 

他業界からインスピレーションを得よう

 

あなたのインスピレーションはどこから生まれますか?

 

馴染みの業界や友人達をフォローしているだけでは新しいアイデアは生まれません。時間をかけて興味関心を刺激するようなアカウントを見つけてみてください。

 

自身の業界、また関連業界や、無関係な業界でさえも上手く組み合わせてみましょう。顧客基盤が異なったとしても、それらの投稿戦略からインスピレーションを受ける可能性はあるのです。

 

https://www.instagram.com/p/B5Js-s2Ha8R/?utm_source=ig_embed

 

ウィリアム ソノマはイラストを使って、写真では複雑でアピールしにくい部分を上手く強調しています。シンプルで見やすく、またタイムリーに季節行事と結びついています。

 

このトピックはあなた自身のブランドと関連はないかもしれませんが、複雑なトピックにイラストを使ってみるなど、ヒントを得られるのでなないでしょうか。

 

「いいね」コンテストを実施してみよう

 

インスタグラムの魅力的なコンテンツのいくつかは販売と景品を中心に構成されています。コンテスト好きな人は多いもの。そのコンテストも応募がしやすいほど人は集まってきます。

 

「いいね」基準の写真コンテストを実施するにあたり、参加者を集うには、まずその投稿に「いいね」をしてもらう必要があります。通常、アカウントのフォローや、友人何人かをタグ付けする必要がありますが、投稿に「いいね」をするだけであれば参加者へのハードルも低く、結果的に数を取りやすくなるのです。

 

 

 

こちらは、ソマが他ブランドと健康/ウェルネス業界のインフルエンサーたちとタッグを組んでコンテストの参加者数を増やした例です。コンテストはブランド露出により利益をもたらし、結果「いいね」数も増えるというわけです。

 

 

ハッシュタグ戦略

 

自然と認知度を上げるために簡単な方法の一つとして、ハッシュタグの利用があります。だからと言って全ての投稿に#top、#amazing、#hairなどのタグ付けるということではありません。ブランドと業界両方に選りすぐったハッシュタグを付けるのです。

 

ブランドのハッシュタグを付ける際、関連したコンテンツやインフルエンサーを見つけるのは簡単です。業界のハッシュタグはその分野で今何が流行っているのか、トレンドを見逃さないためにも有効なのです。

 

 

 

最適なハッシュタグを見つけるにはハッシュタグ戦略を読むのが効果的です。

 

また、Sproutsのインスタグラムレポートのような分析レポートを利用して、どのハッシュタグがもっとも顧客エンゲージメントを獲得しているかもわかります。

 

今使用しているハッシュタグの範囲を超えて、業界でより多くの機会を得たいのであれば、Sproutsのようなソーシャルリスニングソリューションを使用して、あなたにぴったりの人気投稿に欠けているものに注目することができるのです。

 

 

 

 

この投稿でのマッドウェルのハッシュタグ戦略はいたってシンプルです。3つのブランドハッシュタグ、つまり自社ブランドの2つと、残りは特集ブランドの1つを使います。

 

また、ハッシュタグ#collabsを追加しコラボレーション投稿を表示するのです。キャプション内のハッシュタグが最小限に抑えれてているのも特徴的です。ここにはハッシュタグは1つしかありません。残りの3つはキャプションの邪魔にならないようコメントとして追加されているのです。

 

適切なアカウントのタグ付け

 

「功績のあるものは当然認めよ」というように、キャプションや投稿には適切なタグを付けましょう。例えば、写真内に著名な商品や人がいる場合はそれらをタグします。

 

そしてすぐにメーカーの功績を認めるのです。多くの場合、これらのタグ付けによりあなたの投稿に「いいね」やコメントが付けられます。

 

https://www.instagram.com/p/B4-Gnsfg3xU/?utm_source=ig_embed

 

 

CB2は顧客の写真を再投稿したり、誰がスタイリングスペース寄与したのかをよく投稿しています。この投稿ではデザイナーや、製品、場所をタグ付けしています。

 

企業にとって、デザイナーや製品をタグ付けすることは顧客ロイヤルティや認知度の向上に繋がります。関わってる全ての人たちがウィンウィンの関係なのです。

 

 

友達をタグ付け

 

面白いインスタグラムの投稿を見て、すぐにでも友達に伝えたいと思ったことはありませんか?こうした時、通常いくつかのオプションがあります。

 

リンクをコピーしてテキストを送るかDMを通して送信、またコメントでタグ付けをする方法です。

面白いコンテンツがあれば、ユーザーに友達をタグ付けしてもらうことが一番簡単でしょう。彼らは既に誰かタグ付けをしている可能性が高いので、これは次のステップに過ぎません。

 

 

https://www.instagram.com/p/B5LEzvanY6y/?utm_source=ig_embed

 

 

この二つの例は異なるものですが、同じ結果が得られます。

 

ひとつは情報提供なのに対してもう片方はわかりやすいジョークです。どちらのフォロワーにも直接友人のタグ付けを依頼してみると、多くの「いいね」とエンゲージメントを獲得、そう、結果は同じなのです。

 

 

ロケーションをタグ付けしよう

 

 

旅行業やリテールブランドにとりわけ関連があることですが、ロケーションタグをすることで、そのロケーションを見ている人たちに写真が表示されるのです。簡単な方法ですが、公開時間は短くなくてはなりません。

 

インスタグラムに精通した多くの人はインスタグラムを使って、レストランの一押しメニューを探します。タグ付けされたロケーションを開くことで、簡単に食べてみたい食事の写真を見つけることがでるのです。コンテンツが良いと「いいね」数もロケーションを通して自然と増えてきます。

 

 

https://www.instagram.com/p/B5J2SNAAPhy/?utm_source=ig_embed

 

 

ここではヴォーグ リビングが街のロケーションタグを付けています。

 

この場所を訪れたり、もっと知りたい人たちは、その場所の投稿全てを探索することができるのです。また、このプーリアの街を旅行先に検討している人たちがたまたまこの投稿に行きつく可能性もあります。このような訪問者が「いいね」を付けやすいのです。

 

 

キャプションも写真と同じだけこだわろう

 

 

優れたメディアが人を惹きつける鍵であることは言うまでもありません。

 

しかしそれに対してのキャプションはどうでしょうか。ここを軽視したり何も考えずに文章を投稿するのは厳禁です。適切な語調を使えば写真と同じくらい魅力的なキャプションが書けるのです。

 

魅力的なキャプションを優先することは閲覧者への期待を生み出すことです。彼らは次のキャプションを楽しみにし、あなたの投稿により多くの時間を費やすのです。魅力的なキャプションの書き方は時間と共に向上していくスキルです。

 

 

 

ザ・ニューヨーカーはその文章や写真で良く知られ、彼らのインスタグラムがこの点で失敗することはまずありません。作品の適切な抜粋により、読者はその物語に引き込まれ、この写真に写る子供についてもっと知りたいと思うようになるのです。

 

 

ミームやトレンドを選ぼう

 

ミームとトレンドは戦略的に使用すると効果を発揮します。

 

インスタグラムにはテーマやトピック別にミームのアカウントがあります。これを自分のアカウントに取り込むには、まず適切なユーザーがいるかどうか確認する必要があります。これはポップカルチャーについて知識がありミームを理解するくらい頻繁にネットを開いている人たちを指します。

 

このタイプのユーモアが合わないブランドでは、ミームは役に立つどころか、ブランドを余計に目立たなくさせます。トレンドやネット上で急速に広まっているからという理由の前に、ユーザーに合わせた方法と使いましょう。

 

 

https://www.instagram.com/p/B5IylUahDvP/?utm_source=ig_embed

 

 

DFW 空港はこのミームを飛行機写真の間に投稿しました。非常に独特ですが、ミームを理解する人たちにうってつけの方法です。また、オタク的要素が含まれているのも面白いですね。

 

 

クロスコンテンツタイプ

 

 

ストーリーの導入により、インスタグラムのコンテンツタイプは広がりました。これに関連してか、ほぼ同時期に投稿へのエンゲージメント率は減少しましたが、一般的にエンゲージメントはコンテンツタイプの間でより拡大します。

 

指標は、動画の視聴回数、「いいね」の投稿、さらにストーリーへの返信も含まれます。

 

これが意味するのは、異なるタイプのコンテンツも上手く使って、相互プロモーション実施するべきだということです。

 

 

 

トレーダージョーのストーリーは、最新のフィード投稿に1つのストーリーを投稿しています。

 

ストーリーをよく見る人たちを狙って、そこからフィードに誘導するのはよくある戦術です。ユーザーが興味を抱いた場合は、そのままクリックをし、あなたの投稿に「いいね」をするでしょう。

 

 

自然に「いいね」数を増やす

 

 

公開「いいね」指標がまもなく非表示になる可能性はあるにしても、投稿の「いいね」数を増やす方法はたくさんあります。

 

ロケーションタグの追加からミームの活用まで、「いいね」数を増やすことはインスタグラム上であなたのブランドを見やすくアピールするのに役立つ方法の1つです。

 

 

 

投稿の可能性を最大限に高めるには、インスタグラムのネイティブアナリティクスを導入し、自分にあった時間帯を探すか、下記の「推奨時間」を使用する方法があります。

 

 

 

 

「いいね」数を増やすヒントを念頭においていれば、インスタグラムのエンゲージメントで成功するための道を歩んでいけます。 @SproutSocial にツイートし、どの戦略が効果的なのかをシェアしてみてください。

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ