マーケティング

マーケティング

【SNSマーケティング】インスタストーリー上の広告:売り上げアップの裏技を大公開!

Sprout Social

本記事は、Instagram Story ads: Rules and best practices for impressive results
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

164 views

読了時間 : 約6分17秒

通常のインスタグラム投稿と比べたとき、現在より多くの人々が、信頼性が高くフィルターのかかっていないインスタストーリーへ魅了を感じているようで、日々人気が高まっています。2019年1月の段階で、500憶人の人々が日常的に使用していることがわかっています―これは2017年と比べると250%の増加なのです。

 

インスタストーリー広告と2017年のフルスクリーンキャンバス広告が紹介された以降、このプラットフォームは、様々な広告主が彼らの商品を推進する様子を見てきました。これは、プラットフォーム上でビジネスを推進する競合他社がより増えていくことを同時に意味するのです。

 

広告主として、自身のインスタストーリー広告が望ましい影響を持与えているか確かめていきましょう。広告キャンペーンで、単に商品のカタログ画像を使う代わりに、顧客転換につながり影響力のある広告の製作できる、インスタストーリーの効率のよい技法を検討してみてください。

 

これこそがまさに、あなたがこの投稿で学んでいく内容です。インスタストーリー広告の基本を学習することに加えて、スワイプ機能や顧客転換をより増やす効果的な技法についても、発見できるはずです。

 

インスタストーリー広告を始める

 

顧客転換の良い広告をつくり始める前に、初めにインスタストーリー広告を製作するにあたっての基本的なルールを理解しましょう。インスタストーリーについて基本のステップを踏み、広告をつくる方法を見ていきます。

 

1.ゴールを設定しましょう

 

あなたは、広告キャンペーンを通してどんなことを達成したいですか?積極性、ブランド意識、交通量、参加率、アプリインストール、動画視聴数、今先頭を切る世代や話題を含むいくつかの目的から選んでいきましょう。

 

2.創造的な広告を開発しましょう

 

次のステップは、目的を達成できる広告コンテンツを製作することです。これは画像でも動画でもよいのですが、更に見出しやコピーのような創造的な要素も加えてみましょう。このステップに関して、とても役立つ、人々の注目を集めるストーリーをつくる裏技について読んでみましょう

 

3.推奨された寸法を使いましょう

 

全てのプラットフォーム上で同じディメンションを使ってはいけません。インスタグラムは、あなたのフィード上広告とストーリー広告のための最適な可視化を実現するため、それに見合った広告サイズを推奨しています

 

画像広告には:

 

・推奨される解像度は1080X1920ピクセルです

・少なくとも600X1067ピクセルの解像度を保ちましょう

・9:16のアスペクト比を保ちましょう

・JPGかPNGフォーマットを使いましょう

・許可される最大サイズは30MBです

 

動画広告には:

 

・推奨される解像度は1080X1920ピクセルです

・9:16のアスペクト比を保ちましょう

・MP4かMOVフォーマットを使いましょう

・許可される最大サイズは4GBです

・720Pの解像度が最低限です

 

4.対象とする観衆を定めましょう

 

次に、インスタストーリー広告が対象とする人々を、観衆から絞り込んでいきましょう。位置、ジェンダー、言語、興味、行動パターンや年齢を基に、対象を選択することができます。また、人々があなたのブランドとどんな関係を持っているかを基にもターゲットを選ぶことができ、あなたのページをライクしている人全員/以外や、フォロワーの友達を対象化するようなその他のオプションが存在します。

 

ストーリー広告は短い時間しか表示されないため、観衆の対象化はできるだけ特定的に行いましょう。ですからタイプの似た観衆、リターゲティングオプションやフェイスブックピクセルも活用できるでしょう。

 

5.広告配置を選びましょう

 

次のステップは、広告配置を選ぶことです。フェイスブックが自動的配置オプションを採用する中、配置は手動で選ぶのが理想的です。フェイスブックでの観衆とインスタグラムでの観衆では、大きな相違が予想されるからです。全く同じ広告を提供するのはあまり賢い選択ではありません。

 

6.魅力的な行動喚起を開発しましょう

 

他のプラットフォーム上の広告と同じように、インスタストーリー広告でも、ユーザー層を望ましいアクションに促せるよう、モチベーションを与えてくれる、明確で魅力的な行動喚起が必要なのです。学ぶ、見る、ショッピング、買う、発見、手に入れるなどのアクションワードを活用しましょう。更に、別の行動喚起法をユーザー層で試すことで、何が一番効果的か実験してみましょう。

 

インスタストーリー広告の最適な技法

 

一度基本を押さえたところで、インスタストーリー広告の最適な技法に従い、よりよい顧客転換をもたらす魅力的な広告をつくっていきましょう:

 

1.初めの2,3秒が重要です

 

インスタストーリー広告では、観衆の注目を集めて離さないためにも、初めの2,3秒が肝心になってきます。RivalHQによる調査によると、ブランドはストーリー内の秒間で観衆の約20%をも失っていることがわかりました。これは、あなたの観衆を一瞬で魅了することの大切さが、元のストーリー投稿に比べてストーリー広告の方がより上であることを示し、周りより目立つことの重要性を提示しています。

 

ユーザーは、初めから視覚的に魅力のある広告ならスキップしにくいことがわかっています。対象の観衆にアピールしていくためにも、色彩やフォント、画像などで実験してみましょう。

 

NUXE Franceは、商品に焦点を当てるため、短めのストップモーション動画をつくりました。商品パッケージと合うようにソフトな色彩をバックグラウンドに使い、一瞬で目に留まる効果をつくり出すことに成功しています。最後には、彼らの広告出費に対して6.2Xの結果を生み出しました。

 

2.明確で簡潔なメッセージをつくりましょう

 

インスタストーリー広告では、テキストに使うスペースがあまりないのですし、ユーザー層が読む時間も限られてしまうのです…ですから、あなたの広告でもテキストを使う場合、印象に残り率直に要点が伝わるメッセージを考えましょう。より長いストーリーを伝えたいときは、カルーセル広告や動画広告を使いましょう。

 

Overstockは動画広告をリリースし、観衆に彼らのブランドに対する一般的な認識について聞くため、 “再度考えさせる”ような、短い質問を投げかけました。その後には、商品の写真と彼らのバリュープロポジションを中継する2語程度のメッセージが続きます。

 

3.ブランドの露出度を保ちましょう

 

インスタストーリー広告をつくる主な目的は、あなたのブランドとその商品をより多くの人に紹介することです。ということは、人々があなたの商品を見ても、どのブランドの商品かわからなければ意味がないのです。ブランドのロゴがしっかり目立っていることを確かめましょう。他のデザイン要素が邪魔したり、左上にあるブランドのロゴから気を背けたりしないような努力を心がけましょう。

 

これに加えて、あなたのブランド名を強調し、インスタストーリー広告でより明確な可視化を実現する方法を紹介しましょう:

 

・他の要素を邪魔しないブランド名やロゴを使いましょう

・ブランド名やロゴが入っているなら尚更、商品に焦点を当てましょう

・色、フォント、デザイン要素は最低限に留め、ブランド名を目立たせましょう

 

Waterdropからの広告が、自身の商品に焦点を当てる様子を見てみましょう。明確にブランド名を可視化していますし、画像の下には商品名も提示しています。

 

4.テキストは戦略的に配置しましょう

 

先ほど説明したように、インスタストーリー広告には限られたテキストスペースしか存在しません。もちろんメッセージを短くすれば解決する話なのですが、テキストの配置位置も同じく重要なポイントになってきます。画面の適当な位置にメッセージを貼っても効果はありません。他の要素に邪魔にならないように心がけると同時に、顕著に目立つ配置を考えなければなりません。

 

人々が見失わないよう、できるだけ白いスペースにテキストを持っていきましょう。毎回可能なことではありませんが、他のビジュアル要素にかぶせていく場合、しっかり判読可能なフォントを選びましょう。

 

画面のど真ん中に追加するか、人々を上の方にある”スポンサー提供”のタグから背けたい場合は”スワイプアップ”のリンクに近い位置を選びましょう。白いエリアが上の方にしかないなら、追加するテキストが”スポンサー提供”からある程度離れていることを確認しましょう。

 

Batch Organicsは動画広告をリリースし、初めの部分ではブランドの商品に焦点を当てています。

次にそれらの画像にかぶせるようにテキストが追加され、判読しやすいフォントを使ってブランドのメッセージを投げかけています。

最後に画面下にある”今すぐショッピング”というリンクを使いオファーを提供しています。

 

5.広告内でインフルエンサーを特集しましょう

インフルエンサー市場戦略とあなた自身の広告キャンペーンを組み合わせるのは、これまでの努力をより誇張させるのに丁度よい方法です。すでにインフルエンサーとキャンペーンをリリースしたことがあるなら、彼らがつくったスポンサーコンテンツを、あなたの広告の創造性を高めるのに使ってみるのも選択肢の一つです。この方法で、コンテンツ開発へのあなたの時間やリソースを節約することができるのです。

 

また、インフルエンサーを特集する全く別の広告をつくるのももう一つの手です。ブレインストーミング段階でのセッションに彼らを巻き込むことも可能です。インフルエンサーたちは、自分たちのユーザー層をよく知っているので、あなたのインスタストーリー広告を通して魅力的なメッセージを伝える素晴らしいアイディアを与えてくれるかもしれません。

 

ドイツ生まれのアーティスト兼インフルエンサー、トニ・マーファド氏は、インスタストーリーで宣伝をしたことでJOOPの表紙にも載りました!このブランドは、インフルエンサーを特集した動画を投稿しました。そして、彼にデザインされサインされたTシャツが当たるチャンスを観衆に提供しました。このキャンペーンでは60%増の広告回収と、各宣伝のコストの27%減を実現しました。

 

最後に

 

これらの基本となるルールと技法は、しっかりと顧客転換の成績を残すインスタストーリー広告をつくり上げる手助けになるはずです。しかしここで終わりではありません。実験を続け、異なった広告フォーマット、メッセージ機能、ビジュアル、対象化オプションなどを試し続けてください。あなたのブランドにとっての最適な方法を見つけるのが目的です。

おすすめ新着記事

おすすめタグ